ブロガーは高スペックPCを導入すべき4つの理由


ブロガーのパソコンは低スペックでOK?

どうも、Linです。けつ、きてます。

 

ブロガーといえば、ネット上に文章を発している人々ですよね?

ブロガーになるためにはぶっちゃけ簡単で、

文字を打てるパソコン

さえあればいいのです。

 

ブロガーが必要なのは「文字を書く機能」のみなので、

ブロガーには高スペックなPCはいらない

とさえ言われています。

現に、電化製品屋の店員さんに

「ブログ書きたいんですがどのパソコンがいいっすかね?」

と相談してみると、

「あーそれならこれぐらいのスペックで十分ですね」

と低スペックのパソコンをすすめられますからね。

 

僕自身、これまでスペックにはこだわらず、低スペックというか、中スペックのパソコンで妥協してきた身です。

しかし、今回、PCを買い替えるタイミングで、

まさかの逆張り。

くそ高スペックのパソコンを導入してみたのです。

最新のMacBook Proのカスタマイズをすべて最強にしたので、MacBookの中で最強の筐体。

値段もそれなりにしてしましたが、この決断は間違ってなかったと思います。

 

 

なぜブロガーは高スペックPCを導入すべきなのか?

導入から2ヶ月ぐらいたちますが、その経験から、

なぜブロガーが高スペックなパソコンを導入すべきなのか?

を書いてみました。

 

ページの読み込み速度がパワーアップする

高スペックのパソコンを導入してから、

ページの読み込みが速くなりました。

ウェブページをブラウザで読み込む時は、自分のパソコンからサーバーにリクエストを飛ばし、サーバーからレスポンスが返ってきてぺージが表示されますよね。

リクエストとレスポンスの速度は回線速度やサーバーのスペックによります。

しかし、レスポンスを受けてからページを表示する速度はPCのスペックによると思います。

僕自身、高スペックのMacBook Proを使い始めてから、レスポンスを受け取ってからの表示速度が早くなり、

ページ読み込み中・・・・すっ、すすす

と、速度が圧倒的に改善されました。

 

WordPressの読み込み速度が早くなり、サクサク作業できるようになりました。

1ページあたり(前PCより)0.5秒ぐらい早くなっている感覚があるので、

10ページめくれば5秒、100ページめくれば50秒節約できています。

長い目で見てみるとブロガーはページをたくさんめくるので、日々のページをめくる速度は重要です。

 

画像編集ソフトの立ち上げが高速化

ブログに画像を挿入したい時は、アドビのPhotoshopやIllustratorなどが欠かせませんよね。

僕自身、PhotoshopとIllustratorには日々お世話になっている身です。

 

じつは、そう、御察しの通り、

画像編集ソフトの立ち上げが圧倒的に早くなったのです。

 

まるで気軽にウェブブラウザーを立ち上げたがごとく、

スーーーーーーふっ

と、瞬時にPhotoshopやIllustratorを起動できるのでストレス0。素晴らしいです。

Image from Gyazo

もちろん、立ち上げ速度だけでなく、ソフトの動作も速くなっており、画像を加工するスピードが上がりました。

ビジュアル系ブロガーは、高スペックPCをおすすめします。

 

記事のネタにもなる

ブロガーが高スペックのPCを導入することは、

「ブロガーなんて低スペックのパソコンで十分」

という世間の流れに逆行することになるので、それだけで記事のネタになります。

 

この記事はまさにそれ。

「ブロガーは高スペックのパソコンを使うべし」という記事はスペックに妥協していたら誕生しなかったでしょう。

逆張りはネタを産む、とはこのこと。

 

色々な創作にチャレンジできるようになる

また、高スペックなパソコンを導入すると、色々なソフトを使えます。

パソコンを使った仕事の広がりにより、

ブログ以外の創作にもチャレンジできるでしょう。

例えば、動画編集や、ゲームエンジンを使ったゲーム制作、DTMソフトで作曲したりなどなど。

 

個人的に良かったのが、MacBookプロのストレージを最強の4TBにしたことですね。

前のPCはストレージが256GBだったので、ストレージを10GBぐらい食ってしまうDTMソフト気軽にインストールできませんでした。

いまではストレージが4TBあるので、クソ重いDTMソフトもダウンロードでき、ストレージ不足で妥協しなくなりました。

表現の幅を広げたい方には高スペックPCはオススメですね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる