Unity Adsなら簡単!Unityのゲームに広告を実装して表示する方法

Sponsored Link


Unityのゲームに広告を表示させたい!

どうも、Linです。ココア、薄味最高。

 

Unityのゲームを作ると、まれに、

「ゲームに広告を貼ってあわよくば収益を得たいな・・・・・」

と思うことがあると思います。

Unityで使える広告のなかで便利なのが、Unity公式の広告プラットフォーム、

Unity Ads

です。

 

Unity公式の広告であるため実装が簡単なのが魅力です。

今日はこの「Unity Ads」の使い方をマスターしたので、その実装方法を忘れないうちに書き留めておきますね。

  1. Unity Adsに登録
  2. Unity Adsをゲーム中に表示させる

 

 

事前準備としてやっておきたい!Unity Adsへの登録方法

まずはUnity Adsを使う前の準備ですね。

Unity Adsへ登録してみましょう。

 

こちらのURLからUnity Adsの公式ページに遷移して、

右上のログインをクリック。

unity 広告 実装 

すると、ログイン画面が表示されるので、UnityのIDとパスワードを入力してログインしてください。

unity 広告 実装 

 

ログインしたら利用規約に同意して、

 

unity 広告 実装 

 

準備完了です!

 

unity 広告 実装 

 

 

 

Unity Adsの広告を実装して表示する方法

いよいよ実際にUnity Adsを実装していきますよ。

例として、ボタンをおすとUnity Adsが表示されるゲームを作っていきましょう。

 

Image from Gyazo

 

ヒエラルキービューにボタン(Button)と空のオブジェクト(GameObject)を追加し、空のオブジェクトにGameController.csというスクリプトをアタッチしてみます。

 

 

 

Step1. 開発プラットフォームをスマホへ

開発プラットフォームをスマホにしておきましょう。

つまり、iOSもしくはAndroid用のゲームを作ります、と設定しておけばいいのです。

 

プラットフォームの設定は、Unityメニューから、

File > Build Settings

と進んで、左下のPlatformで選んでいきます。

AndroidまたはiOSを選択し、その下の「Switch Platform」をクリック。

僕は個人的にAndroidを利用しているのでAndroidを選びました。

 

 

この設定が完了しないと、Unity Ads用のスクリプトが有効にならないのでご注意ください。

 

Step2. 広告を有効化する

Unityのメニューから、

Window > Services

と進みます。

 

 

すると、

Create a Unity Project ID

と出てくるので、プルダウンから自分のUnityのIDを選択。

 

 

すると、次のようなサービス一覧が表示されるでしょう。

 

unity 広告 実装 

 

今回はUnity Adsの広告を有効化にしたいので一番上の「Ads」をクリック。

 

unity 広告 実装 

 

すると、次のような項目が表示されます。

 

 

Adsの右にあるタブをクリックして有効にすると、

Designation for Apps Directed to Children Under the Age of 13

と出てくるので、ゲームが13歳以下の子供向けだったらボックスにチェック。

それ以外だったらここはスルーして、その下の「Continue」をクリックしましょう。

 

 

あとはTest modeの

Enable test mode

にチェックを入れると、広告表示の際にUnityのサンプル広告の動画が流れるようになります。

 

unity 広告 実装 

 

サンプル広告はこんな感じ↓

Image from Gyazo

もし、正規の広告を挟みたいようでしたら「Enable test mode」のチェックは外しておいてくださいね。

 

Step3. 広告用の名前空間を追加

Unity Adsの広告を表示するコードを利用するためには、

Unity Adsの名前空間を追加する必要があります。

 

具体的にいうと、スクリプト(GameController.cs)の頭に、

を追加すればいいですよ。するとGameController.csは次のようなスクリプトになるはず↓

 

Step4. 広告を表示させる

あとは広告表示のコードを追加するだけ。

UnityEngine.Advertisementという名前空間を追加してやると、Advertisementクラスのメソッド・プロパティを使えるようになります。

今回使うのは、

  1. isReady()
  2. Show()

の2つのメソッド。

1つ目のisReadyは広告の準備ができていると真を返す関数で、Showは広告を表示するメソッドになります。

 

今回は、

もし広告の準備ができているなら広告を表示する

というコードを書いてみました↓

 

で、サンプルアプリではBUTTONを押したら広告を表示したいので、publicなShowAdという関数を定義しておきます。

すると、GameController.csは次のようなコードになるでしょう。

あとはこのShowAdという関数をBUTTONに紐づけてやればいいので、BUTTONのInspector Viewから空のオブジェクトGameObjectを選択。

さらにGameControllerの関数からShowAdを選んで紐付け完了。

unity 広告 実装 

 

ここまででの作業が終わると、ボタンを押すとUnity Adsの広告を表示するゲームが作れたと思います。

今回はデモなので動画広告は出ないっすけどね!

Image from Gyazo

 

 

Unityでゲームを作ったら広告を入れて収益化を目指そう!

以上がUnity公式の広告Unity Adsの実装方法でした。

Unity初心者のぼくでも実装できるぐらい優しいのでありがたかったですね。

広告の内容はゲームアプリの動画のようなので、Unityでゲームを作った方は相性が良いと思います。

 

Unityのゲームに挿入できる広告はUnity Ads以外にもGoogleが提供している

AdMob

という広告があるようなので、そちらの使い方もこの際に勉強してみる予定です。

 

【参考図書】

 

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

新卒で入ったネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いしている


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる