iPad でもMacでも使える!ロジクールのBluetoothキーボードK380の使い方

Sponsored Link


ロジクールのBluetoothキーボードK380を使ってみた

どうも、Linです。アンティーク、目覚めそうです。

 

先日、 MacBook のdeleteキーが突如効かなくなってしまい、作業に支障が出てきてしまっていたのでなんとか大体のキーボードを探してみたところ、以前買いだめしておいた iPad 用の Bluetooth キーボードを発見。

その名もロジクールの K 380というキーボードになります。

せっかくなので、今日はこちらのキーボードの使い方と、あとは簡単に使い心地などをレビューできればと思います。

 

 

ロジクールのBluetoothキーボードK380は何者??

まずロジクールのキーボードK380の基本スペックからみていきましょう。

サイズとしては、

  • 縦12cm
  • 横28 cm
  • 厚み1~3cm

となっていましたね。

全体的に前から後ろにかけて傾斜がついている構造になっています。

 

注目の質量をはかってみたところ413gでしたね。

いきなりステーキで注文する400gステーキぐらいの重さだと思ってもらえればオッケーです。

 

全然軽いので荷物に入れてもそれほど支障がないのが嬉しいですね。

気になる電源なのですが、このキーボードを動かすためには単4電池が2本必要。

背面に電池ボックスが用意されていますので、こじ開けて電池を挿入し、命を吹き込んでみましょう。

 

 

ロジクールのBluetoothキーボードK380の使い方

それでは早速使い方を見ていきましょう。

ぼくはMacBookのデリートキーがいかれてしまったという事情から、MacBOok でこのロジクールの Bluetooth キーボードを使ってみました。

 

Step1. 電源オン

まずは電源を入れてみましょう。

電源はキーボードの左上にあるものでして、こちらを前方にスライドさせてやると電源が入ると思います。

電源が無事に入りますとボタン横のライトが緑色に光ると思いますのでチェックしてくださいね。

 

Step2. Bluetooth接続

続いて、キーボードの左上に注目。

青い異色なボタンが3つありますので、その中から一つを選びとってください。

こちらはBluetooth 接続するために使うボタンでありまして、3個あるということで3個同時にデバイスに接続できるデバイスというわけです。

今回は一番左の1つ目のボタンでBluetooth で接続してみようでありませんか。

 

まず、この1と書かれた F 1のところを長押し。

すると F 1の上にある LED が点滅し始めるでしょう。

 

Step3. 接続設定

続いて Bluetooth 接続したいデバイスの Bluetooth 接続をオンにしましょう。

Macの場合、

環境設定>Bluetooth

から簡単に設定できると思います。

すると先ほどブルートゥース接続できるデバイスの一覧の中にロジクールの 「K 380」というデバイスが追加されているんじゃないですかね。

今回はこちらのデバイスを選択して接続。

すると5秒ほどでブルートゥース接続が完了するはずです。

 

 

Step4. キーボードの動作設定

ここまでで Logicool Bluetooth キーボードの接続は完了しています。

後はキーボードを正しく認識させるために動作設定行わなければなりません。

もしかしたらMacだけなのかも

 

まずはシフトキーの横のキーを1回押します。

さらに今度は右側のシフトキーの左にあるキーを1回押します。

最後にキーボードの言語を選択して接続完了です。

 

これでキーボード設定は完了しましたので、普通のキーボードと同様に使うことができるんじゃないですかね。

 

僕は MacBook のキーボードとして活用したかったのでこんな感じでロジクールのキーボードを MacBook の上にぽんとおいて使っています。

mac キーボード delete 効かない

 

 

ロジクールの Bluetooth キーボード K 380を使ってみた感想

ロジクールの Bluetooth キーボード K 380で作業してみたのでその作業のしやすさなどの感想を述べておきましょう。

 

MacBookのキーボード配列そのもの

まずはキーボードの配列がMac配列なのがいいですね。

ほとんどのキーボードはWindowsユーザーのために作られたもので、Macでは若干配列が異なるので使いにくいことがありました。

例えば、Macですと、

  • cmd
  • alt
  • control

という3つのキーを使って入力して行くことになるのですが、 Windows のキーボードの場合、

  • コントロールキー
  • オプションキー

しかありません。Macでいうコントロールキーの存在がないのが問題となっています。

 

また、ひらがなと半角英数字の切り替えが難しく、僕も Windows のキーボードで試してみましたがうまく文字の変換が出来なかったのでストレスが溜まったことがありました。

その点、このロジクールのキーボードは最初からMacの配列になっていますので今までMacに慣れ親しんだ方におすすめですね。

 

接続が簡単

思った以上に接続が簡単でした。

Bluetooth のボタンを長押しして、デバイスで Bluetooth 接続設定をするだけで簡単につなげることができました。

また電源を切ることで一回 Bluetooth 接続を解除したとしても、デバイスが記録されているのでロジクールのキーボードを近くで電源入れてやるだけで自動的にキーボードを認識して接続してくれました。

2回目以降の利用はまさに1秒ぐらいで接続が完了してしまうので本当にすごいと思います。

 

キーボードの音が静か

これは意外だったのですが、キーボードのカチャカチャする音がすごい静か。

正直、エレガントだと思います。

ぶっちゃけ MacBook のキーボードよりもデシベルが少なく、カフェやコワーキングスペースで作業するときに騒音メーカーにならずに優雅に仕事できると思います。

 

 

さあ、ロジクールの Bluetooth キーボード K 380を使ってみよう

という感じで、ロジクールの Bluetooth キーボードのレビューは終了です。

このキーボードは、

  • Macの配列になっている
  • 接続が簡単
  • 打音が静か

なのでおすすめですね。

特にぼくのように Macで動かせるキーボードを探されている方は良かったらロジクールの Bluetooth キーボード K 380を使ってみてください。

「えーでも、せっかくだからテンキーが欲しい」

という方は同じタイプのものでK360というキーボードもありますのでそちらを試してみてください。

 

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

インターネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いにはまっている。


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる