2000記事書いて編み出した!SEO に強いブログタイトルの付け方・決め方11のコツ


SEO に効果があるブログタイトルの付け方・決め方のコツって??

どうも、Linです。剃るために、帰宅です。

 

ブログは誰でも情報発信ができるツールで意志さえあれば誰でもライターになれる時代になりました。

しかし、普段記事を書き慣れていない方が迷ってしまうのが、

ブログ記事のタイトルの付け方

ではないでしょうか。

読者が読みたくなるようなタイトルをつけなければ、まず記事が読まれることはありませんから記事が記事として活躍することもなく死んでいってしまいます。

それゆえ、タイトルというのがものすごくブログの運営において重要になってきますね。

しかも、検索の上位に表示させる SEO の観点からも、このタイトルのつけ方は重要です。

なぜなら、クリックされて読まれるか読まれないかを判断され、実際に読まれて検索意図を満たす記事ならば検索上位に上がってくるはず。

そのため、SEOの観点からもタイトルが重要で、まずクリックされるかどうかが肝になってくるわけです。

 

そこで今日は、ブログのタイトルが思いつかないでむしゃくしゃしている方のために、

ブログタイトルの決め方・つけ方のコツ

をまとめてみました。

 

 

ブログタイトルの決め方・付け方11のコツ

僕はこれでこれまでにおそらく2,000以上の記事を書いてきましたので、その記事をがむしゃらに執筆する中で編み出した独自のタイトルのつけ方をまとめておこうと思います。

 

コツ1. 数字を強引に入れてみる

まずやってみて欲しいのが、

タイトルに数字を入れる

ということです。

多少強引でもいいので、何かしらの数字が入るようにタイトルを設定するように持っていくといいでしょう。

その理由としては、

人々は数字の情報に目を引かれる

という性質があるからです。

数字が入っていると、記事の内容に具体性を感じるので、数字が入っていないタイトルよりも注目されやすいようです。

そのため、まずはなんとしてでもタイトルに数字を入れることができないことを検討し、いけそうなら数字をねじ込んでやりましょう。

 

コツ2. エクスクラメーションマークで勢いをつける

「びっくりマーク(!)」しとして知られるエクスクラメーションマーク。

こいつをうまくブログのタイトルに使ってやりましょう。

 

おすすめなのが

ブログのタイトルの前方でエクスクラメーションマークを使って文に勢いを持たせる

ということです。

博報堂のコピーライターだった佐々木さんの「伝える技術」という本でも「!」を使ってコピーに勢いを持たせる技が紹介されていましたが、これはブログのタイトルも一緒。

!を駆使して勢いを演習してやりましょう。

 

この!を用いて勢いをつけるときにおすすめなのが、

読者のメリットを!で強調してやる

ということ。

例えば、最近検索の上位に上がってきた「ウーバーイーツ」の記事を見てみましょう。

これは「わずか20分で届く」という読者にとってのメリットを、エクスクラメーションマークで強調して勢いをつけ、タイトルに力を与えることを意識してみました。

このように、読者にとってのメリットをエクスクラメーションマークでで強調して勢いをつけてやるのも一つの手ですね。

 

コツ3. かぎかっこで目を引く

エクスクラメーションマークに加えてタイトルの前方でねじ込みたいのが、

カギカッコ

ですね。

ただし、普通のかぎかっこではなく、この重量感あふれる「隅付き括弧」↓

【】

ですね。

こいつをタイトルの前方にねじ込むことで、【】内に入れたキーワードを強調することができ、注目されやすくなるというメリットがあります。

 

僕がよく使ってしまっているのが、

  1. 【決定版】
  2. 【保存版】

の2つ。なんだか中身が相当詰まって記事っぽさがにおってきますよね?これが【】の威力です。

 

あとは、エクスクラメーションマークと同様に、読者のメリットを【】内で強調してやるのもいいです。

例えば、

【所要時間3分】

などですかね。特に、【】で挟んじゃいけないものなんて存在しないので、ガンガン挟み込んでいきましょう。

 

コツ4. サジェストツールで言葉遣いを選ぶ

ブログのタイトルでは言葉遣いの選び方が重要です。

同じ内容を書いた記事でも、その内容を表す言葉というものは複数ありますよね?

その中から読者が検索しそうで思い浮かべた 適切なキーワードを選んでやる必要があるのです。

その時に使えるのが、

サジェストキーワードツール

というもの。

これは検索エンジンで表示されるサジェストキーワードを自動抽出してくれるツールで、代表格でいうとgood keywordsなんてものがありますね。

このサジェストキーワードツールを使ってやると、あるキーワードに対する適切な言葉遣いをいとも簡単にあぶりだすことができます。

 

例えばこの記事の例ですと、「ブログのタイトル」についての記事を書きたいなと思ったとします。

そしたら一旦、このサジェストツールのグッドキーワードに「ブログ タイトル」と打ち込んでみます。

ブログ タイトル 決め方 付け方

すると、ブログタイトルについて検索者が知りたいと思っているキーワードがわんさか出てきますので、その中から適切なキーワードを選んでやりましょう。

このブログのタイトルの例ですと、最も頻繁に検索されていたのは「ブログ タイトル 付け方」あとは「決め方」。

 

そのため、このブログタイトルについての記事は

「ブログタイトルが思いつかないで腐っているブロガー」

をターゲットに「ブログ タイトル つけ方 決め方 SEO  思いつかない」というキーワードで記事を書くことにしました。

その読者が使っているキーワードたちをブログのタイトルに自然に盛り込んであげる。そして、記事中でもその言葉遣いでなるべく書くようにする。

「言葉遣いはサジェストツールに身を委ねるぜ」

という方針でブログのタイトルを決めてやると、 SEO に強いブログ記事が完成すると思います。

 

コツ5. 最新アピール

昨今顕著になってきたのが、「新しさ」という要素が重視されるようになってきたというところですね。

新しければ新しい記事ほど関心が持たれ、古ければ古いほど捨てられていく傾向が強くなってきました。

それにはやはり、記事を書く書き手が増えてきたということと、あとは企業ぐるみでウェブメディア事業に参入する事例が増えてきたということがありますね。

 

 

そのため、検索結果に並ぶ記事たちも「新しさ」というフレッシュさが求められる傾向があるのです。

そのため、ブログタイトルでもこの最新性をアピールしてやるべきですね。

この「最新アピール」というものは全然難しいことはなく、

今の西暦+年度版

というキーワードをタイトルのを前方にぶち込んでやるだけでオッケーです。

これを3つ目のコツの【】とコラボさせれば、

【2019年度版】

というような感じで、強力な最新アピールキーワードタイトルに挿入することができますね。

見た目からして真新しさしか感じませんもん。

 

コツ6. 思いつかなかったら「〇分でわかる!」

書きたい記事が決まってキーワードも明確になってきまきても、

「もうほんと、タイトルが思い浮かばない・・・」

という困った時があると思います。

そういう時はギブアップするのもありです。

ひたとびギブアップしましたら、

〇分でわかる!+キーワード

というタイトルにしてみましょう。3分でわかる!でもいいですし、5分でもわかる!でもいいです。

どの記事にも普遍的に当てはまる「すぐにわかる」というメリットを、タイトルの冒頭で強調。しかも、具体的な数字で、です。

例えばこの記事だったら、

3分でわかる!ブログタイトルのつけ方

というのが苦肉の策になるでしょう笑

経験上このタイトルでタイトルをつけた記事が結構上位に来ていますので、割とみんなすぐにわかりたいんでしょうね笑

 

コツ7. ライバルと被らない大切さ

また記事を書く前に、上位表示を狙うキーワードでの検索結果を確認する方もいると思います。

そんな時は、

検索結果と被らないようなタイトルをつけることをおすすめします。

やはり読者の方は、検索エンジンで検索して、その中から読みたい記事を探すと思うのですが、他の記事と同じようなタイトルをつけてしまうと、あえて自分の記事が選ばれる呼ばれる理由がなくなってしまいます。

被らない独自のタイトルのつけ方こそ最大のSEO対策となるでしょう。

例えば、この記事が狙う「ブログ タイトル 付け方」というキーワードでの検索結果を見てみると、

 

ブログ タイトル 決め方 付け方

 

うん。なるほどね。

多分被ってないと思う!

 

 

コツ8. あとで変えればいいや、という軽い気持ちで

ブログの記事のタイトルは確かに重要です。

読むか読まないか決める判断材料となるからですね。

 

ただし、個人的に、ブログのタイトルでそんなに悩まなくてもいいと思います。

まあ、あとで変えればいっか〜

ぐらいの軽い気持ちで一旦ブログタイトルを設定してみるといいでしょう。

そして、しばらく時を置いて、新しいタイトルが思いついたらそれに変更する、というような柔軟性のあるスタイルでいいと思います。

タイトルを変更すると、 SEO に影響があると懸念される方もいるかもしれませんが、経験上そんなに影響はありません。

 

それよりも重要なのは、タイトルを見てクリックして読んでくれるか、ということ。

さらに、読まれた上で、ちゃんと記事を読んでくれて長時間滞在してくれて、さらにそれで検索するという行動が終わるということ。

これが最も検索上位表示に重要なので、そんなにタイトル変更で浮き沈みはありませんね。

紙媒体とは異なり、すぐにタイトルを変更できるのがウェブメディアの強みでもあります。

 

コツ9. 漢字・数字・ひらがな・カタカナ・英語のバランスを整える

これは日本語に特有の特徴なのですが、

  1. 漢字
  2. 数字
  3. ひらがな
  4. カタカナ
  5. 英語

という5つの要素のバランスを整えながらタイトルを作るといいでしょう。

カタカナばかりのタイトルだとちょっと読みづらいですし、逆にひらがなばかりだとちょっと幼稚すぎるような印象があります。

そのため、日本語の表記の5つの要素である「漢字」「数字」「ひらがな」「カタカナ」「英語」というバランスをちょうどいいように、どれもが同じぐらい含まれるようにタイトルを調整してやるといいでしょう。

漢字にするかしないか?

カタカナにするか英語にするか?

といった微妙な表記の違いを選ぶ時に参考にするといいですね。

 

コツ10. All in One SEO で検索結果を確認

ブログのタイトルがどのように検索結果に出るのか?

というデモ画面をみてタイトルがイケてるかどうかを確認するといいでしょう。

確認方法はいろいろあると思いますが、僕は個人的に WordPress のAll in One SEOというプラグインのプラグインで確認するようにしています。

このプラグインをインストールして有効化しておくと、記事の編集モードの下に「スニペットのプレビュー」が表示されると思います。

 

ブログ タイトル 決め方 付け方

 

ここでは検索結果に出た時にどのようにタイトルが見えるのか?

が表示されています。

こいつを確認してブログ記事のタイトルのイケてる具合を最終チェックしてやるといいでしょう。

 

コツ11. ネガティブキーワードが強い

これは最近のトレンドなんですが、やはりネガティブキーワードが強いような気がします。

例えば、何かのサービスの口コミ情報だったら、

〇〇は最悪!やめたほうがいい!

など、検索ユーザーが思わずぎょっとして気になってしまうタイトルが上位に上がってきているような傾向があると思います。

 

しかしながら、このようなネガティブキーワードは諸刃の剣。

ネガティブキーワードは確かに上位表示を狙えるかもしれませんが、こればかりの記事ブログを作ってしまうと、ブログ全体がネガティブになってしまいます。

また、このネガティブキーワードを悪用した釣堀のような記事を作ってしまうと、運営者に対する信頼も失われてしまいます。

そのため、あえて大衆に迎合せずに反対意見を表明したい時にのみ、伝家の宝刀ネガティブキーワードを使ってみるといいと思います。

やはり正直に書くのが一番ですからね。

 

 

思いつかなくてもブログタイトルは一旦決めて公開しよう

以上がブログのタイトルのつけ方・決め方のコツでした。

これまでの生涯で2,000ぐらいのブログの記事を書いてきて、だいたいこの11個のコツにブログのタイトルのつけ方が集約されているんだと思っています。

タイトルが思いつかない時は暫定のタイトルでもいいので、

一旦決めてしまって公開してしまうというのがいいでしょう。

紙媒体ではないのでタイトルなんていくらでも変えられます。

それがブログをはじめとするウェブメディアの強みですから、そんなに悩むことはないです。

これらのブログのタイトルの決め方のコツを使ってガンガンブログ書いていきましょう。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる