【徹底検証】青色確定申告の65万円の特別控除はどれくらいお得だったのか?

Sponsored Link

確定申告を青色申告にすると、65万円の特別控除でどれぐらいお得??

どうも、Linです。洗顔フォーム、受け取りました。

 

確定申告には最大で65万円の控除を受けられる、

青色申告

というものがあります。

 

国税庁のホームページによると、

  1. 事業または不動産収入が本業(サラリーマンではない)
  2. 複式簿記をつけている(発生主義)
  3. 貸借対照表、損益計算書を提出できる
  4. 期限内に確定申告できる

といった4つの条件を満たせば、誰でも青色申告をすることができ、65万円の特別控除を適当できるのです。

「2の条件」を満たしていない場合、10万円の控除に減ってしまうみたいですけどね。

 

でもでも、

65万円の特別控除って言われても、

実際にどれくらい青色申告でお得になるの??

と疑問に思う方が多いのではないでしょうか。

 

そこで今日は、実際に青色確定申告をおこなってきたぼくが、

実際に青色申告でどれぐらいお得だったのか??

を恥ずかしながら公開してみたいと思います。

 

=もくじ=

  1. 青色申告の控除はいつ引かれる?
  2. 実際にぼくはどれくらいお得だったのか?
  3. ケーススタディ

 

 

青色申告の特別控除はどこで引かれるの??

青色申告の65万円の特別控除は、

収入から所得を計算するフェーズで差し引かれるようになっています。

 

確定申告書Bでいうと、

一番上の「事業収入」の営業から、「事業所得」の金額を表示するところですね。

 

青色確定申告 65万円 特別控除

 

青色申告の特別控除がない場合、

収入 – 経費

が所得金額になりますが、青色申告をして65万円の特別控除を受けると、

収入 – 経費 – 650,000

が所得金額になるわけです。

 

つまり、

経費が65万円どっからともなく現れた状態と一緒。

これはあまりにもお得すぎます。

 

ぼくは青色申告の65万円特別控除にどれくらい助けられたのか?

それじゃあ、実際に青色の確定申告をしたぼくは、特別控除65万円でどれくらい節税できたのでしょう??

ぶっちゃけ、はっきりここで告白しちゃいます。

 

ぼくは、青色申告の確定申告で、

40,000円ぐらい

の節税に成功したのです。

 

これを告白してしまうと、昨年度の所得がばれちゃいますので、あんまり深く考えないでください笑

ただ、所得があまり多くないぼくでも4万円の節税ができたので、もっと高所得の方々ならさらに節税効果が期待できるわけです。

 

それぞれ所得の方のケースを見てみましょうか。

 

ケース1. 年間所得200万円の花子さん

年間所得が200万円の花子さんがいたとしましょう。

この方は国税庁の所得税の計算方法を使うと、

所得×10% – 97500

の所得税がかかることになります。

 

青色申告の特別控除が65万円あるとすると、10%かけられるはずの所得が65万円引かれるので、

650,000 × 0.1

= 65000円

 

だけ節税できることになります。

これは普通に嬉しい。

プレイステーション4とニンテンドースイッチを買えそうなぐらい節税できてます。

 

 

ケース2. 年間所得350万円の太郎さん

次は年間所得350万円の太郎さん。

所得税の計算には課税所得に対して20%の税率がかけられるはず。

 

だから、所得から65万円引いてやると、

650,000 × 0.2

= 130, 000円

 

の節税効果が期待できます。

これはハワイ旅行にギリギリいけそうなぐらいのお値段。青色申告お得すぎる!

 

 

ケース3. 年間所得700万円の次郎さん

年間所得が695万円を超えると、課税所得にかかる税率は23%にパワーアップします。

よって、65万円の青色特別控除があると、

650,000 × 0.23

= 149,500円

もの節税に成功できるんです。

お得すぎる!

多分、アメリカの西海岸ぐらいまでいける金額です。

 

ケース4. 年間所得1000万円の三郎さん

年間所得が900万円を超えると、

課税所得にかかる税率は33%に跳ね上がります。

 

よって、65万円の青色申告特別控除で、

650,000 × 0.33

= 214,500円

の節税効果が期待できるわけです。

これなら原付自転車が買えそうだ。

 

ケース5. 年間所得2000万円の士郎さん

さて、年間所得2000万円の士郎さん。ここまでくるとそろそろ嫉妬心が湧いてくることでしょう。

 

年間所得が1800万円を超えると、所得税の税率は40%までアップします。

故に、青色特別申告控除65万円があると、

 

650,000×0.4

= 260,000円

 

の節税効果に!

このお金があれば軽くアフリカ大陸にひとっ飛びできそうですね。

 

 

ケース6. 年間所得4200万円の吾郎さん

お次は、年間所得4200万円の吾郎さん。

ここまでくると嫉妬を通り越して頭がぼーっとしてくる境地。

 

年間所得が4000万円を超えると、課税所得にかかる税率はなんと45%。

ほぼ半分持ってかれることになります。

 

もし、青色特別控除65万円があると、

 

650,000×0.45

= 292,500円

 

もの大金を節約できちゃいます。

こ、これはもはや、どこだ?ヨーロッパとかいけるのかな笑

 

 

でもでも、青色確定申告って大変なんでしょ?

最大で30万円ぐらいの節税効果が期待できる青色確定申告。

確定申告を行う個人事業主の方ならやらない手はないですね。

 

ただ、あまりにもうますぎる話なので、

「どうせ、青色確定申告って大変で疲れるんでしょ?」

と思うかもしれませんが、全くもってそんなことはありません。

 

ぼくは今年初めての青色確定申告に挑戦しましたが、クラウド会計ソフトのfreeeを使えば簡単。

半日ぐらいで青色確定申告を終えることができました。

 

まず、Freeeに売り上げや、経費となる領収書を登録。

その次に、社会保険料控除を計算したり、源泉徴収票の中身を記入したり、簡単なイエスノークエスチョンに答えるだけで青色申告ができてしまうんです。




 

ぼくも青色申告を実際にやってみるまでモンスター級の怖さを感じていましたが、やってみると案外簡単。

ちょっと拍子抜けしたぐらいです。

>>詳しい「freeeを使った確定申告方法」はこちら

 

 

ぜひ、フリーランス初心者の確定申告童貞の方もfreeeで青色申告に挑戦してみてください。

さあ、一緒に65万円の特別控除をつかみとりましょう!

 

それでは!

Lin


Sponsored Link



もう1本読んでみる