海外のアフィリエイト案件は外国為替手数料に注意しよう




 

アフィリエイトはウェブサイトを保持して、誘導リンクを貼り付ければいいだけですから、誰でもできる簡単な作業です。

当然そうなると、日本だけではなく海外のクライアントの商品をプロモーションすることが十分に可能なわけですね。

わたし自身、いけてる海外プロダクトに巡り合ったのを機会に、海外のアフィリエイトにデビュー。

ようやく、かつて仕込んだアフィリエイト案件が実を結び成果が上がり始めました。

 

無事に報酬金額が海外の銀行から日本の銀行に送金されてきたのですが、手元に送られてきた「外国送金・本支店間外貨送金計算書」という書類をみると、

送金手数料が驚くほど差し引かれている

ことが判明。

 

もう、包み隠さず具体的な数値を暴露します。

「5225円」というという僅かな送金金額にもかかわらず、日本の銀行が仲介した結果、

手数料が2612円発生。

わたしの取り分は結果的に、

2613円

に減額されていました。

 

おい!これはいったいぜんたい、どういうこと?

 

手元に送られてきた「外国送金・本支店間外貨送金計算書」をみると、差し引かれた手数料には2種類あると書かれておりました。

  • 被仕向送金手数料
  • 円為替取扱手数料

まず「手数料料金手数料」が1500円。

こちらはどんな金額の送金にもかかわらずかかってしまう基本手数料のようなもの。

 

次の「円為替取扱手数料」は送金金額に応じて変化する手数料。

こちらが「1112円」かかっていました。

某M銀行の公式ページによると「円為替取扱手数料」の計算式は、

送金金額の1/20%(最低2,500円)

と書かれていました。

 

ただ、わたしが受け取るはずだった「5225円」に20分の1%をかけても「1112円」にはなりません。

がしかし、かといって、最低金額の2500円でもないのです。

おかしいなぁ、狂ってる、と思い、説明ページを凝視してみると、米印で小さく次のように書かれていました。

3,000円以上8,000円未満の場合は、送金額 (またはその換算円貨額)の半額から1,500円を差し引いた金額となります。

なるほど。

どうやら「3000円以上8000円未満」の場合、次の計算で円為替取扱手数料を計算するようです。

 

送金額 ÷ 2 – 1500

 

確かにこの計算式に各値をぶち込んでみると、計算結果と実情が合致。

送金額 ÷ 2 – 1500

= 5225 ÷ 2 – 1500

= 1112.5(小数点以下切り捨てで1112円)

残念ながらぴったりと合ってしまいましたね。

 

というかこれ、ちょっと待ってください。

送金金額「3000円以上8000円未満」の場合を一般化してみると、衝撃の事実に気がつきました。

海外から送られてきた振込金額の金額を「X円(3000≦X<8000)」とすると、次のように受け取り金額を計算できます。

送金金額 – 被仕向送金手数料 – 円為替取扱手数料

= X –  1500 –  ( 送金額 ÷ 2 – 1500)

= X – 1500 – ( X ÷ 2 – 1500 )

これを同類項をまとめて整理すると、

$$\frac{2}{X}$$

という衝撃の単項式がでてきました。

これはつまり、振込金額の2分の1、つまり、

50パーセントは「仲介しただけの日本の銀行」に持ってかれることを意味するではありませんか。

 

いやー、これ、キツイですね。

ただでさえ個人アフィリエイト業界がしりすぼみなのに、お前、とりすぎだろ、っていう。

 

がしかし、かといって、報酬金額が8000円以上ならば天国かというとそうではありません。

円為替手数料は最低で「2500円」かかるという条件がありますので、最低基本手数料「1500円」とプラスして、

4000円持ってかれることになります。

 

さて、説明書きにある20分の1%が最低金額の2500円を超えるのはいくらなのか?

ズバリ500万円の送金金額になります。

つまり、アフィリエイトで大成功して報酬で500万円以上が送られてこなければ、どんな金額であろうが「2500円」は仲介の銀行に取られてしまうことになります。

ただ、送金を仲介しただけで、なぜ4000円も取られるのか理解に苦しみますが、もう、しょうがないです。

 

この状況は明らかに耐え難いので、海外アフィリエイトの管理画面から「最低送金基準額」を再設定。

今後、報酬が5万円未満なら送金されないようにしたのです。

「5万円以上」になった場合を想定すると、有無を言わさず4000円の振込手数料を取られますが、ここを泣く泣く飲んで報酬を受け取る事にしました。

5万円のうちの4000円の手数料ならば、送金総額の8パーセントで、50%を持ってからよりはマシですね。

 

今回のように、海外のアフィリエイト案件では報酬の受け取りに、日本の銀行が一枚噛むことで、とんでもなく高額の手数料を持っていかれる場合があります。

その場合、最低振込み金額を高めに設定をしておくと無駄な仲介手数料を削減できるでしょう。

このような事情もあり、海外のアフィリエイト案件で稼ぐのは難易度が高い、と言わざるを得ません。

近い将来、第3者を間にかませない「非中央集権的な送金方法」が普及してほしい、と願う今日このごろなのでした。

 

それでは!

Lin




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。