宅配ロッカーで受け取れる!Amazon Hubの使い方


Amazon Hubロッカーで荷物を受け取ろう

一時帰国中にやっておきたかったのかAmazonでの買い物。

それも、

爆買い

です。Amazon.co.jpでしか売っていない電化製品、超マイナーな書籍を買い溜めておきたかったのです。何せ、国外に住んでしまうと日本のアマゾンを気軽に使えませんからね。

 

がしかし、です。

困ったのは荷物の受け取り場所。

日本の非居住者なのでこれといった拠点がなく、どこで荷物を受け取るか考える必要がありました。

「実家」という最終手段もあったのですが、いちいち実家に受け取りに行かなければならないし、注文しすぎると財政状況を心配されるのが目に見えています。

そこで使ってみたのが

Amazon Hub

という宅配ロッカー。

 

2019年9月から導入された取り組みで、Amazon Hubには、

  1. ロッカー
  2. カウンター(店舗スタッフによる受け渡し)

の2タイプがあるようです。

今回はせっかくなので新宿にあったAmazon Hubの宅配ロッカーを使ってみましたので、体験談を書いておきますね。

 

 

Amazon Hubの使い方

使い方はこんな感じ。

 

受け取り場所を「Amazon Hubロッカー」に

まずは商品を注文時に、

お届け先の住所

をAmazon Hubにしましょう。注文確認画面で、編集へ進むと「Amazon Hub」を検索できるようになります。

 

amazon hub 使い方

 

お近くのAmazon Hubロッカーはこちらから探してみてくださいね。

 

メールを受け取る

無事に商品が発送されてロッカーに到着したとしましょう。

すると、

ご注文商品がAmazon Hub ロッカー – 〇〇で受取可能です

というメールが届きます。

メールには荷物受け取りに必要な情報が書かれていて、

  • 認証キー(6桁数字)
  • 認証バーコード

が記載されています。その他にも

  • 受け取り場所の住所
  • 商品名

なども書いてありました。

どうやら期限までに受け取らないと自動で返品扱いになってしまうみたいですね。要注意です。

 

受け取りにいく

メールを受信したら、荷物を受け取りに行きましょう。

まずロッカーの場所をGoogle Mapを駆使して検索。

 

僕は新宿のロッカーを使ってみましたが、ファミマ内部にありました。

amazon hub 使い方

具体的なポジショニングでいうと、ATMとかコピー機の近く。

 

想像よりも細長くてコンパクトなロッカーでしたね。

このサイズ感ゆえにデカすぎる荷物は入らないかもな、と思った次第です。

 

認証する

あとは認証してロッカーを開けるだけ。

amazon hub 使い方

開ける方法は、

  • 認証キーを手打ち
  • バーコードをスキャン

の2パターン。

amazon hub 使い方

ぼくはせっかくなのでバーコード認証に挑戦してみました。

スクリーンの下に「赤く光るバーコードリーダー」が設置されているので、そちらにメールに記載されているコードをかざしてみましょう。

amazon hub 使い方

すると、2秒ぐらいで認証できますね。

 

荷物を取り出す

あとは荷物を取り出すだけ。

amazon hub 使い方

今回は「PC用のマイク」という割と小型の電化製品を注文したつもりだったのですが、結構大きい段ボールに入っていましたね。

amazon hub 使い方

いやあ、確かに届くまで箱のサイズわかんねえな!

あとはこの箱を担いで持ち帰るだけですね。

 

 

Amazon Hubを使ってみた感想

いや、圧倒的にいい。

Amazonの商品を自宅に運んでもらうより1,000倍ぐらいマシですね。

受け取りの時間指定も必要ありませんし、再配達の苛立ちもありません。

また、女性ならば受け取りの際に怖くないのがいいですね。

 

Amazon Hubの宅配ロッカーを使えば、

ただロッカーに行くだけ

で荷物受け取り完了できますから。

 

以前、日本にいる時は「コンビニ受け取り」をしていて、既に自宅街で荷物を受け取る習慣はありました、Amazon Hubのロッカーならさらに便利です。

なにせ、

誰とも会話せずに荷物を受け取れますからね。

通常のコンビニ受け取りだと、店舗スタッフに荷物を持ってきてもらうためにレジの列に並ばないといけませんし、ついで買いによる損失が発生することもあります。

Amazon Hubの宅配ロッカーは流行る、と言うか普及してほしいですね。物流の会社にとっても、Amazon利用者にとってもウィンウィンのサービスです。

興味がある方はこちらからお近くのAmazon Hubをしてみてくださいね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる