【Unity】3分でわかる!Oculus Goのコントローラーを追加する方法

Sponsored Link


Oculus GoのコントローラーをUnityのゲームで登場させたい!

どうも、Linです。パークが、呼んでます。

 

UnityにてOculus Goにゲームをビルドすることに成功したので、次はやはり、

Oculus Goのコントローラーを追加したい

と思うのは当然の流れです。

自分がコントローラーを動かしたら、Unityのゲーム上でもオキュラスのコントローラーが動くようにゲームを作成してみたいところです。

 

意味不明なエラーに苦しみながらも、こちらの記事を参考にしながらUnityをいじくり回してみたところ、先ほどようやくコントローラーをゲームに登場させることができたのです。

Image from Gyazo

今日はそのUnityでOculus Goのコントローラーを登場させる方法を忘れないうちにメモしておきますね。

 

Step1. Oculus Integrationをインポート

まずはUnityのアセットストアにて、

Oculus Integration

というアセットをインポート。

全てのファイルにチェックマークを入れてインポートしちゃいましょう。

ここで、MacでUnityの開発をしている方は、

error CS0103: The name `OVRP_1_15_0′ does not exist in the current context

というエラーが出てしまうかもしれませんが、そんな時はこちらの記事で対処法を確認してみてくださいね。

僕はこのエラーで3日ぐらい苦しみ、なかなか前に進めなかった過去があります笑

 

Step2. OVRCameraRigをヒエラルキーへ

先ほどインポートしたアセットの中の、

Oculus > VR > Prefab > OVRCameraRig

をヒエラルキービューへ追加してみましょう。

こいつがOculus Goを装着した時の視界になるので、ちょうど良い高さまで引き上げておくといいですね。

 

Step3. MainCamera削除

追加したOVRCameraRigをメインのカメラに設定したいので、デフォルトのMainCameraを削除。

 

Step4. コントローラー設置

さて、いよいよコントローラーを追加していきましょう。

Oculus Goのコントローラーは、

Oculus > VR > Prefab >TrackedRemote

になるので、こいつを先ほどのOVRCameraRigの中の右手にあたる「RightHandAnchor」の子要素としてヒエラルキーへ追加してみます。

多分、左利きの人は「LeftHandAnchor」にTrackedRemoteを子要素として追加すればいいんじゃないですかね

 

 

ここまでのステップを無事に踏み終えると、

Unityのゲームにコントローラーが出現!!

Image from Gyazo

リアルの世界で動かした通りの動きをコントローラーがするではありませんか!

次回はさらにこのコントローラーのボタンを押したりスライドさせたりしてアクションを実際に起こしてみたいと思います。

 

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

インターネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いにはまっている。


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる