ブログの固定費を見直して数字に強くなろう


数字に弱かった自分におさらば

先日、「フリーランスのための超簡単!青色申告」を読んでいた時に、巻末の方に数字が弱い人の特徴が挙げられていました。

 

  1. 昨年の年収(所得)はいくらでしたか?
  2. 今年の売上目標はいくらですか?
  3. 現時点で、今年の売上目標の達成率は何%ですか?
  4. 自分の時給はいくらになりますか?
  5. 毎月の固定費はいくらですか?
  6. 所得税ほか税金は何%か知っていますか?
  7. 所得税の税率は何%か知っていますか?
  8. 望む生活を送るためには、収入(所得)はいくら必要ですか?

 

フリーランスのための超簡単!青色申告(2019-2020年度版)234ページより

 

残念ながら、僕はこれらの全て問いにハキハキ答えられず、

数字に弱い人だと判定されてしまいました。

 

自分でも分かっていましたが、こうやって具体的に「数字に弱いとはどういうことか?」を指摘されてはっとしました。

今回はその数字に弱い体質を改善するために、5つ目の問いである

毎月の固定費

を一発で答えられるように、ブログを運営するために必要な固定費を洗い出してみることにしたのです。

 

固定費とは、Wikipediaによると、

資本設備を一定としたとき、生産量の変化に関わりなく生じる(一定の)費用

のことで、ブログの固定費といえば、

ブログ運営に欠かせない、毎月必ず出ていってしまうお金のこと

を指します。

今回はこの「ブログ運営の固定費」を徹底的に洗い出してみようではありませんか。

 

 

ブログ運営に必要な3つの固定費

「これさえあればブログを運営できる」という固定費を洗い出してみたところ、次の3つさえ払えればブログ運営できると悟りました。

  1. レンタルサーバー代
  2. ドメイン更新代
  3. Adobeのソフト代

さて、僕はブログを運営する上でそれぞれどれくらい固定費がかかっていたのでしょうか?

 

レンタルサーバー代

まずはレンタルサーバー代ですね。

ブログのアプリケーションファイルを格納する重要な役目を果たしていて、ブログ運営には欠かせない費用ですね。

現在、僕は16のブログを運営してしまっていて、4つのレンタルサーバーをレンタルしていることが判明。

計算してみたところ、

合計9,610円(税込)

かかっていることが判明しました。

 

ドメイン更新料金

お次はドメインですね。

サイトの住所とも呼べる重要な情報で、これがなければ自分のサイトに来てもらう住所がわからなくなってしまいます。

僕自身、現在16のドメインを1年更新で契約していることが判明。

それぞれの年間更新料を調べて合計して、12で割ってみると、

月あたり4,090円(税込)

の更新料がかかっていました。

 

こうやってドメイン料金を洗い出してみると、

ドメインの取得料金と更新料金の開きがあるドメインが多数存在していました。

ドメイン登録する時は安くできたはずなのに、更新するときは高い更新料金を支払うことになっているドメインがちらほら。

ブログを長期ビジネスとして捉え、固定費を抑えるならば、

ドメインを選ぶ時に、登録料金だけではなく、更新料も確認しておけばよかったな、と思いました。

 

Adobeのソフト

僕の場合、ブログは写真や動画など視覚表現を取り混ぜる

テキスト一辺倒とは異なる媒体と思っています。

そうなると欠かせないのがAdobeのソフトウェアたち。

 

現在、僕はAdobeのすべてのソフトを使い放題の「Creative Cloud コンプリートプラン」で月額サブスクリプション契約しています。

調べてみると、

月額6,248円(税込)

かかっていることが判明しました。

一日一回はAdobeソフトにお世話になっていますのでこのAdobeがなければもはやブログは運営できないと言っても過言ではないでしょう。

しかし残念なことに、AdobeのCreative Cloudの月額料金は年々値上げされていて、1年後もまたこの固定費が上がってしまっている可能性もあります。

 

ブログ運営にかかる固定費の合計(月額)

以上、ブログ運営に必要な固定費たちでした。

そのほか、あると便利なサービスでソフトウェアにもお金を払っていますが、ぶっちゃけこれがあれば十分にブログ運営できますね。

  1. レンタルサーバー代: ¥9,610 / 月
  2. ドメイン更新料: ¥4,090 / 月
  3. Adobe Creative  Cloud : ¥6,248 / 月

これら3つの固定費を合計してみると、

月額19,948円(税込)

かかっていることになります。

いやあ、初めてブログの固定費を計算してみましたが、こんなにかかっていたとは・・・・!

ドメイン料金を年間で費用を払っていたのでドメインの月額費用が見えづらくなっていたので整理してみた甲斐がありました。

 

 

ブログの固定費の見直し 節約をしよう

固定費は事業を営む上で必ずかかってしまう費用なので、安くて節約できれば越したことはありませんね。

そのため、今回はこのブログの固定費を洗い出したついでに節約できないかどうか考えてみました。

 

サーバーのプラン支払い方法の見直し

レンタルサーバーに関してはブログを入れる箱なので大事です。

サーバーのスペックやドメイン登録数はケチらず、広々と使いたいところです。

サーバー代で節約できるポイントがあるとしたら、

支払い方法を変えることですね。

 

レンタルサーバーによっては、月額料金をある一定期間まとめて支払うことで月額料金を抑えられます。

月ごとの支払いではなく、1年間、2年間、3年間という年単位の長期間で一気にお金を支払ってしまえば月額費用を節約可能です。

まあその分、キャッシュが一気に出ていっちゃいますけどね。

 

ドメイン更新料の節約

いやーこれも節約が難しいですね。

ドメイン名を変えるとドメイン移管など厄介なタスクが発生しますし、検索エンジンへのインデックスも引き継ぎが難しいです。

そのため、更新料がやすいドメインに変更する、といった施策は避けたいところです。

 

先ほども申しましたが、ブログ解説時に意識すべきだったのが更新料。

登録料金に気を取られすぎて、毎年かかる更新料はチェックしないままドメインを取得していました。

まあ、ブログを始める時点ではどれくらい運営することになるか分からないのでもうしょうがない。。

 

今できる固定費節約の施策があるとすれば、

稼働していない、古いサイトに使っていたドメインを手放す

ということ。

自動更新契約を解除して、年額の更新料を削減することは有効でしょう。

 

あと、ドメインの場合もサーバーと同じように契約期間を長期間にすることで、ひと月当たりの支払いを軽くできるかもしれません。

1年ではなく2年、3年という長期間で支払った場合の料金も調べてみたいと思います。

 

Adobeプランの見直し

あとはAdobeのソフトのプランの見直しですね。

現在は Adobe Creative Cloudコンプリートプランに契約していますが、Adobeにはもう少し別のプランが存在していて、

  1. フォトプラン
  2. 単体プラン
  3. コンプリートプラン

という3つのタイプが用意されています。

 

今、自分が使っているAdobeのソフト状況を洗い直して、

自分に適切なプランなのか?を再検討してみる余地はありますね。

 

僕自身、ブログ運営で頻繁に使っているのが

  1. Photoshop
  2. Illustrator

の2つ。

 

この2つのソフトだけを使うプランに変更することもできます。

単体プランで2つのソフトに契約すればいいですからね。

 

ただ、今後は動画制作もしていきたいのでそ、Photoshop ・ Illustratorに加えて

  1. After Effects
  2. Premiere

もいじりたいので微妙なところです。

 

もしくは、教育版のAdobeクリエイティブクラウドを使用することも節約施策としてありです。

僕自身、いまはは中国で中国語を勉強している「学生」という身分なので、この「学生」をいかして教育版に変更すれば、

月額1,980円(税抜き)

まで落とせそうです。

 

あとはサーバーと同じように支払い方法を一括にし、月額当たりの支払料金を下げる方法も考えられます。

Adobeのサブスクリプション契約で料金が高くて苦戦している方がいるかもしれませんので、別途記事を書いてみたいと思います。

 

 

ここまで固定費を節約する施策を書いてきましたが、実際にどうなったのか?節約できた結果も後々書いていきますね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる