Unityのアセットフォルダが消えた!?MacのOSをHigh Sierraに更新した時に生じるエラーの対処法

Sponsored Link

MacのOSを最新のHigh Sierraに更新したらUnityでエラー!?

どうも、Linです。スニッカーズ、いただきます。

 

先日、MacのOSを最新版のHigh Sierraにアップデートしました。

「アップデートも済んだことだし、Unityでも勉強するかなあ・・・・!」

と思い、Unityで既存のプロジェクトを立ち上げてみると、

 

あ、あれ?!

アセットフォルダが空になってるじゃありませんか?!

作りかけのゲームだったのでこのアセットフォルダの中には画像やら音声やらなんやらがたんまり入っているはずだったのですが、なんと、いまはそれらがない。

何故なのか原因を必死に考えましたが、もしかしたらMacOSの更新が原因かもしれない!

そう思い立ちググって見ると、

macOS 10.13 High Sierra にて、Projectウィンドウ内のファイルが見えない、あるいはMonoDevelopが起動しない

という今の自分にぴったりの現象が起きていることが判明。自分だけではなかったのですね。

 

 

High SierraにアップデートしたことによるUnityのエラー解消法

こちらのヘルプページによると、

この現象はバグなので、バグを修正するためのパッチをダウンロードしてくれ

と言っています。

そのヘルプページから、

対策(1)

の中から現在自分が使っているUnityのバージョンをクリック。

ぼくは5.6を使用していたので5.6へ。

その中からMacのUnityエディターのパッチを選んでみます。

 

すると、インストールが始まり、

High Sierra

やがてインストールが完了すればいいのですね。

 

Unityエディターのパッチをダウンロード後、先ほどぶっ壊れていたUnityのファイルを開いてみると、

 

インポートし直してくださいという警告が出ますが、一旦Continue。

すると、うん、ぶっ壊れて何もない状態になっていたアセットフォルダの中身が復活しています。

中身が復活したのですからもちろんちゃんとゲームの再生までできました。

場合によってはファイル自体がこの復元の段階で崩れてしまうことがあるので、そういう時はユニティのプロジェクトをインポートし直すという手順が必要みたいですね。

 

 

それでは!

Lin


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる