Adobe月額費用高すぎない?Creative Cloudのサブスクリプション料金を節約する方法




Adobeのサブスクリプション料金高くね?

先日、ブログ運営に必要な固定費をまとめていたら、

Adobeの利用料がやたら高いと気づきました。

 

「Creative Cloudコンプリートプラン」に契約しているので、

月々5,680円 + 税

をAdobeに払い続けていて、消費税10%の世界だと、

税込6,248円

を月額で支払っています。

 

しかも、悲しいことに、Adobeはじわじわと月額料金を値上げしているのです。

Adobe関連費をおさえることが「固定費を節約するカギ」になってくると気づいたのですね。

 

 

Adobeサブスクリプション料金を節約する方法

今日は、Adobeサブスクリプション費用の節約方法をまとめてみました。

 

支払い方法を変更する

まず誰でもできるのが「支払い方法」を変更することです。

こちらの公式ページによると、どのプランに契約しているかにかかわらず、3通りの支払い方法が用意されています。

  1. 月々プラン月々払い
  2. 年間プラン月々払い
  3. 年間プラン一括払い

 

「月々プラン」は月ごとの契約なので、途中で解約しても問題ありません。

一方、「年間プラン」の場合、一年間での契約なので途中解約すると違約金がかかります。ちょうど日本の携帯電話料金プランと一緒ですね。

また、「一括払い」は一年間分まとめて払ってしまう方法です。

 

それぞれの料金(コンプリートプラン)を年間と月額でまとめてみました↓

支払い方法 月額費用(税別) 年間費用(税別)
月々プラン月々払い ¥8,980 ¥107,760
年間プラン月々払い ¥5,680 ¥68,160
年間プラン一括払い ¥5,480 ¥65,760

こうしてみると、やはり

一年分一気に支払う「年間プラン × 一括払い」が最もお得。

同じソフトを使えるプランにもかかわらず、月額費用を安くおさえられ、

月額5,480円(税抜き)

で使えるようです。

 

これならば、同じ年間プランでも、「月々払い」よりもひと月あたり200円セーブできるではありませんか。

1年の12ヶ月でみると、2,400円節約できるのですね。

 

このように支払い方法だけ変えるだけで簡単に節約できるのです。

 

さて、偉そうに解説しているぼく自身はというと、

年間プラン×月々払い

になっていたので、支払い方法を「一括払い」に変更すると誓いました。

 

ソフト数を絞る

契約プラン自体を見直す手もあります。

じつは、Adobeには個人の場合(学生ではない)、次の3つのプランが用意されています。

  1. フォトプラン
  2. 単体ソフトプラン
  3. コンプリートプラン
プラン名 内容 月額料金(年間プラン・月々払いの場合)
フォトプラン PhotoshopとLightroomが使える ¥980
単体プラン Adobeソフト1つだけ使える ¥2,480
コンプリートプラン Adobeソフトを使いたい放題 ¥5,680

最初の「フォトプラン」は、

  • Lightroom
  • Photoshop

の2ソフトが使えるプラン。写真愛好家のために作られたものですね。




「単体プラン」はAdobeのソフトを1つ使えるプラン。

そして、「コンプリートプラン」はすべてのソフトが使い放題になるプランなのです。

 

僕自身、ブログ運営に必要なのはだいたい

  1. Photoshop
  2. Illustrator

の2つ。

たまに動画を編集したりするときに「After Effects」「Premiere」を使う程度です。

そのため、この利用状況でいうと、

「Photoshop」と「Illustrator」の単体プラン2つに契約する手もありと気がつきました。

 

これならば、単体ソフトが2つなので、

2,480 × 2

= 4,960円(税抜き)

と月額料金を抑えられます。

コンプリートプランの「5,680円(税抜き)」よりも

月当たり720円節約

できるではありませんか。

本当に2つのソフトしか使わないのであれば、コンプリートプランはあまりにももったいないです。

 

いや、ちょっと迷いますねー。

本当にWeb制作だけするならば、PhotoshopとIllustratorで十分。

今後、動画制作にもチャレンジしたいならばコンプリートプランでいいでしょう。

 

学生になってしまう

支払い方法や、プランを変更する手段もありますが、やはり何かを我慢しなければ節約できません。

現金の放出タイミングを我慢するのか?ソフトの利用数を制限するのか?

しかも、我慢した割にはガッツリお金をセーブできないではありませんか。

 

しかしながら、Adobeソフト使用料には1つだけ「抜け道」があるのです。

それは、教育版のCreative Cloudコンプリートプランを使う方法ですね。

教育版を使えるのは、

学生もしくは教育機関に所属する方のみ

に限られますが、教育版で使えるソフトは正規版と同じ。

 

プランは若干異なっていて、

  1. フォトプラン
  2. イラストレーター単体
  3. コンプリートプラン

の3つから選べるようになっています。

 

いわゆる「学割価格」になっているので通常版よりも安い安い。

教育版の場合、一括払いにしようが月々払いにしようが料金は変わらないので「月額払い」でいいでしょう。

 

もし、僕が「学生」になったとすると、ひと月あたりのコンプリートプランの料金が

税抜き1,980円

まで落ちるので月額3,500円、年間42,000円の節約になります。

 

Adobeソフト料金節約の観点で言えば、

学生が最強

ですね。

学生とか、教育機関に所属しているクリエイターの方は絶対に「教育版Creative Cloudコンプリートプラン」を利用するといいでしょう。

 

じつは僕自身、中国の大学で中国語を勉強している「学生」の身なので、

もしかしたら学生版使えるんじゃね?

っていう可能性が浮上してきました。

語学留学生でも「学生」に含まれるかわかりませんが、ダメ元で教育版に申請してみようと思います。

それほどまでに、教育版のAdobeの利用プランはお得感がありすぎるのです。

やってみるに越したことはありませんね。Creative Cloudの購入はこちらからどうぞ↓




それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。