MacBook のdeleteキーを効かない時に使いたい奥の手

Sponsored Link


結局、MacBook のdeleteキーを効かない時はどうすればいいの?

どうも、Linです。ランドリー、最高。

 

つい最近、 MacBook のdeleteキーが不具合を起こしまして、起動からうまく反応しないということが多々ありました。

この状況に対して delete キーの代替である「control +  H」 を使ったりBluetooth キーボードを導入したりで粘っていましたが、これらの方法だと手が疲れてしまったり、キーボードに熱が溜まったりしてしまう問題点が発生してきたのです。

やはり、なんとか、この、

MacBook のdeleteキーを修理したい

という思いからこの問題を直視することにしました。

完全なる MacBook の素人でしたがキーボードを分解してみたところ案外うまくいったのでその方法を忘れないうちにメモしておきます。

 

 

MacBook のdeleteキーを効かない時に使いたい奥の手

若干、危険を伴う裏技ですが、この方法を実践することでぼくのMacBookは一時的にdeleteキーの機能が戻ってきたのです。

 

Step1. deleteキーのボードを外す

まず delete キーのキーのプラスチックを外します。

mac deleteキー 効かない

外し方は簡単で、何か鋭利なものでキーボードのプラスチックをえぐってやるといいですね。

僕はボールペン、携帯電話の simカードを外すときに使うフックなんかを使いまして、deleteキーのプラスチックをこじ開けてみました。

 

すると、deleteキーの中身はこんな感じになっていました。

mac deleteキー 効かない

まず、小さな突起部分がキーボードの中心にありまして、それを取り囲むように白いプラスチック。

中央に置かれた白いゴムのようなものは取り外しができるみたいでしたね。

mac deleteキー 効かない

 

Step2. ぱふぱふ

やるべきことは、この、小さな白いゴムをぱふぱふを押してみて delete キーが反応しているかどうか確認してみることです。

ぱふぱふすることで文字が消えましたら、それは delete キーがまだ反応し得るということです。

 

僕も幸運の幸運なことに、まだ delete キーが完全に死んだわけではなく、中身の白い部分をぱふぱふすればば delete キーが機能していることを確認できました。

 

Step3. delete キーを元に戻す

ここまでの作業が完了しましたら delete キーを元に戻してみましょう。

ステップ1で取り外したプラスチック部分をパチっとはめてやるだけです。

mac deleteキー 効かない

すると、なぜか不思議なことに、deleteキーがまた元のように機能しているではありませんか。

 

 

一応、deleteキー復活したけどおすすめはしない笑

よくわかりませんが、Macを起動してからdeleteキーの蓋をこじ開け、パフパフとダイレクトに反応させてやると、それ以降はうまくdeleteキーが反応する現象が起きています。

もし 、MacBook のdeleteキーが反応しなくて困っている方この方法でdeleteキーを復活させるのもありだと思います。

 

しかし、やはり MacBook のキーボードを分解することになるので、若干ぶっ壊れるリスクがあります。 そこは個人の責任でお願いします。

 

この方法を試してみたところ、deleteキーは一度は復活するものの、一旦 スリープモードにしたり電源を切ったりしてしまうと、また delete キーが効かなくなってしまいます。

そのため、もう一度立ち上げ時にキーボードをえぐらなければならないので、これはあまり良い方法ではなさそうですね笑

  • やはり Bluetooth キーボードを使うか?
  • もしくは、普通に修理に出すか?
  • 新しい MacBook を買うか?

の選択肢の方がいいかもしれません。

 

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

インターネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いにはまっている。


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる