大宮駅(埼玉)から徒歩1分!コワーキングスペース「7F」を6時間使ってみた感想

Sponsored Link


大宮駅から近すぎる!コワーキングスペース「7F」を使ってみた

どうも、Linです。アイロン、封印してます。

 

埼玉の中心地といっても過言ではない大宮。

埼玉県にある駅の中で最も多分通っている路線が多く、大宮駅の周辺には食事処であったり、ドン・キホーテがあったり、ラウンドワンがあったり大変栄えている街です。

そんな大宮付近でコワーキングスペースを探していたところ・・・ありましたありました!

その名も

7F

です。

コワーキングスペース「7F」

今日はこのコワーキングスペースをワンデイ利用で6時間ほどみっちり使わせてもらったのでその感想を忘れないうちに書き留めておきますね。

 

 

コワーキングスペース「7F」を6時間使ってみた感想

コワーキングスペース「7F」を使ってみたところ、

80点

ぐらいの使い心地があると感じました。

細かく配点を見ていきましょう。

 

本がたくさんある:10点

コワーキングスペース「7F」には数えきれないぐらいの書籍が蔵書されてます。

本のジャンルは幅広く、プログラミング関係のものからアフィリエイト、Web マーケ 関係の書籍、フリーランス起業 などのビジネス系の書籍も置いてます。

コワーキングスペース「7F」

図書館といっても過言ではないレベルで蔵書されているので、 このコワーキングスペースを定期的に利用する方であればこちらの書籍で着地は勉強しながら仕事をすることもできそうです。

コワーキングスペース「7F」

何でしょう、コワーキングスペース「7F」なら学生みたいな働き方ができそうな気がします。

 

フリードリンクもある:15点

もちろんこのコワーキングスペースにはフリードリンクというものがあります。

コワーキングスペース「7F」

種類としては、

  • 緑茶
  • 紅茶
  • コーヒー
  • ほうじ茶
  • 活性炭水

の5種類で、しかもホットとアイスの両方を楽しめるようになってます。

さらに味の濃さや温度を微調整することもできるのです。

紙コップを利用して利用するタイプなので清潔感満載でフリードリンクを楽しむことができます。

 

癒しのBGM がかかっている:10点

このコワーキングスペースには癒しの BGMがかかってます。

主にクラシックのような音楽で、うるさすぎず騒がしすぎず静かすぎることもない感じ。仕事に集中しやすい絶妙なバランスを保ってます。

 

2つのブースが存在している:10点

コワーキングスペース「7F」には用途によって使い分けられる二つのブースが存在しています。

まず一つ目がオープンスペース。

コワーキングスペース「7F」

飲食も私語もOK。

ただし、電話ができないというゾーンとルールが定められております。

このオープンゾーンが全体の8割を超えるぐらいの占有面積で、残りの2割は集中ブースということで深い仕切りが設定されている自習室みたいな空間。

コワーキングスペース「7F」

おそらく確か5席ぐらいこの集中ブースの席がありました。

こちらでは私語厳禁はもちろんのことをキーボードをうるさく叩くことまで禁止されていました笑

ぼくは主にキーボードをうるさく叩いてるのでオープン席を利用することにしました。

 

席のタイプが多種多様

このコワーキングスペースには多種多様な席が揃っています。

畳の上に食パンマンのような椅子が置いてあるところもあれば、

コワーキングスペース「7F」

しっとり座れるソファーのような席もありますし、

コワーキングスペース「7F」

複数人で机を囲んで作業できるところまであります。

コワーキングスペース「7F」

カウンター席のような立ちながら仕事ができそうな空間まであります。

コワーキングスペース「7F」

もちろん腰が疲れにくい椅子も設置されており、かなり多くの席のバリエーションを楽しむことができるでしょう。席の種類に飽きることはありません。

 

椅子の質はまあまあ:5点

ほとんどの椅子が回転し、さらに背もたれがしっかりしているので疲れにくい構造ではありました。

 

ただちょっと残念だったのが、アームレストがないタイプのものがほとんどだったことです。

アームレストがついていたのは集中ブースの椅子のみ。

オープンエリアの椅子はアームななしのタイプばかりでしたね。ただ、作業に慣れれば疲れにくいということはありませんでした。

 

通話のルールがしっかりしている:10点

先ほど申しましたが、コワーキングスペース「7F」では厳密に通話のルールが定められています。

コワーキングスペース「7F」

いきなり通話し始める人や、ぼくのように音声入力をし始める奴は皆無でした。

そのため作業に集中しやすい環境づくりになっていますね笑

ただ通話しながらリモートで誰かと連携して仕事をしたいという方には逆に不向きかもしれませんね。一応、入り口付近に電話可能のゾーンが設けられていましたが、多くの方がコワーキングスペースの外の寒々しい空間で電話をしているのを目撃しました。

コワーキングスペース「7F」

 

アクセス良し:10点

コワーキングスペース「7F」はアクセスが良いです。

大宮駅から徒歩1分という近さで、大宮初心者の僕でもすぐにたどり着くことができました。

看板や標識が出ているのでビルの前で立ち往生せず、すぐにたどり着けるでしょう。

 

利用料金が安い:5点

このコワーキングスペース利用料金が安易。

1時間500円で、2時間以降は1DAYの扱いなる料金システムになってます。

1DAYならば朝7時から夜11時まで利用しても1,000円という激安の利用料金で利用できます。

さらにワンデーだけではなく、月額料金も破格の値段。

月額9,200円で年中無休のコワーキングスペースを使えるのでフリーランサーの方にとって大きな利点ですね。

 

営業時間が柔軟:10点

このコワーキングスペースは年中無休。

しかも、毎日朝の7時から夜の11時までの長時間営業しています。

会社員の方も朝活として出勤前に利用したり、また夜遅くまでやっているので仕事後の勉強のために通ってもいいでしょう。

しいろんな使い方ができるコワーキングスペースだと思います。

 

プリンターもある:4点

もちろん、です。

コワーキングスペース「7F」

 

Wi-Fi は早い:5点

コワーキングスペース「7F」には利用できる共有 Wi-Fi が三つもしくはそれ以上飛んでいるのでアクセスをうまい具合に分散していました。

全体的にインターネット回線の速度が速いように感じました。素晴らしい。

 

会員登録は不要:10点

このコワーキングスペースを利用するために会員登録は必要ありません。

ただお店に来店し、利用したい旨を伝えるだけで1日利用で利用することができます。

住所を晒したり電話番号を教えたりする必要は全くありません。

 

混雑している:-2点

僕が利用したのは月曜日だったのですが、かなり利用者が多かったです。

ほぼ全ての席が満席となり混雑していました。

ただ混雑しているということはそれだけ多くの利用者が価値を認めていることになるので、これはいいコワーキングスペースならではの悩みどころです。コワーキングスペース「7F」を利用する際には早い時間帯からベストポジションを確保していきましょう。

 

フロア数が覚えやすい:2点

このコワーキングスペースは「7 F」 という名前なので7階にあることがすぐに分かります。

コワーキングスペース「7F」

一時外出から戻るときも、

「何階だったっけな・・・・」

と悩むことは全くありませんでした笑

 

モニター無料貸し出し:3点

モニターが必要なプログラマーやデザイナーの方のためにモニターを無料で貸し出しています。

コワーキングスペース「7F」

 

お菓子は有料だがある:2点

仕事をしているとどうしても糖分が失われがちで集中力が徐々に低下してしまいますよね。

そんな方にも安心で、コワーキングスペース「7F」には、

有料でお菓子を販売しているシステムが設けられており、うまい棒1本10円から購入可能です。

コワーキングスペース「7F」

 

 

さあ、大宮のコワーキングスペース7 F を利用してみよう

以上が7 F の使ってみた感想でした。

結論、コワーキングスペース「7F」は、

大宮駅からのアクセスが最高で、しかもお得で便利な図書館のようなフリーランスにとって最高のコワーキングスペースとと思います。

大宮駅周辺でコワーキングスペースを探している方はよかったら利用してみてくださいね

 

得点 85点
安さ
椅子の快適さ
Wifiの速さ
混雑具合
ドロップインの料金 1DAY 1,000円 ※税込
月額利用 月額会員9,200円
住所 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-5 銀座ビル7階 【地図
アクセス 大宮駅東口から徒歩1分
営業時間 7:00~23:00 (年中無休)
電話番号 048-729-5197
URL https://office7f.com/

それでは!

Lin

 

飯橋凛(Ihashi Lin)

インターネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いにはまっている。


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる