フリーランスにおすすめ!コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」の使い方

Sponsored Link


フリーランスになると処分する書類が増えて困る!?

どうも、Linです。けつ、傾けてます。

 

フリーランスになると変化することの1つとして、

処分しなければならない書類が急増するということがあります。

会社員として活動していた時は税金や保険などの書類は会社のバックオフィスの方々手続きをしてくれ、さらに多分処理までしてくれていたので何も手が患うことはありませんでした。

しかし、です。

フリーランスになると、これらの業務を全て自分で行う必要が出てくるので、

  • 税金・保険の支払い書類
  • クレジットカードの明細書
  • 確定書類の失敗作の処分

という諸々の機密情報が詰まった書類たちを自分の手で処理せねばならないのです。

何を隠そう、ぼくも会社員からフリーランスになってから様々な書類を処理してきましたが、今まで貧乏根性から、

全て手でちぎって1つ1つ書類を処理していたのです笑

これでは手が痛くなってしまいますし、機密情報を完全に消し去れている感はありません。

そこで最近、フリーランス業務改善のために導入したのが、

コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」

です。

コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」

今日はこちらのシュレッダーを使い始めてまるまる3ヶ月になるので、その基本スペック、能力、さらに使い方までまとめておきますね。

ぼくと同じく、機密書類を手で処理していて消耗してしまっている方はよかったら参考にしてみてくださいね。

 

 

コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」の基本スペック

まずはコクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」の基本スペック、

  • サイズ・重さ
  • シュレッド能力

をみていきましょう。

コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」

 

サイズ・重さ

コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」のサイズは、

180×355×355mm

です。

コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」

でちょうど自宅の米びつ、ゴミ箱と大体同じぐらいの規模間ですね。デスクの脇、本棚と壁の間などにも差し込めるので収納性はまずまずといったところ。

重さはやはりシュレッダーであるからにはそれなりで、コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」の重さは

5.6kg

です。大きさは米びつ、重さはお米と思ってもらうとシュレッダーの大きさと重さが想像しやすくなるでしょう。

 

 

シュレッド能力

気になるのがコクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」のシュレッド能力。

このシュレッダーは、

  1. 書類(A4まで)
  2. CD
  3. カード(クレカなど)

を処理することができ、書類の入り口、CDの入り口、カードの入り口がそれぞれ設けられています。

コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」

頻繁に利用するのはもちろん「書類」の処理ですが、このシュレッダーならば一度に6枚の書類までシュレッドすることができるので大量の冊子のようなものでも6枚ずつ裁断していけば処理スピードも6倍にすることも可能なのです。

 

コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」の使い方

最後にこのシュレッダーの使い方を伝授します。

 

Step1. 電源にさす

まずはコクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」を電源につなぎましょう。

シュレッダー 電動 おすすめ

コードがシュレッダーからはみ出していると思うので、こちらをお近くのご家庭用の電源につないでみます。

 

Step2. スイッチを「裁断」へ

ただし、電源を入れただけではまだまだシュレッドできません。

コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」の上部に取り付けられたスライドフックを「裁断」合わせます。

コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」

すると、シュレッダーがいつでも裁断可能になったことを意味するので、この状態ならば書類をシュレッダーに近づけてやるとシュレッダーが動き出すことなりますよ。

シュレッダー 電動 おすすめ

このスタンバイOK 状態になると緑のランプが点灯するのでわかりやすくて安心ですね。

 

Step3. 裁断したいものを入れる

あとは裁断したいものをシュレッダーにかけるだけ。

今回は例として最も用途として多い「書類」を例に処理して行きましょう。

フックが「裁断」になった状態で機密書類を口に近づけていくと次のようにシュレッドし始めるでしょう。

いやあ、静か、静かです。シュレッダーの動く音自体が小さすぎて、紙が飲み込まれる音がメインになってますね笑

Amazonのスペック表に寄ればこの音はわずかに50デシベル。機械音が少なくて夜でもバンバン書類をシュレッドできちゃいますね。ぼくは大抵夜に経理、事務作業をすることが多いので助かります、この機能は。

 

裁断するとわずか幅 3mmの切れ端になっちゃいます。

コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」

ここまで細かい紙のピースにしてしまえば誰も機密情報をつかめまいです。

 

 

Step4. ゴミを取り替える

書類やCD、カードなどをシュレッダーにかけると当然のことながら処理したゴミが溜まって行きます。

このコクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」では

10リットル

までのゴミをバケツ内に貯めることができるようです。ゴミ箱の中身の様子は側面が透明になっているので外から確認することができますね。

 

「もう、これ以上は無理やろ。・・・」

ってなったらバケツを交換。

コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」

バケツを引き出し、そのままゴミ箱、ゴミ袋にシュレッドした書類たちを入れてあげましょう。

 

コクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」を使ってみた感想

以上がコクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」の使い方と基本スペックたちでした。

このシュレッダーを使ってみて、

フリーランスの事務作業が格段に楽になり幸福度が上がりました。

今まで手がちぎっていた書類がこのシュレッダーを使えば正確に細かく、さらに静かに夜でも処理してくれるのがありがたいです。

しかも、処理スピードも早く一度のシュレッドで6枚の書類まで処理できるなんてまさに鬼に金棒。最初は安い手動型のシュレッダーを購入しようか迷っていましたが、こちらの電動シュレッダーを選んで正解でした。

ぼくのように手で書類を処理するのにつかれた方はよかったらコクヨの電動シュレッダー「AMKPS-MX100D」を試してみてくださいね。

 

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

インターネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いにはまっている。


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!