RailsアプリでGravatarのプロフィール画像を表示する「gravtastic」の使い方

Sponsored Link

RailsアプリでGravatarのプロフィール画像を表示させたい!

どうも、Linです。餃子で粘ってます。

 

「Railsアプリでユーザーのプロフィール画像を表示させたいな!」

ってときありますよね?

そんなときに便利なのが、

Gravatar というサービスを利用する

という方法です。

 

こちらは一言でいうと、

メールアドレスを登録するだけで、自分のプロフィール画像を設定できるサービスです。

 

こちらのGravatarを活かす方法が「一人で作る rails」という本で紹介されていたので、早速試してみたのです。

ただ、この本の通りにコードを書いてみたら、railsのバージョンの違いらか表示できませんでした。

腐るに腐ってググってみたところ、

「gravtastic」というgemならできる

との情報が。

 

こちらのサイトを参考にさせていただきましたね。

Railsチュートリアルのやり方では、Gravatar画像が表示されないときの対処法

 

 

Railsアプリで「gravtastic」を使ってGravatarのプロフィール画像を表示する方法

それでは早速その方法をメモしておきます。

前提として、Railsのアプリにuserテーブルが存在していて、なおかつdeviseでログインシステムを導入している必要があるみたいです。

railsのバージョンは4.2です。

 

方法1. gemに「gravtastic」を追加

まずはgem fileにgravtasticを追加してみましょう。

をGemfileに追記すればいいですね。

追加完了したら、

を唱えてあげましょう。

 

方法2.userモデルに追記

お次は、userモデルファイルのuser.rbに、

を追記してあげましょう。

 

方法3. 画像表示

あとは、Gravatarのプロフィール画像を表示してあげるだけ。

例えば、ログインしているユーザーのすべてのページに表示させる場面を想定してみましょう。

 

この場合、appliation.html.erbの<body>内に次のタグを挿入していきます。

すると、次のように不自然ながらも、ログイン中のユーザーの全ページにGravatarのプロフィール画像の表示に成功しました!

※userのemailがgravatarに登録していない場合、上のような画像が表示されます

 

と、このような感じで、deviseを使ったuserテーブルならgravatarの画像が簡単に表示できるのでおすすめです。

こちらのgemの使い方はRailsチュートリアルで登場するそうなので、ぼくもこの茨の道にそろそろ進んでみようと思います。

 

「どうしても動かない・・・・!」

とはまってしまった方にはエンジニア専門のQAサイトteratailがおすすめです。

一人で解決できないときは専門家に助けを求めてみましょう。

 

それでは!

Lin


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる