六本木駅から徒歩3分!文喫で2時間作業してみた感想




 

前々から気になっていたのが六本木にある「文喫」という施設です。

こちらは以前六本木にあった「青山ブックセンター」という本屋の跡地にできた新しいスタイルの本屋です。

漫画喫茶のように入場料金を払い、そこに置いてある本を読めるシステムになっています。

いわば満喫のビジネス版のようなサービス。

そして文喫では、本自体を気に入ったら買えるようになってるんですね。

 

六本木の文喫で2時間作業してみた感想

先日、六本木に行った際、前々から行ってみたかった文喫に行ってみました。

このスペースには本が所蔵されているだけでなく、勉強や仕事ができるスペースもあるのです。

ってことで、この文喫で2時間ほど作業してきましたので、今日はその感想を書いておきます。

 

混んでいる

際立っていたのが圧倒的な人口密度。

平日の15時頃に現地入りしたのですが、座る場所がほぼないほど混雑しておりました。

このスペースでは、

  • 喫茶室
  • 閲覧室
  • 研究室

の3スペースで仕事や勉強ができるんですが、かろうじて「喫茶室」という喫茶店のようなスペースに1つ席を見つけられました。

これほど人口密度が多いコワーキングスペースは久しぶりで驚きを隠せませんが、もしかしたら六本木のコワーキングスペースが不足しているのか、もしくはデスクワーク人口が六本木には多いのかもしれません。

 

長時間利用向け

それでは、なぜこんなに混んでいたのでしょうか?

その理由の1つに利用料金プランが「1日利用しかない」ことが挙げられます。

税抜き1500円を払えば、営業時間の午前9〜夜9時まで12時間使えます。

それゆえ、1時間や2時間でさくっと離脱する方が少ないんじゃないですかね。

 

本を読める

なぜ人々は長時間、このスペースにい続けられるのでしょうか?

それはずばり「本があるから」に他なりません。

文喫に置いてある本は読み放題で、むしろ気に入ったら購入できます。

本好きならば、いくらでもこのスペースで時間を潰せますね。

 

椅子は硬い

が、しかしです。

僕が利用した喫茶室の椅子はそこまで快適なものではなく、硬い木の椅子でした。

ただ、スペースごとに椅子の質は異なるようで「閲覧室」の椅子は回転するふかふかの椅子のようです。

どの席を確保できるかによって、椅子の質が大きく変化するでしょう。

 

Wi-Fiはあるけど、電源はないこともある

スペース全体にWi-Fiの電波が飛んでいるので、インターネットを楽しめます。

Wi-Fiのパスワードは入場時に配布されるバッジについていますよ。

一方、電源に関してはあるところとないところがあり、僕が確保できた椅子は電源がありませんでした。

むしろ、電源付きの場所は人気のため、すぐ埋まってしまう可能性が高いです。

電源を補給しながら作業したい場合、早めに現地入りして場所を取っておきましょう。

 

フリードリンクもある

そして、このスペースにはフリードリンクもあります。

「喫茶室」と呼ばれる受付で、

  • 珈琲
  • 煎茶

をホットorアイスで注文できるのです。

利用時間中ならば、何杯でも飲めます。

それ以外のドリンク・フードも販売されていますが、もちろん有料です。

時に応じて購入してみてください。

 

BGMも良い

このスペースで仕事を始めたところ、驚くべきほど集中できました。

その理由の1つに「BGMが良かったこと」が挙げられます。

カフェのような不思議なミュージックが適音量で流れていました。

イヤホンで耳をふさがずとも快適に作業できるでしょう。

 

静かで集中しやすい

そして、もうひとつ集中しやすかった理由に、静かな環境だったことがあります。

一応、本屋であり、本棚の本を読むという用途がメインなので、図書館のような静かな空間が広がっています。

利用者の方々も、本を読んだり、勉強したりなど、私語をせず過ごす方が多かったです。

 

定額プランもある

そして、このスペースには、月額使い放題サービスも用意されています。

その名も、

「文喫定期券」です。

こちらは月額料金1万円(税別)で、平日の9時から22時まで文喫が使い放題になるサービスです。

通常の料金は1日税抜き1500円ですから、単純計算で1ヶ月7回以上利用するならば、月額プランの文喫定期券をを利用した方がお得なんですね。

平日の利用者も多かったことの理由の1つに、この平日限定の使い放題の文喫定期券のプランがあることも1つの要因だと思います。

 

駅からのアクセスも抜群

そして、文喫のアクセスはすこぶる良いです。

六本木駅からものすごく近く、駅から徒歩5分以内で到着できるでしょう。

六本木駅周辺で作業スペースを探している方にオススメです

 

さあ、文喫で作業してみよう

以上です。本好きの者としては好きな空間でした。

ただ、想像以上に混雑していたため、もう一回行こうとは思いません。

経験として利用してみたのは正解で、本との新しい出会いの可能性を感じました。

購入を前提とした本屋ではなく、仕事や勉強のすぐそばに本棚があって、気になったら手に取って読んで、それが欲しくなったら購入する、という購入プロセスです。

そして、書籍のラインナップも独特で、なんというか、知的なんですよね。知的好奇心を刺激されるというか、思わず手にとってしまう本ばかりでした。

 

この文喫に未来の本屋像をみたのは僕だけではないはず。

ぜひ一度足を運んで利用してみてくださいね。

 

それでは!

Lin




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。