間違いなく史上最強!JINSのコワーキングスペースThink Labの見学会に行ってみた感想

Sponsored Link

JINSが手がけるコワーキングスペース「Think Lab」の見学会に行ってみた

どうも、Linです。布団、敷きたいです。

 

最新のテクノロジーを駆使した眼鏡を創造しているJINS。なんとこのジンズが、

Think Lab

というコワーキングスペースを作り出していたのです。

 

ホームページによると、

科学的なデータに基づき、集中力を発揮できるように設計したスペース

だそうで、2017年12月からオープンしたようですね。

think lab

ぼく自身、常に仕事というか作業で1人で集中できるスペースを探しているみなので、早速、Think Labの見学会に参加してきました。

think lab

今日はそのThink Labというコワーキングスペースを見学してみた感想を忘れないうちに書き留めておきますね。

 

 

 

JINSのコワーキングスペース「Think Lab」を見学してみた感想

Think Labを見学してみた結果、

92点

の使いやすさがあると思いました。

早速、配点を詳しくみていきましょう。

 

空間設計にこだわりがあり過ぎ:20点

Think Labは神社の仏閣の空間を模範して作られたようです。

  • ストレス
  • リラックス

という2つの感情が共存している状態が一番イノベーションを起こしやすい脳であると言われていて、神社の仏閣がそのような構造を採用しているのです。

Think Labではこのイノベーションを起こしやすい脳を作るために神社の仏閣のような作りをしています。

 

まず、入り口で鳥居のような門をくぐります。

think lab

そして、まずは暗い参道のような道を10mほど歩行することで、自分の足跡がコツコツと響きます。この自分の足音を聞くことで脳にストレスがかかるらしいです。

think lab

そして、参道を出ると一気に開けた空間でリラックス。

think lab

目の前には高層ビルが輝く形式が広がっており、木の鮮やかな緑が目に自然に飛び込んできます。この緑が入る割合も緻密に計算されており、ちょうど集中力が高まりやすい寮の緑を目に入れられるようになってます。

 

そして、開けた場所でリラックスしたら今度は仕事でストレスをかけます。

think lab

仕事が終わると、今度は再び暗い道の参道を通り、外に出るようになってるわけです。

think lab

コワーキングスペースの空間設計でここまでこだわった場所は見たことがありません。

 

椅子にもこだわりが:20点

Think Labでは椅子にもこだわっています。

仕事をするオープンエリアでは4種類ほどの椅子を採用。

まず、後ろにリクライニングすることで想像を膨らませる用途として使いたい椅子で机を斜めに傾かせることもできちゃいます。

 

think lab

想像を膨らませるより、もうちょっと前のめりになって仕事に励みたいときはこの椅子で、背筋を伸ばし、

think lab

さらに短時間の作業でバっと仕事を終わらせたいときはこの小さい丸椅子で仕事をするのです。

think lab

さらに、コクヨのingという椅子がすごかった。

think lab

これはバランスボールのようにお尻の部分が左右上下に動くようになっていて、なんというか揺れながら仕事ができるので腰が疲れにくいですし、想像力を発揮しやすいように感じましたね。

※Amazonで調べたら10万円ぐらいしてました笑

 

もう、こんなに素晴らしい椅子を何台も数え切れないぐらいに設置しているコワーキングスペースは見たことがありません笑

 

 

集中力を高める飲食物を無料配布:15点

Think Labでは飲食物を無料で配布しています。

これがただの飲食物ではなく、

しっかり集中力を高めるために必要な食物たちなのです。

 

たとえば、このソイジョイ。

think lab

これは血糖値の上昇が起きにくい低GI食品なので、食べた後にも眠くなることはありません。

また、そのほかにも、

血糖値を上昇させるブドウ糖を多く含むラムネ、

think lab

ビール、

think lab

キレートレモン、

think lab

スープ、

think lab

コーヒー、

think lab

などなど盛りだくさん。

これらは全てスポンサーの企業さんから調達しているみたいですね。素晴らしい!

 

香りにもこだわりを見せる:15点

Think Labではいい感じのレモングラスのようなアロマの香りが漂ってます。

 

ガイドの人に質問してみると、これはアットアロマというメーカーのアロマを採用しているとのこと。

また、スペースのいたるところに体や顔を吹けるシーブリーズのウェットシートを用意。

think lab

こちらのシートで顔を縫うことでシートの匂いを嗅ぎ、嗅覚からもぼくらの集中力を高めてくれます。

 

音もすごい:15点

においだけでなく、音にもこだわりを見せてます。

仕事をするオープンエリアでは主に、

  • 小鳥のさえずり
  • 川の水が流れる音

などがハイレゾの音質で存在が気にならないほどさりげなくて流れています。

 

おそらく、この音声からリラックスできる状態を作り出し、仕事のストレス状態と共存させることを目的としているのでしょう。

 

緑にもこだわり:10点

Think Labでは緑視率という緑が目に入る割合も計算されて設計されています。

いたるところに緑の植物が置いてありますが、おきすぎている感もない。

think lab

これが集中力を高める緑視率というやつね。

 

二酸化炭素濃度を測定している:10点

Think Labでは二酸化炭素をあちこちで測定し、仕事をする人が二酸化炭素濃度が濃い場所で仕事しないように設計されています。

二酸化炭素濃度の測定に使っているのは、ネタトモというデバイスです。

この白いポールのようなデバイスがThink Labのあちらこちに設置してあるのです。

think lab

入居者そのネタトモが取得した二酸化炭素濃度などの情報をスマホのアプリから確認できるので、随時換気をしたり、場所を移動したりなどできるわけです。

 

個室集中ブースcocoon

Think Labには1人で作業に集中するための場所も用意されてます。

その名も、

コクーン

です。

think lab

ここには10席ほどのブース席が用意されており、それぞれが異なったデスクのタイプをしています。

上下に動かせるタイプの机だったり、

think lab

ソファ付きの広々としたブース、

think lab

などなどがあるのです。

 

オープンデスクメンバーは1時間に1000円の料金がかかりますが、プライベートデスクメンバーなら無料で使えるようです。うらやましいぜ!

 

とんでもなく広い:10点

Think Labでは合計で162席用意しています。

作業する場所も大き分けて3つで、まずはオープン作業スペース、

think lab

個別作業スペースコクーン、

think lab

さらにはおしゃべりや電話ができるカフェスペースの3種類。

think lab

これだけ広ければ席に座れないという悲劇はまずおこらないでしょう。

 

会計士・弁護士が滞在しているらしい:5点

Think Labでは、

  • 会計士
  • 弁護士

という2つのタイプのビジネスパーソンが常に待機しています。

彼らにアクセスできる専用の部屋が用意されており、会員の方ならば無料で相談できるみたいです。

think lab

 

マッサージ師も待機:10点

さらに弁護士や会計士だけでは済まされず、仕事の疲れを癒してくれるマッサージ師まで待機してます笑

think lab

こちらは有料にはなりますが、会員の特別価格で施術してくれるみたいです。

 

しかし、料金は高い笑:−10点

Think Labは香り、空間、二酸化炭素濃度、飲食物などいたるところにこだわりを見せているコワーキングスペースですが、その分、

利用料金はクソ高いです笑

これはやむ得ないというか、ここまでこだわりを見せられたら払わざるを得ないという感じですね。

Think Labの会費は下記の通り↓↓

オープンデスクメンバー 5チケット/月 ¥35,000
10チケット/月 ¥50,000
日数無制限/月 ¥70,000
プライベートデスクメンバー 1人 ¥70,000
1室 ¥300,000

 

まずはお試しでチケット制で使ってみるなら、

1回利用あたり¥5,000~¥7,000かかる計算。

日数無制限とか、もうプライベートデスクをゲットして1ヶ月30日間、Think Labに通い続ければ、

1日あたり2333円で利用できそうですけどね。

それにしても、そこらへんのコワーキングスペースとお値段を比べるととんでもなく高価な施設であることがわかります。

 

 

さあ、JINSのコワーキングスペースThink Labの見学会に行ってみよう!

以上がThink Labの見学会に参加した感想でした。

とりあえず、

集中力を高めるための空間設計などのこだわりが半端ないです笑

それだけに利用料金は高いですが、このスペースで仕事をして高いパフォーマンスが出せるようになれば、それだけ売り上げが伸び、業績が向上すると思えば安いもんです。

とはいえ、ぼくはまだ駆け出しのフリーランス野郎なのでこのレベルのクオリティはちょっとまだ早いかなと思います笑

ただ、見学するだけでも勉強や仕事に集中するための空間設計の勉強になるので、無料の見学会に良かったら参加してみてくださいね。

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

インターネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いにはまっている。


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる