パワポ作りが好きな人はブログに向いてると思う

Sponsored Link


パワポ作り好きな人はブログに向いてる??

どうも、Linです。電話予約、完了です。

 

僕は大学生の頃機械工学部というところに所属していました。

機械いじりが好きではなかったし、得意でもありませんでしたが、なぜか宇宙に対する憧れがあって人工衛星を作りたいなと思って生きていました。

しかしながら、機械には全く興味がなく情熱もなかったので毎日腐った学生生活を送っていました。

 

パワポ作成が唯一の楽しみだった

そんな暗黒の学生時代でも、なぜか、

パワーポイントを作るのが好きでした。

そのパワーポイントを作る時間はもうすごく楽しくて時間を忘れるほど。唯一熱中できることで、パワポのスライドを作成していると気づいたら2~3時間が過ぎていることが多かったです。

また、そのパワーポイントのスライドを見てもらって

「分かりやすい」

「面白い」

などのポジティブな感想を言われた時にものすごく喜びを感じるということが自分の中でも感じていました。

 

そんな学生時代を過ごしていたので、将来の仕事を考えるときに、

「パワーポイントを作るだけの仕事ってあるのかな・・・・」

とできればパワポ制作会社に就職し、ひたすら毎日明るまでパワポだけを作りたいと思っていたヤバい奴でした笑

 

ブログはパワポだった

そんな時にブログと面白いものに出会いました。

ログでは基本的に自分自分の興味のあることなら何でも書いても良く、さらにブログ記事を執筆するときに求められるのが、

読者にある物事をわかりやすく説明するということ

でした。

 

これは全くをパワーポイントを作る作業とも同じ。

パワーポイントではどのスライドをどの順番で出すか??

がわかりやすさを左右することになるので、そのわかりやすさが最大限になるように構成を考えるのがものすごく楽しかったのです。

 

これはまさにブログを書くという作業と一緒。

ブログなどのWeb メディアは紙媒体のメディアとは異なり、じっくり読まれないことが多く、見出しの飛ばしザラです。

情報を素早くすくい上げたい時なんかは読むというよりはスキミングに近く、

ぱっ

ぱっ

ぱーーっ

離脱

ということはかなり頻繁にあると思います。

僕自身もそのように他のWebメディアを利用させてもらってます。

 

このように飛ばし読みを前提として情報を伝えなければブログメディアにおいて、

もっとも重要なのは情報を伝える順番

です。順番さえ間違えなければ読者にわかりやすいと認識され、自然と検索順位もメキメキと上がっていきますからね。

 

 

パワポ好きはブログを書こう

その「情報を伝える順番」を考える作業はパワポのスライドと同じ。

僕は、その作業が好きですし、わかりやすいと実際にフィードバックを受けた時は喜びを感じます。

もしかしたら、僕と同じように

「学校の勉強には興味は持てないけれど パワーポイントのスライドを作るのが好き」

というちょっと変わっている方はブログも好きかもしれませんね笑

 

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

新卒で入ったネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いしている


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる