【VR開発入門】Unityで作ったゲームをOculus Goにビルドする方法

Sponsored Link


Unityを使えばOculus Go向けのVRゲームを作れる??

どうも、Linです。登り坂、ふらふらしてきました。

 

2018年5月に発売となったスタンドアローン型のVR  HMDのOculus Go。

コードレスなので持ち運べるようになり、しかも価格が安いのでVRのハードルが下がり、今後のVRコンテンツの発展が期待されます。

unity oculus go 開発 ビルド

そんなOculus Goを勢いで購入してしまったので、Oculus Go向けのVRアプリをUnityで開発する方法をインターネットサーフィンをしながら学ばせてもらいました。

参考にしたのは次のQiitaの神記事↓

今日はこちらの記事を参考にしながら、Oculus GoにVRゲームをビルドすることに成功したので、その方法を忘れないうちにメモしておきます。

 

 

UnityのゲームをOculus Goにビルドする前の準備

Oculus GoにUnityにビルドしたい場合、次の3つの準備が必要です。

 

その1. developer登録

まずはOculusのdeveloperとして登録する必要があります。こちらのページから登録してみましょう。

すでにOculusのアカウントを持ちの方ならば1分も経たずして完了できるはず。

登録といっても複雑なものではなく、開発元の団体名を決めるだけです。

unity oculus go 開発 ビルド

どうやらここで決定した名前がOculusのアプリストアにおいて販売元として表示されるようですね。

名前を登録したらあとは規約に同意して完了です。

unity oculus go 開発 ビルド

 

その2. 開発者モードにする

続いて、スマホにインストールしてあるOculusアプリでの設定になります。

Oculus

Oculus
posted withアプリーチ

Oculusアプリの下メニューから「設定」を選択し、その中から「その他の設定」を選びましょう。

unity oculus go 開発 ビルド

設定するためにはOculus Goとスマホをペアリングする必要があるので、Oculus Goに電源に電源を入れておきます。

 

続いて、開発者モードへと進み、

タブをオンにします。

このフェーズで、

開発者になろう

というアラートが出てしまう方は準備編のdeveloper登録が完了していない可能性があります。

今一度こちらのページから開発元の名称を登録してみましょう。

 

その3. JDK/SDKの設定

Oculus GoはAndroidデバイスですので、Unityでアンドロイドアプリを開発できる体制を整えておく必要もあります。

以前、UnityでAndroidアプリを制作したことがある方はこのフェーズは飛ばしても大丈夫ですね。

初めてAndroidアプリを制作する方はこちらの神記事を参考にしてJDK/SDKの設定をしてみてくださいね。

 

 

Unityで作ったゲームをOculus Goにビルドする方法

今回は平面の上にボールがあるというサンプルアプリを作っていきましょう。

 

うまくいけば、白いボールをOculus Go越しに見ることができるようになります。

Unityで新規の3Dゲームを作成し、PlaneとSphereを適当に配置して準備完了です。

 

Step1. プラットフォームをAndroidへ

Oculus GoはAndroidデバイスなので、開発プラットフォームをAndroidに設定してやります。

File > BuildSettingsと進み、PlatformをAndroidに変更。

そしてSwitch Platformをクリックしてプラットフォームを変更してやりましょう。

 

Step2. PlayerSettingsの細かい設定

続いて、BuildSettingsからPlayerSettingをクリック。

ここではOther Settingsという項目の次の3つを変更していきますよ。

 

Virtual Reality Supported

こいつにチェックを入れ、

Virtual Reality SDKから+をクリックし、その中からOculusを選んでみましょう。

 

Package Name

続いてこちらはアプリのパッケージネーム。デフォルトだと、

com.Company.Products

になっていますので、末尾の「Products」を自分の好きな任意の名前に変更してやりましょう。今回は「OculusTest」にしてみました↓

こちらがProductsのままになっていると、後々Build And Runした時にエラーが出てしまうのでこれはマスト。

 

Minimum API Level

最後は最低のAPIレベルの引き上げです。

なんかよくわかりませんが、Oculus Goの開発の最低レベルを19以上に設定しておくべきらしいです。

API Levelが19の、

Kit Kat

に設定しておけばオッケーです。

 

Step3. Oculus GoをPCに接続

Oculus Goに付属されているUSBケーブルで、Oculus GoとPCを接続します。

 

unity oculus go 開発 ビルド

 

Step4. Build And Run

ここまでできましたら、いよいよアプリファイルの書き出しです。

File > BuildSetting

と進み、一番右の「Build And Run」をクリックしてみましょう。

apkファイルの名前を適当に決めて保存すればオッケーです。

 

 

Unityで作ったゲームをOculus Goでビルドできた!

ここまでやって、Oculus Goを被ってみると、

うわっ。俺、3Dゲームの世界にワープしてやるやん?

ってなります。MainCameraの位置に自分の視点があるかのようになりますね。

 

先ほどのサンプルのアプリで言えば、白い球がVR空間で間近に見れるようになっています。

しかも、首を動かして視線を移動させると、それに連動してゲーム上の自分の視界が動くのです。

Image from Gyazo

いやあ、こんなにも簡単にOculus GoでUnityのゲームがビルドできるとは思いませんでした。

ただ、ここまでは単にビルドしてみただけなので、今後はコントローラーの動きをゲームで連動させたり、トリガーボタンを押してアクションが起きるゲームなどを作っていきたいと思います。

スマホでVRアプリを作る時よりも圧倒的に楽だったので、VR開発に興味がある方はOculus Goでチャレンジしてみましょう。

 

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

インターネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いにはまっている。


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる