WordPressで503エラー(503 Service Unavailable)が出た時の対処法

Sponsored Link


WordPressで503エラーが出たんだけど!?

どうも、Linです。マスク、2枚ゲットです。

 

先日、エックスサーバーで運用していたWordPressのサイトが突然逝きました。

いつもの通りサイトにアクセスしようとしたら、

503 Service Unavailable

というエラーが出てうんともすんとも言わなくなってしまったのです。

 

503 Service Unavailable

 

このエラーページによると503 Service Unavailableの原因は、

アクセスの大量発生

らしい。

しかしながら、サイトが死んだ間際のアクセス数をみてもそれほど多いわけではない。。。

さては国外からのDOS攻撃でも受けたんだろうか・・・

 

考えられた原因

このエラーで思い当たるのはアレしかない。

そう、このエラーが出現する前日に、

PHPのバージョンをアップしていたのです。

今までそのサイトではPHPのバージョンを5.6で使用していたのですが、他サイトのPHPバージョンを7.1に切り替えたところ表示速度が改善された気がしていたので、このサイトでもPHPバージョンを7にしてみたのですね。

サイトにそれほどアクセスが集中してるわけではなかったし、もうこれしかない!

これが原因じゃなかったらもうDOS攻撃でしょう。

 

エックスサーバーの方に助けを求める

サイトがエラーを吐き出し始めてから早12時間以上経過していましたが、一向に回復する様子がなかったので痺れを切らしてエックスサーバーのサポートセンターに問い合わせてみました。

エックスサーバーの技術的な問い合わせは

support@xserver.ne.jp

というメールアドレスに、

  • 会員ID
  • サーバーID

の2つの情報を入れてメールを書いていきます。

 

ぼく
会員ID:xxxxxxx サーバID:yyyyyyyy
お世話になっております。

昨日の午後8時ごろから、

http://xxxxxxxxxxxxxxxxxxが表示されなくなりました。

エラー内容は、503 Service Unavailableです。
それまでは正常に表示されておりました。

いち早くサイトを復帰させたいので解決方法がありましたらご教授ください。
どうぞ何卒よろしくお願いします。


サポートセンター
お問い合わせをいただきまして、ありがとうございます。

本件はお客様のサーバーアカウントにおきまして
プログラム負荷が高まったため、一時的なリソース制限が行われ
その影響で500、503エラーが発生している可能性が高い状態です。

CGIやPHPファイル全てにおいて、
500、503エラーが一時的、もしくは断続的に発生する場合、
当該サーバアカウントへの同時アクセス数が著しく高まった場合等に、
サーバへの負荷が高まり、エラーを起こしている可能性がございます。

エラーが起こった直後、サーバーパネルトップメニューの
「ログファイル」より対象ドメインのエラーログをご確認ください。

※エラーログは毎日リセットされます。
エラーを確認いたしましたらお早めにエラーログを
ご確認くださいますようお願いいたします。

————————————
Resource temporarily unavailable(PHP実行時)
Premature end of script headers (CGI実行時)
suexec policy violation: see suexec log for more details(CGI実行時)
mod_fcgid: can’t apply process slot for(FastCGI実行時)
————————————

※HTMLファイルについては上記エラーが発生いたしましてもアクセス
が可能でございます。

という旨のエラーメッセージが表示されている場合は、
CGIやPHPの同時起動数が多くなり、
アカウント単位のリソース制限がかかっている可能性がございます。

大変申し訳ございませんが、共有サーバの特性上、
1つのサーバアカウントに負荷が集中しないよう、
上記の措置をとらせて頂いております。
何卒ご理解、ご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。

・CloudFlareなどのCDNサービスを利用する
・該当ファイル記述の見直し
・動的なプログラムであればキャッシュ系のプラグインを導入する
・サイト構造の見直し(負荷の分散)
・データベースを使用したプログラムの場合、データベースの最適化
・データベース上不要なファイルの削除

上記作業をされることにより改善を図ることが出来るかと存じます。
お手数ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
何卒よろしくお願い申し上げます。

 

むちゃくちゃ技術的な話になってよくわからん!ログファイルなんてとったことねえよ!?

よくわからんかったのでとりあえず聞いておきたいことである

放っておいても503エラーは元に戻るのか?

を問い合わせてみることに笑

ぼく
ご返信ありがとうございます!
503エラーは放置していると回復しますか?
何か提案してくださったような改善策を打たないと復帰しないでしょうか。

どうぞよろしくお願いします!


サポートセンター
お忙しい中ご返信いただき、ありがとうございます。

今回のように長時間503エラーが発生し続けている場合、
WordPress上で何らかの処理がループしているといった
可能性も高く、お客様による対処が必要となります。

お手数ではございますが、先の対策を検討される前に
例えば1つずつプラグインを停止する、他のテーマへ
変更するなどの操作により、503エラーが解消されるか
ご確認くださいますでしょうか。

ただ、エラーが発生している状態ではダッシュボードへの
アクセスもままならないかと存じますので、そのような際は
一時的に【お客様ご自身以外からはアクセスができない状態】に
していただいて、その間にダッシュボードへログインする
ということも可能でございます。

▼IPアドレスを確認できるWebサイトの例
https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

例えば、上記URLでお客様ご自身のIPアドレスをご確認いただき
サーバーパネルから『.htaccess編集』メニューへ進み
当該ドメインの[.htaccess]に以下の記述を加えていただければ
ご自身以外からのアクセスを遮断することが可能です。

#####################################
Order deny,allow
deny from all
allow from ■ここにご自身のIPを記載■
#####################################

上記はリソースが不足している状態で、ダッシュボードへ
ログインして操作をするための1つの手段ではございますが、
参考にしていただければと存じます。

何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

503エラーは消えずに自分の手で消化しなければ永遠に元に戻ることがないみたいですね笑

この担当の方が提示してくださった解決策を実践してみました。

 

 

エックスサーバーのサポートセンターの方が教えてくれた!503エラーの対処法

エックスサーバーの方が提示してくれた解決策はようは、

エラー画面を突破してWordPress管理画面にログインし、疑わしきプラグイン、テーマ、などを一旦オフにする

という方法です。

 

Step1. 「.htaccess」を編集して自分以外のアクセスをシャットアウト

大量にアクセスが来てしまっていることが503エラーの原因と思われるので、まずは自分以外のアクセスを遮断。

自分のみがアクセスできるような状態にすると、503エラーが消失しWordPressの管理画面にログインできるようになるのです。

 

ってことで、まずは自分のIPアドレスを調べます。このアドレス以外のアクセスを遮断するためですね。

こちらのサイトに遷移すると、今現在の自分のIPアドレスがわかります。

503エラー 対処法

自分のIPアドレスがわかったところで今度は.htaccessの編集して自分以外のアクセスを締め出していきますよ。

エックスサーバー の場合、サーバーパネルから「ホームページ>.htaccess編集」と進みます。

503エラー 対処法

すると、次のような.htaccessのファイル内容を編集できる画面が出てくるので

503エラー 対処法

この箱の中に、

というコードをぶち込んで編集内容を確定しましょう。

 

Step2. WordPressの管理画面にログイン

.htaccessの編集が終わりましたらいつも通りWordPressにログインします。

先ほどまでエラー画面だったのにログインできるようになってるではありませんか。

503エラー 対処法

.htaccessすごい!

 

Step3. 疑わしきを全てオフ、元に戻す

WordPress管理画面にログインしてしまえばこっちのもの。

まず、エックスサーバー の管理画面からPHPのバージョンを元にもどす。それから、

  • WordPressのバージョン
  • テーマのバージョン
  • プラグインのバージョン

をアップデートしてピカピカの状態に。

巷の噂によると、プラグイン「WordPress Popular Posts」というプラグインはサーバーに負担がかかりやすいらしいので、こいつをオフ。

一旦やれることはやった感があったのでこの状態で再びサイトにアクセスしてみることに。

 

Step4. 「.htaccess」を元に戻す

、一旦、.htaccessを元の空欄の状態に戻してすべてのアクセスを許可してみます。

 

すると・・・・・・

 

やりましたやりました!

WordPressのサイトがいつも通り回復しています!

エックスサーバーのサポートセンターの職員の方には感謝しても仕切れないほどの恩を感じてますよ、本当に。

 

 

WordPressの503エラーは放置せずに対処してみよう!

以上がWordPressの503エラーを解消する方法でした。

アクセス過多が原因と言われている503エラーだったので、放っておけばエラーが消失すると思っていたのですが、そんなうまい話はありませんでした。

何か対策を打たない限り一生503エラーが表示されっぱなしになってしまします。

 

503エラーに悩んでいる方は今回エックスサーバーの職員の方に紹介してもらった、

.htaccessを編集してなんとかWordPressの管理画面に入り、疑わしきものどもをオフにする

という方法を試しに実践してみてくださいね。

 

もし、それでも503エラーが解決できない場合は、

契約しているサーバーのサポートセンターに助けを求めるのが一番だと思います。

ぼく自身、今回のエラーはエックスサーバーの方の助けがなければ今もなお自分だけで格闘して苦しみ続けていたことでしょう。

餅は餅屋。

サーバーのエラーはサーバー屋に聞くのが一番ですね。

 

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

インターネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いにはまっている。


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる