【口コミ・評判】最強の校閲・推敲ツール!文賢を6ヶ月使ってみた感想




1人で文章を書いてると誰もチェックしてくれん・・・

1人でブログを運営していると、文章の誤りを誰にも指摘されません(いや、たまに批判してくれる人いるんですけどね笑)。

文章の誤りを指摘してくれたり(校閲)、もっと読みやすい表現を提案してくれたり(推敲)してくれる人はいません。

そのためあってか、文章力が向上せず、間違いにも気づかないという二重苦でブログ運営を継続してしまう可能性があります。

しかも、音声入力で文章を書くと、さらに間違いが増える傾向にあるので余計に困ったもんです。

そこで導入してみたのが文章作成アドバイスツール【文賢】です。

今日はこちらの校閲・推敲ツールを6ヶ月以上使ってきましたので、その使い方から感想まで書いておきますね。

 

文賢(ぶんけん)とはどんなツールなのか??

文賢とは、

主に文章を「校閲」「推敲」してくれる文章作成ツールです。

運営会社は、Webマーケターボーンでおなじみの株式会社ウェブライダーさんですね。

ウェブライティングで飯を食っている会社が提供しているのは心強いですね。

 

利用料金は??

利用料金は次のようになっています。

初期費用 ¥10,800
月額料金 ¥1,980

※ 税抜価格。1ライセンス当たり

 

若干初期費用が高いので導入するハードルが高いと言えます。

しかも、「お試し」もないので、正直言って、僕自身も導入する時に躊躇しましたよ。

 

僕もこの料金体系には若干不服だったので、

「くそみたいなツールだったらすぐに辞めてやろう」

と思って始めたのですが、

これが割と良い。

そのまま使い続けて今まで半年ほど使い続けちゃってますね。

ブログ運営を続けていく限りこのツールも使い続けていく予定です。

 

校閲・推敲ツール「文賢」の使い方

文賢の使い方はいたって簡単です。


シンプルにいうと、

入力エリアにチェックしたい文章をコピーアンドペーストするだけ。

すると、そのすぐ隣の右側に校閲・推敲箇所がダーッと出てくるようになっています。
Image from Gyazo

 

校閲支援(間違ってるから直そうぜ)

まずは校閲機能ですね。左メニューの「校閲支援」をクリックすると表示されますよ。
Image from Gyazo
ここでは、日本語の文章的に間違っている箇所を指摘してくれます。

「なおしたほうがいいよ」

っていうよりは、

「間違ってるからはよなおせ」

っていう提案ですね。

100%間違っている箇所(たまに文賢の勘違いもある)を指摘す流ことになるので、指摘数は、次に紹介する「推敲」よりも少ないです。

 

 

推敲支援(こうしたほうがいいんじゃない?)

続いては推敲ですね。

左メニューの「推敲支援」をクリックすると、推敲箇所が表示されます。

Image from Gyazo

推敲は、文章をより良くするための提案なので、改変はマストじゃないです。

あくまでも、

「こうやったらもっと文章がよくなるんじゃない?」

っていう提案なので、自分のポリシーに反しているなら却下してもいいのです。

そのためか、先程の「校閲支援」よりは該当箇所が多くなる傾向にあります。

 

右側に表示された推敲箇所の番号をクリックすると、その番号に該当する文章が自動で表示されるようになっていて、どこの文章を直した方がもっと良くなるのか瞬時に確認できるようになっています。

 

漢字の使用率もわかる

また、文章における「漢字の使用率」もあらわになります。

文章中にどれぐらい漢字が使われているのかを100分率で表してくれるのですね。

文賢の基準では、

19%以下だと文章が平易すぎて、40%以上だと文章が固すぎる

という判定に。

 

僕は大体20%前後になっていて、英語やカタカナが多い文章だと19%を下回ることもあります。

文章を書いていると、なかなか自分の文章の漢字率はわかりませんよね。

客観的にどれぐらい文章が固くなっているのかを指摘してもらえるのは、一人で文章を書いている者にとってありがたいです。

 

文章の表示方法を切り替えられる

また、ウェブで読まれる文章はユーザーの環境によって表示方法が異なりますよね。

例えば、スマホ・タブレット・パソコンなど、閲覧環境が異なってくるので、ユーザーごとに文章の表示方法が違います。

 

そこで、この文賢では、

「表示幅」と「書体」を変えて文章を確認できるようになっています。

表示幅は、

  • スマホ
  • タブレット
  • フリーサイズ
  • パソコン

の4種類で、
Image from Gyazo
書体は

  1. 明朝
  2. ゴシック

の2種類を切り替えられます。
Image from Gyazo
ブラウザ、OSによって書体が異なるケースもあるので、心配な方はフォントまでチェックしておくといいでしょう。

 

加筆修正

これらの指摘箇所を元に、オリジナル文章を加筆修正していきます。

ぼくは指摘箇所があった文をコピーして、WordPressの編集画面で「コントロール+F」のページ内検索をして誤りに飛んで修正するようにしてますね。
Image from Gyazo
今まで文章は1人で完結していましたが、文賢というツールを使うことで、神のような「スーパーナチュラルな存在」に文章をチェックしてもらっている気がします。

 

 

校閲・推敲ツール「文賢」の口コミ・評判

最後に文賢を使ってみた感想を書いておきます。

 

修正箇所の表示が速い

文賢はWebツールで、ブラウザ上で使えるソフト。

JavaScriptを使用しているためなのか、文章を入力したらそく、校閲・推敲の提案がページに表示されるのです。

ページを更新せずとも表示してくれるので、速い速い。
Image from Gyazo
わりと瞬時に校閲・推敲箇所が出てくるので、ページをいちいち更新せずにストレスフリーでチェックできるのがいいですね。

 

推敲機能がすごい

僕的には文賢の機能の中で「推敲機能」が一番気に入っています。

「推敲」とは先程も申しましたように、

「こうやったら文章がやくなるぜ?」

という提案なのですが、その提案がえげつないというかしっかりしているのが文賢の強み。
Image from Gyazo
今まで気づかなかった読みにくい文章の癖を指摘してもらえてすごく参考になっています。

具体例を挙げると、

  • 同じ助詞の連続使用
  • 二重否定
  • 同じ文末の繰り返し
  • 読点がない50文字以上の文
  • 〜することができるなどの冗長な表現

とかですね。文法的には間違ってないけど、読みにくい箇所を指摘してもらえるのです。

 

自分が進化する

文章を公開するごとに文賢にかけていると、

自然と文賢の思考が身につく覚があります。

文賢にチェックしてもらう前の段階で、

文賢に推敲の提案がされるだろう表現を控えるようになりました。

「あいつだったらここ指摘するだろうな・・・」

みたいな感じ。

その結果、文賢を使うことで自分が成長しているような感覚がありますね。

 

これはヒカルの碁で例えるならば、ヒカルsaiの代わりに碁を打っていたら、ヒカル自身が進化した現象と同じ。

「あいつならこう打つかも・・・」

という勘が働くように、ヒカルの中にsaiが宿ったシーンは記憶に新しいです。

佐為が消えてしまった後も、ヒカルは自分の碁の中に佐為を見つける感動的なシーンもありましたね?


それと同じで、おそらく文賢の利用をやめたとしても、

自分の文章の中に文賢がいる

ような状態になるのです。

文賢から学んだ文章術は脳内にこびりついていて、いわばなスキルを習得したような現象が起きています。

 

絶えずアップデートをしていく

文賢はWebツールなので、日々アップデートしていく生き物のようです。

しかも、ブラウザで使うツールなので、改良された最新の文賢を何もせずとも使えてしまいます。

僕らユーザーはダウロードしてバージョンアップせずとも、いつも通り文賢を使えば、常に最新版のソフトを使い続けられるのですね。

例えば、2020年3月17日には

・閉じる、ひらく、カタカナ、フリールール、自分ルールの「補足」の登録文字数の上限を200文字から500文字に変更
・文章表現の「補足」と「使用例」の登録文字数の上限を100文字から500文字に変更

というアップデートがありましたね。

 

ソフトウェアではないので、ダウンロードの必要もアップデートの必要もありません。

どんどん文賢が賢くなっていて、それを使う自分も賢くなっていく、という正のスパイラルが生まれているとも言えるでしょう。

まるで文賢は進化し続ける生物のようです。

 

料金はちょっと高いかなぁ

デメリットを挙げるとすれば、料金の高さですね。

初期費用 ¥10,800
月額料金 ¥1,980

※ 税抜価格。1ライセンス当たり

 

まず初期費用が高くて参入障壁があります。

月額費用も安くありません。

僕はすぐに辞める予定でしたが、想定したよりも使いやすく、僕自身も進化している気がしているので、気が付いたら半年以上を使い続けています。

気になる方は1度契約してみて、気に入らなかったら即解約する気持ちで利用してみるのがいいかもしれませんね。

 

 

さあ、文賢を使って自らも進化していこう

以上、文賢のレビューでした。

文賢は使い方もシンプルで、使っているうちに自分の思考も変化してくる師範のようなWebツール。

初期費用は高くて、お試しもないので始めるには勇気がいりますが、世の中のすべては「百聞は一見にしかず」。

僕と同じように、1人で文章を書いている方は文章作成アドバイスツール【文賢】を試してみてください。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。