3分でわかる!WordPressプラグインBackWPupでバックアップを取る方法

Sponsored Link


WordPressのバックアップを「BackWPup」で取っておきたい!

どうも、Linです。背中クッション、気になってます。

 

WordPressのサイトを運営していると気になってくるのがバックアップを取る方法。

いつ、大地震が起きたり地殻変動が勃発したりするかわからない世の中ですからいざという時のためにサイトのバックアップをとっておきたいところですね。

日本のワードプレス界でもはや王道になりつつあるバックアップの取得方法として君臨しているのが、

BackUPupというプラグインでバックアップを取る方法です。

wordpress backwpup バックアップ

今日はこちらのプラグインで実際にバックアップをとってみたのでそのやり方などを忘れないうちにメモしておきました。

なお、執筆にあたりこちらの神記事を参考にさせていただきました。

 

 

WordPressプラグイン「BackWPup」でバックアップを取る前の準備体操

早速、BackWPupを使ってバックアップをとっていきましょう・・・・

と言いたいところですが、丸腰でこのプラグインを使おうとするとよくわからずに骨折する可能性もあるのでまずは準備体操から。

 

準備

まず準備段階としてBackWPupのプラグインをインストールして有効化しておく必要がありますね。

ワードプレスの管理画面から

プラグイン>新規追加

と進んで「BackWPup」と検索してみます。

wordpress backwpup バックアップ

お望みのプラグインが見つかりましたら「今すぐインストール」して有効化しておきましょう。

 

バックアップの流れ

このプラグインでのバックアップ方法は大きく分けると、

  1. ジョブを作成
  2. ジョブを実行(自動または手動)→サーバ内に保存またはクラウド内
  3. バックアップをローカルに保存(PC内または外付けHD)

という流れになってますね。

 

wordpress backwpup バックアップ

 

ここでいうジョブとはプラグインが任されたバックアップの仕事のようなもので、まずジョブを作成して詳細の仕事内容を決めてあげて、あとはプラグインにバックアップを任せるというようになってます。

で、一旦、このジョブが実行されるとサイトが格納されているサーバー、もしくは指定したクラウドサービス内にバックアップファイルが保存されてます。

 

このファイルをしばらくほっておくとサーバーやクラウドの容量がいっぱいになってしまうので、こいつをPCのローカル、もしくは外付けHDなどに保存していくわけですね。だからまあ、ジョブを実行した段階で一応バックアップは取れているわけですが、それを外部を移す作業も必要になってくるのです。

 

 

WordPressプラグインBackWPupでバックアップを自動で取る方法

ってことで、まずは自動でBackWPupを使ってバックアップを取る方法から解説しましょう。

 

まずはジョブを作るところから始めますね。

ジョブを作成してやれば自動、もしくは手動で好きなときにバックアップを取れますよ。

 

Step1.  新規ジョブを追加

まずワードプレス管理画面から

BackWPup>新規ジョブを追加

と進みます。

wordpress backwpup バックアップ

 

Step2. ジョブに名前をつける

作成したジョブに名前をつけてやります。BackWPupの設定画面から「一般」というタブで決めていきますよ。

wordpress backwpup バックアップ

名前のつけ方としては

  • バックアップの頻度
  • バックアップの対象

などを適当に盛り込んでおけばいいでしょう。

どうしても名前が思い浮かばないときはデフォルトの「新規ジョブ」で全ツッパしても構いません。後から名前なんて変えられますからね。

 

Step3. バックアップするものを選ぶ

最初に設定するのはバックアップを取る対象ですね。

  1. データベースのバックアップ
  2. ファイルのバックアップ
  3. WordPressのXMLエクスポート
  4. インストール済みプラグイン一覧
  5. データベーステーブルのチェック

という5つの選択肢が提示されていますが、バックアップに最低限必要なのは、

ファイルとデータベースなので、

  • データベースのバックアップ
  • ファイルのバックアップ
  • インストール済みのプラグイン一覧

の3つにチェックマークを入れておけば十分。

wordpress backwpup バックアップ

もし、

「データベース用のバックアップを取りたい」

「ファイルだけでいいんだ、俺は」

などなどバックアップの対象が明確な方はデータベースのみ、ファイルのみでいいでしょう。

 

 

Step4. バックアップの保存形式

次はどのようなファイル形式でバックアップを保存するかですね。

  • Zip
  • Tar
  • Tar GZip
  • TarBZip2

という4つの選択肢が用意されており、Windowsの方はzip、Macの方はTarBzipでいいみたいです。

データベースのバックアップ ファイルのバックアップ インストール済みのプラグイン一覧

 

Step5. バックアップの保存先

続いて、バックアップをどこにとって保存するのかということを指定します。

  • フォルダーへバックアップ
  • メールでバックアップを送信
  • FTP にバックアップ
  • Dropbox にバックアップ
  • S3 サービスにバックアップ
  • Microsoft Azure にバックアップ (Blob)
  • Rackspace のクラウドファイルにバックアップ
  • SugarSync にバックアップ

という様々な選択肢が用意されていますが、

wordpress backwpup バックアップ

サーバー内に保存したい方は「フォルダーへバックアップ」でいいでしょう。

ぼくは外部のクラウドサービスに保存したかったのでDropboxを選択。アプリとの連携で少々時間がかかりますがそんなに手間なく連携できましたね。

 

Step6. バックアップのログ送信先

バックアップしたら完了のメール入れて欲しいですし、

バックアップ失敗したらそのことに気づかせて欲しいですよね?

 

そんな方はこのフェーズでメールアドレスを登録しておくといいでしょう。BackWPupがせっせとバックアップをとっているプロセスがメールで送られてきます。

wordpress backwpup バックアップ

 

また、

ジョブの実行中にエラーが発生した場合にのみログをメールで送信

という項目にチェックを入れれば、バックアップが失敗したいときにだけアラートしてもらえることも可能です。ってことで、ここでメールアドレスを登録しておくことに越したことはないでしょう。

ここまでで「一般」のタブでの設定は終了ですので設定が完了したら「変更を保存」を押しておきましょう。

 

Step7. バックアップのスケジュール決定

続いて、バックアップのスケジュールを決定していきます。設定画面のタブを「一般」から「スケジュール」に切り替えます。

どれくらいの頻度、何時からバックアップをスタートさせるのかを指定できるわけですね。

wordpress backwpup バックアップ

今回は自動でバックアップを取っていきますので、

WordPressのcron

にチェックを入れて、

  • バックアップの頻度
  • バックアップを実行する時間

を記入していきますよ。

「スケジューラーの種類」で「基本」を選び、

  • タイプ(頻度)
  • 時間

まで細かく設定。

 

wordpress backwpup バックアップ

選択が完了したら「変更を保存」で次にいきましょう。

 

Step8. データベースの保存形式

今度はデータベース関連の設定。タブを「DBバックアップ」に切り替えます。

ここでいじるべくはデータベースの保存形式。

バックファイルの圧縮という項目で

Gzip

にしておきましょう。

wordpress backwpup バックアップ

グッと圧縮してサイズを小さくしてくれる、はず。

 

Step9. バックアップしないファイルを選ぶ

続いて、その隣の「ファイル」タブへ。

ここではバックアップを取らなくていいファイルを選んでいきます。特に希望がなければ初期設定のままで結構でしょう。

バックアップしなくてもいいテーマ、プラグインなどのファイルが現状でわかってましたら指定していきます。

 

Step10. 保存しておくバージョン数を指定

最後のタブ「宛先」。

wordpress backwpup バックアップ

ここでは、

どれくらいのバックアップファイルを蓄えておくか??

を設定できます。

 

具体的にいうと、

何個バックアップファイルが溜まったら古いものを削除するのか?

ということを決定していくわけです。

フォルダー内に保持するファイルの数

がそれに該当する数でありまして、

wordpress backwpup バックアップ

たとえば15としてやれば過去のバックアップデータ数が15になるまでバックアップファイルは削除されずに残るということになりますね。

 

 

WordPressプラグインBackWPupでバックアップを手動で取る方法

次はBackWPupを使って手動でバックアップを取る方法です。

先ほどの自動でバックアップを取る方法の、

  1. ジョブの新規作成
  2. ジョブに名前をつける

までは一緒ですね。

 

Step1.スケジュールを「手動」

ただ今回は「スケジュール」タブで手動を選択。

wordpress backwpup バックアップ

スケジュールを組んで自動でバックアップを取るのではなくあくまでも己の手で、というわけです。

あとの細かい設定は先ほどの自動バージョンと同じ。好きなようにしちゃってください。

 

Step2. ジョブ一覧

続いて、WordPress管理画面から

BackWPup>ジョブ

と進みます。

wordpress backwpup バックアップ

バックアップを手動でとりたいジョブが見つなければなりません。

wordpress backwpup バックアップ

 

Step3.今すぐ実行

ジョブは見つけただけではダメで「今すぐ実行」をクリックして見ます。

wordpress backwpup バックアップ

すると文字通り今すぐジョブが実行されてバックアップがスタートするわけですね。

wordpress backwpup バックアップ

 

 

バックアップしたファイルをローカル・外付けHDに保存する方法

と、ここまでがBackWPupを用いてワードプレスのバックアップを取る方法でした。

この時点で、

  • サーバー内
  • クラウドサービス

など指定した宛先にバックアップのファイルたちが保存されていることになります。

wordpress backwpup バックアップ

がしかし、です。

これらのファイルをサーバーやクラウドに放置するだけでは完全にバックアップを取れていることにはなりません。

こいつらをPCのローカル、あるいは外付けHDに保存してオフラインで保存することで完全にバックアップが完了したと言えますね。

wordpress backwpup バックアップ

ってことで、一度バックアップが完了したファイルたちを外部環境に保存する方法までマスターしておきましょう。

 

Step1. ダウンロードしたいファイルを選ぶ

まずWordPressの管理画面から

BackWPup>バックアップ

と進みます。

wordpress backwpup バックアップ

すると、ここではダウンロード可能なすでにサーバーやクラウドに保存されているファイルが表示されると思います。

 

Step2. ダウンロード

ダウンロードしたいファイルにカーソルを合わせ、ダウンロード。

wordpress backwpup バックアップ

すると、いつも通りファイルのダウンロードが開始されるので保存先をPCのローカル、または外付けHDなどに指定してあげましょう。

wordpress backwpup バックアップ

以上でバックアップファイルをオフラインにもバックアップできたことになりますね。

 

 

がしかし、BackWPupでエラーが発生したよ?!

と、ここまでがBackWPupを用いた

  • 自動でバックアップ取る方法
  • 手動でバックアップ取る方法
  • バックアップファイルを保存する方法

でした。

 

検索で上位の記事を参考にしてバックアップをとって見たので

絶対、バックアップとれたやろうな・・・

と思って実行して見たところ・・・・

 

エラーが発生!

しかも大発生!

 

データベースだけなら大丈夫だったのですが、ワードプレスのファイルたちのバックアップを取ろう等すると次のようなエラーが出てきてしまったのです。

  • エラー: Maximum execution time of 30 seconds exceeded
  • エラー: ステップを中止: 回数が多すぎます!
  • エラー: ジョブは173秒でエラー終了しました。エラーを解決する必要があります。

これらのエラーに対してまたまた解決方法をググりまくって、

  • phpのバージョンアップ
  • php.iniのmaximum excution timeを0にする
  • プラグインを削除したダウンロードし直す

などをやって見たのですが、このエラーたちが消えず大苦戦。最終的に、

「いや、BackWPupはデータベースのバックアップ用に使おうかな・・・」

と諦めることに笑

もしかしたらファイル群のデータ容量が多すぎてこのプラグインではもはやバックアップが取れなくなっているのかもしれません。

 

そこで考えたのがファイル群はtoroccaというGMOのサービスでバックアップをとり、データベースに関してはBackWPupでとる、という体制が最強なのではないかと考えるようになりました。

なぜなら、ちょうどtoroccaはファイルのバックアップが得意でデータベースのバックアップができなかったからです。

>>詳しくは「toroccaでバックアップを取る方法」へ

どのみち、容量が大きいファイル群の保存として外付けHDを用意したり、PCのローカル容量を食わねばならなかったのでtoroccaのようなクラウドサービスに自動でファイル群のみを保存しておくのはありだと思いました。

とはいえ、ちょっとこの両刀使いの体制が機能するかまだわからないので検証して見ます。

BackWPup単体ではバックアップの体制を作りきれなかったのでまだまだ試行錯誤しなければですね。

 

それでは!

Lin

飯橋凛(Ihashi Lin)

インターネット広告代理店を1年半で退職。
その後、副業として活動していたウェブメディア運営のフリーランスへ。
現在はプログラミングの勉強に励み、0からフリーエンジニアの道を目指す。最近はキムチをまとめ買いにはまっている。


Sponsored Link

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる