フリーランスなら持って損はない!マイナンバーカードの作り方〜ネットを使わない方法〜

Sponsored Link


フリーランスならマイナンバーカードを作っておくと便利

どうも、Linです。ハワイアンコーヒー、3連続です。

 

マイナンバーカードは自分の個人番号が記されていて、なおかつ、 IC チップが搭載された万能なカード。

これまで日常生活でマイナンバーカードを必要とすることがなかったので、マイナンバーカードを作らずにスルーしてきましたが、先日確定申告を行った時にマイナンバーカード作った方がフリーランスの方は便利だということに気づきました。

 

まず確定申告の添付書類に、マイナンバーカードを証明するための書類を添付しなければなりません。

マイナンバーカードを持っていればマイナンバーカードの裏表のコピーを貼れば OK ですが、持っていない方は

  • 通知カード
  • 運転免許証などの身分写真付きの身分証明書

のコピーを添付しなければなりませんでした。

マイナンバーカード 作り方

そのため、マイナンバーカードがあればフリーランスの方の確定申告の手間が少しばかり省けることになります。

 

それに加えて、電子確定申告の e-tax でもマイナンバーカードが活躍するそうで、マイナンバーカードとそれを読み取るICカードリーダーがあれば電子確定申告できるそうなのです。

これらの、

  • 確定申告書類の添付書類が簡単になる
  • 電子確定申告ができるようになる

という利点から、フリーランスの方ならばマイナンバーカードを発行しておいて損はなさそうです。

今日は実際に、マイナンバーカードを作ろうと決心してマイナンバーカードを作ってみたので、

そのマイナンバーカードの作り方を忘れないうちにメモしておきます。

 

 

マイナンバーカードの作り方〜インターネットを使わないアナログ編〜

マイナンバーカードを作る方法としては、

  • インターネットで申告する方法
  • アナログでインターネットに頼らずに作る方法

があります。

今回インターネットを使う方法を利用しようと思いましたが、この方法では思いのほか証明写真をアップロードする手間がめんどくさいことに気づきました。

すでにマシーンで撮影した証明写真があったのでアナログでの申請方法の方が都合が良かったのです。

というわけで今回紹介する方法もスマホもネットも全く使わないアナログの方法を紹介します。

 

 

ステップ1. 通知カードを用意する

まずはマイナンバー通知カードを用意しましょう。

マイナンバーカード 作り方

 

ステップ2. 通知カードを切り離す

マイナンバー通知カードは実は次の3つのパートでできています。

  1. 通知カード
  2. 交付申請書
  3. 交付申請控え

マイナンバーカード 作り方

今回のマイナンバーカードの作成に必要なのは真ん中の交付申請書。

 

こちらの上下には切り取り線が入っていますので、丁寧にハサミなどを用いて切り取ってやりましょう。

マイナンバーカード 作り方

3つのパーツがバラバラになれば準備完了です。

 

 

ステップ3.  写真を貼る

マイナンバーカードで使用する証明写真を交付申請書に貼る必要があります。

交付申請書の裏側に写真を貼り付ける所定の場所があるはずですね。

 

マイナンバーカード 作り方

写真のサイズは最もポピュラーな縦4.5センチx横3.5cm で、直近6ヶ月以内に撮影したものであればなんでも良いそうです。

ただ剥がれ落ちた場合の対策として写真の裏面に氏名生年月日を書かなければならないことに注意しましょう。

 

ステップ4. 必要事項を記入する

あと必要事項を記入するだけです。

まずは交付申請書の電話番号の欄に自分の繋がりやすい電話番号を記載しておきます。

マイナンバーカード 作り方

さらにまだまだ記入箇所がありまして、その裏面の申請日申請者名にを記入し、印欄にハンコを押してやりましょう。

マイナンバーカード 作り方

 

ステップ5.  封筒に入れる

後はこちらの交付申請書を「個人番号カード交付申請書受付センター」と呼ばれるところに送付するのみ。

送付の方法なのですが、ここはもちろん封筒で送ってみます。

マイナンバー通知カードが入っていた封筒一式をお持ちの方は、その中に返送用の封筒が入っていますのでそちらを使いましょう。

また、ぼくのようにその封筒紛失してしまった方は、こちらのリンクから自作できる封筒の PDF ファイルをダウンロードして印刷することでできます。

こちらの封筒の自作方法は方法は意外にも簡単。まずは封筒の外枠で切り取り、

マイナンバーカード 作り方

山折り線で折り込み、

マイナンバーカード 作り方

のりしろ部分を強力なスティックのりで粘着性を持たせることで、紙の封筒を作成することができます。

封筒が作成できましたら先ほど作成した個人番号カード発行申請書を、この封筒の中に入れば完了です。

マイナンバーカード 作り方

こいつを近くのポストにこちらの封筒を投函してやりましょう。

 

ステップ5. 受け取り時間を予約

すると、3~4週間後ぐらいに、

個人番号カード交付通知書

という封筒が送られてきます。

マイナンバーカード 作り方

この中には、

  • 受け取りのご案内
  • 個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書

という2種類の書類が同梱されてました。何が入ってるかはお住まいの市町村によって異なるみたいですね。

 

この通知書が届いたのはあくまでも個人番号カード交付のための戦いが始まったことを意味するので勝負はここから。

まず、

マイナンバーカードを受け取りに行く日時を予約せねばならないのです。

これもお住まいの市町村によってかもしれませんが、ぼくの市町村では、

  • 予約サイト
  • 電話

という2つの予約方法があり、ぼくはWebサイトの方で予約させてもらいました。

マイナンバーカード 作り方

 

ステップ6. カード受け取り

予約した日時に個人番号カード交付所に記載された交付所にカードを取りにいきます。

受け取る際の持ち物は、

  1. 写真付き身分証明書(免許証、パスポートなど)
  2. 交付通知書
  3. マイナンバー通知カード

の3つ。

 

まず、交付受付所で身分証を提示してコピーをとられ、その間に交付通知書に交付の日付、サインをしてこいつも提出しました。

あとは長年一緒だった「マイナンバー通知カード」もここで市役所側に手渡すことになります。

 

無事に免許証のコピーが終了すると、今度はマイナンバーカード専用の暗証番号を決めなければなりません。決めるのは、

  • カード内共通暗証番号
  • 署名用電子証明書暗証番号

の2種類の暗証番号。カード内共通暗証番号は4桁の数字、電子証明書の方は6~16字の英数字を使って表現できますね。

暗証番号が決まると市役所側が用意したパソコンでそいつを打ち込み、最後にメガネをとって顔認証で本人確認して終了です。

 

やっときた!マイナンバーカード!

 

 

 

マイナンバーカード発行には丸1ヶ月かかったので早めの行動がおすすめ

以上がマイナンバーカードの作り方でした。

手続きをしてしまえばすんなり1週間ほどで発行されると思っていたのですが、案外時間がかかり、僕の場合ですと、

丸1ヶ月の時が必要でした。

3/13に申請して4/13にカードを受け取ったので本当にきっぱり1ヶ月かかりましたね。

マイナンバーカードは身分証明書になるだけでなく、フリーランスの方にとっては、

  • 確定申告の添付書類が楽になる
  • 電子確定申告ができるようになる

というメリットがあるので作っておくと色々捗るかもしれません。

こうしてマイナンバーカードを手に入れたので今年の確定申告はe-Taxにチャレンジしてみます。

 

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

インターネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いにはまっている。


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる