儲けパワーを探ろう!ブログビジネスの限界利益率はいくつ?




限界利益率ってなに??

先日、『「数字」が読めると本当に儲かるんですか?』を読破しました。

経営に役立つ「管理会計」をわかりやすく解説している書籍。

今まで管理会計に触れたことがなかったので、新鮮でためになる本でした。

 

いろんな会計用語が出てきましたが、中でもおもしろかったのが「限界利益率」。

儲けパワーを専門用語で言うと、『限界利益率』と呼びます。さきほど計算した、限界利益額を比率にしたものです

古屋悟司. 「数字」が読めると本当に儲かるんですか? (Japanese Edition) (p.103). Kindle 版.

本の中では「儲けパワー」と呼ばれていて、限界利益率が高いほど儲かるビジネスだ、と言われていたのです。

 

書籍内では、花屋の事例が紹介されています。

花屋が赤字地獄を脱するためにどうすればいいのか?

という経営上の判断を「限界利益率」を使って導き出していたのです。

そこで今回、ブログ事業の限界利益率を計算してみました

 

限界利益率の計算方法

「限界利益率」は次の順で計算します。

 

「固定費」と「変動費」を算出

まずは「固定費」と「変動費」を洗い出しましょう。

今までなんとなく、

  • 固定費 = 「毎月かかる決まってかかる金」
  • 変動費 = 「月によって変化する費用」

と思っていたのですが、管理会計では次のように定義しています。

  • 固定費用=「売れても売れなくてもかかる費用」
  • 変動費=「売るほどかかる費用」

 

例えば、花屋の家賃は固定費ですね。なぜなら、売れても売れなくても家賃はかかりますから。

そして、変動費は「花を包むパッケージの費用」など。

花が売れるほど包装しなければならないので、売れるほど包装紙代はかかります。

このように、売上を増やすとかかるのが「変動費」なのです。

 

それではブログの「変動費」と「固定費」はどうでしょう?

冷静になってみると、ブログの変動費はないことに気がつきます。

なぜなら、広告収入分を増やすためにかかる費用は0だからですね。

 

サーバーやドメインなど、ブログを維持するに必要な費用はすべて「固定費」。

なんせ、広告収入の有無に関係なくかかりますから。

記事を書くための「取材費」なども考えましたが、これも固定費。

取材してもしなくても、広告収入の増減に直接関与しませんよね?

どう考えても、ブログに変動費は存在していなかったのです。

 

限界利益を計算

お次は「限界利益」ですね。

限界利益は

売上 – 変動費

で計算できます。

ブログの変動費はゼロ。

したがって、ブログビジネスの場合、

限界利益 = 売上

になります。

 

限界利益率は?

最後にいよいよ「限界利益率」。

これは

限界利益 ÷ 売上 × 100

で算出できます。

ブログビジネスの場合、「限界利益 = 売上」なので、ブログの限界利益率は100%です。

 

「限界利益率  = 儲かるパワー」とすれば、

ブログは「設けパワー100%」の最強ビジネスではありませんか。

花屋ビジネスの限界利益率が「22.2%」だったので、いかに限界利益率100%のブログビジネスが儲かるのか見えてきます。

 

損益分岐売上高

ついでに、損益分岐売上高も計算しましょう。

こちらは利益がゼロになる売上高。

損益分岐売上高に達すれば、損益がトントンになるということ。

利益0ですが、損失も0。

 

損益分岐売上高は、

固定費 ÷ 限界利益率

で計算できます。

ブログの場合、限界利益率が100パーセントだったので、

損益分岐売上高 = 固定費

です。

 

つまり、固定費分を広告収入で稼げば、利益と損失がトントンになるのです。

ブログの固定費を計算したところ3万円ほどでした。

売上高が3万円未満にならない限り、ブログビジネスから撤退する理由にはなりません。

なんせ、3万円以上の売上があれば「利益は出る」のですから。

 

ブログは限界利益率100%の最強ビジネスだった

こうやって整理すると、リアルの小売ビジネスと比べると、ブログの強さが浮き彫りになります。

昨今、個人ブロガーに逆風が吹いていますが、

固定費さえ稼げれば損益がトントンになるおいしいビジネス。

そして、固定費も高くはありません。

最低限のレベルならば、レンタルサーバーとドメイン費用ぐらいですから。

 

ブログは参入障壁もなければ、実務経験もいりません。

誰でもすぐにチャレンジできるのいいところですね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。