全国11,000店から選べる!ドコモの宅配「dデリバリー」で豚の角煮丼を頼んでみた感想

Sponsored Link


食事を用意する手間を削減!ドコモの宅配dデリバリーを使ってみた

どうも、Linです。ジャケット、2着仕入れました。

 

「料理を用意する手間を省きたい・・・・!」

「しかし健康なものを食べたい・・・・!」

そんな願いを叶えてくれるのが宅配サービス。なるべく料理にかける時間を削減するために出前などの食サービスを使っていこうと決心して前回は「Uber Eats」を利用してみました。

 

何か他の宅配サービスがないか探していたところ、

ドコモの宅配サービス「dデリバリー

というものを見つけました。

今日はこのサービスを使って好物の豚の角煮丼を注文してみたので、そのdデリバリーの注文方法とメリット、デメリットなどの感想を忘れないうちに書き留めておきますね。

 

 

 

dデリバリーの注文方法

dデリバリーで宅配を注文するときは次の7つのステップを踏んでみてください。

 

Step1. サイトにいく

まずdデリバリーのサイトに行きます。

dデリバリー 口コミ 評判

 

Step2. お届け先エリア決める

最初にやるべきことは、

食事を届けて欲しいエリアを絞ることですね。

トップ画面の左の「お届けエリアを指定」の欄で、

  • 都道府県
  • 市町村
  • 丁目

を選択していきます。

dデリバリー 口コミ 評判

 

 

Step2. 料理を選ぶ

自分が住んでいる地域の番地などを入力すると、そのエリア周辺で配達を行っているレストランの一覧を表示してくれます。

その中からピザ、寿司、カレーなどのジャンルを選んだり、

 

自分が使いたい支払い方法を採用しているお店、

 

そのエリアで人気のお店などを選んでいきます。

dデリバリー 口コミ 評判

dデリバリーでは料理の名前単位では検索できないのでまずは

  • 該当の地域を絞る、
  • ジャンルを絞る
  • 支払い方法で絞る

などの基準でどのお店の料理にしようか決めて行くのです。

僕は一人身だったので「最低注文金額」が1000円未満、かつ、おいしそうな料理という2軸でメニューを探してみましたね。

 

めぼしい料理が見つかったら詳細画面を表示して「カートに入れて注文する」をクリックしましょう。

 

Step3.  個人情報を入力・ログイン

料理が決まったら次はお届け先を入力していきます。

ドコモIDをお持ちの方は再度個人情報を入れずに注文ができますが、非ドコモの方はここでは、

  • 番地
  • 名前
  • 電話番号
  • メールアドレス

などの個人情報を記入しなければなりません。

てくれるはずなのでくれぐれも間違えないようにしましょう。

ただ、ドコモの宅配サービスだからといってドコモユーザーでなくてもいいほどに寛容なのはありがたいですね。

 

Step4. 配達の時間帯を指定

配達してほしい時間帯を入力します。配達可能時間はお店にもよると思いますが、僕が注文したお店では

夜の7時以降で1時間刻み

で配達時間を指定できるようになってました。

 

例えば、

夜8:00~9:00

といった感じですね。この1時間のいずかのミニッツで食事がデリバリーされることになるのでその時間は家で待機している必要がありますね。

 

Step5. メール認証

以上で注文自体は完了しましたが、最後にメール認証をしなければなりません。

登録したメールアドレスに

【dデリバリー】注文を確定ください!

という件名のメールが届きますのでこちらのURLをクリック。これで認証完了で注文も最終確定したことになるでしょう。

 

Step6. まつ

あとは自宅で待機。

UberEastsと異なり配達員の現在地などは把握できないので、指定した1時間の間は家で静かに待機していないければなりません。

ぼくは8:00~9:00の時間を指定して8:40ぐらいに宅配のお兄さんが到着しました。

 

Step7. 払う

現金支払いを採用した方はここで食事の料金を支払います。

料金の支払い方法はお店によって異なるようで、僕が注文した店舗は現金のみだったので選択肢は他にありませんでしたね。

なるべくお釣りが出ぬように現金を用意すると喜ばれるかもしれませんのでベストは尽くしましょう。

 

Step8. 食べる

あとは食べるだけ。

僕は豚の角煮のたまご丼というニッチな料理を注文してみましたがまあまあ美味しいです。

dデリバリー 口コミ 評判

自宅の外に出ずともこのようなある程度健康な料理を食べれるなんて贅沢すぎる!

 

 

dデリバリーを使ってみてわかった3つのメリット

dデリバリーを実際に使ってみて次の3つの良い側面が見えてきました。

 

その1. お店の数が多い→選べる料理が多い

dデリバリーは110,000店が登録しているのでその中から好きな料理を選ぶことができます。

ゆえに、メニューのジャンル自体も豊富で、

  • ピザ
  • 寿司
  • 中華
  • 和食
  • 洋食
  • カレー
  • 丼モノ
  • ファミレス
  • ファーストフード

などなどがありましたね。外食で食べられる食事のジャンルを大抵網羅しているのがみて取れます。

 

その2. 全国で使える

dデリバリーは日本全国で使えるのがすごい。

ウェブを用いた宅配サービスはまだまだ浸透しておらず、利用エリアが限られたサービスがほとんど。この前利用したウーバーイーツも東京23区と横浜のみ。

それ以外の地域では頼めませんでしたが、このdデリバリーではお住いの地域に関係なく料理を注文できてしまいますね。

 

その3. 一人からでも注文できる

大抵の宅配サービスというものは、

一人から注文できないものが多いです。

その理由はやはり

1度の宅配でかかってしまう配送料金からでしょう。

配達するコストがかかるのにもかかわらず、一度の注文が一人分の食事では元が取れなくなっちゃいますからね。

しかしながら、このdデリバリーは登録点数の多さからか、

一人からでも注文できるお店

がある一定数存在しているのです。

ご親切なことに「一人前OK」というカテゴリーまで用意してくれており、このタブをクリックすると最低注文金額1,200円未満の一人でも注文できる料理が表示されるようになってます。

ぼくは恥ずかしながら完全に一人での出前注文だったのでこのような一人暮らしのための配慮はものすごく助かりましたね。

 

 

さあ、dデリバリーで料理にかける時間を短縮しよう

以上がdデリバリーの使い方と実際に利用してみた感想でした。

料理名を検索できない、到着時間がそんなに定かではないというデメリットこそありましたが、

  • お店の数が多い
  • 全国どこでも
  • 一人用のメニューあり

といういい面が勝る超無難なWEB宅配サービスですね。

出前を利用して生活自体を回し、自分の価値が出せるところに時間を使いたいという方はよかったらdデリバリーを使ってみてくださいね。

 

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

インターネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いにはまっている。


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる