なぜ都会暮らしは疲れるのか?【意思決定数を節約せよ】




 

最近、ホテル暮らしが続いており、都市と地方を出たり入ったりする生活をしています。

そんな家を持たないホテル生活始めてから1つ、気づいたことがあるんです。

それは、

都会生活が疲れる理由です。

東京や大阪などの都市部に出てくると、地方で伸び伸びと心が晴れていたのに、どこか都会で生活すると消耗してしまう自分がいました。

その本質的な理由を考えてみたところ、ずばり、

細かい意思決定が増える説

が浮上してきました。

 

その原因は「人口密度の高さ」によるもので、つまり、一平方メートルあたりの人口が多いからこそ、都会の暮らしでは意思決定が無駄に増えてしまっていることに気づいたんです。

人口密度が高いと、人とすれ違う頻度も相乗して高くなります。

「人」という障害物を避ける場面が非常に多いんですね。

例えば、自分がまっすぐ歩いていると、正面から同じ方向ルート歩いている他人が出てきたとします。

 

 

この場合、何もせずにまっすぐ歩き続けるとぶつかってしまいますので、

  • ルートを変更する
  • マイルートを譲ってもらう

のどちらかにするか、という意思決定が生じます。

この意思決定をする際には、

相手がど左か右のどちらに行きそうなのか?

を「靴の向き」や歩行速度、歩行加速度などの細かい動きを観察し、最終的にぶつかる前に自分の方向ルートを確定しなければなりません。

この「人とぶつからないための意思決定」は本質的には何も生まない無駄なものであって、何の役にも立ちません。

ぶつからないで歩けることぐらいですよね。

 

そして、この無駄な意思決定が都会で生活していると実に多いのです。

1日に1回だけではありません。

それこそ繁華街をぶらつけば、10秒に1回、いや、5秒に一度、いやいや、2秒間隔で「人を避けるための意思決定」が生じるではありませんか。

 

それではなぜ意思決定が増えると人は疲れてしまうのでしょうか?

その答えは『シリコンバレー式超ライフハック』という書籍で、

意思決定疲れ(decision fatigue)

という言葉で説明されていました。

エネルギーの超過引き出しをしたら、ACCはうまく反応しなくなり、意志力は枯渇する。悪い意思決定をしてしまうのはそんなときだ。この現象は「決定疲れ」と呼ばれている。決定の回数が多くなるほど判断力が低下することを意味する言葉だ。

デイヴ・アスプリー. シリコンバレー式超ライフハック (Japanese Edition) (Kindle の位置No.498-501). Kindle 版.

莫大なエネルギーを消費する人間の脳の中でも、前帯状皮質(ACC)と呼ばれる人間のこめかみの部分に位置する脳のパーツが、意思決定を下す時にエネルギーを消費します。

 

意思決定を重ねるごとにこの脳の部位(ACC)がエネルギーを消費していくんですね。

そして、意思決定回数が多くなると、脳にエネルギーが足りなくなり、意思決定の質が徐々に落ちていってしまいます。

これが「意思決定疲れ」というものです。

 

実にこの意思決定の特性は多くの商業施設で利用されており、例えば、スーパーやコンビニ。

なぜレジ前にキャンディーやガム、ファミチキが置いてあるのか?

その理由は、この意思決定疲れを利用しているからです。

店内で商品を選ぶときに細かい意思決定をおこなっていますから、その後にレジ前の細かい商品を置いておけば、決定疲れをした消費者が愚かな意思決定をして買ってくれる可能性が高くなるからです。

 

ちょっと話題が脱線しましたが、それゆえ、

都会での生活は人口密度の高さによる人を避ける意思決定が秒刻みで発生しているのが疲れる原因だと思われます。

都会で生活している限り、人を避ける人意思決定は生じてしまいます。

都会生活者のすべてがこの疲れを感じるため、都市全体の人々が疲れているように見えるのかもしれません。

 

それではどうやって、都会生活者出会っても「意思決定数」をおさえられるのでしょうか?

『シリコンバレー式超ライフハック』では、有限の意思決定力を温存するためのコツも紹介されていました。

その1つが「カプセルワードローブ」というもの。

あなたも同じような服装のバリエーションを確立すれば、毎日何を着るかで悩まなくてよくなる。これは小さな意思決定のようだが、有意義なことに使える脳エネルギーをたくさん節約してくれる。女性より男性のほうが簡単ではあるだろうが、男女とも、スティーブ・ジョブズとまではいかなくても、カプセル・ワードローブ〔ミニマリストが提唱する、最低限のアイテムに限定したワードローブ〕を持つことはできる。

デイヴ・アスプリー. シリコンバレー式超ライフハック (Japanese Edition) (Kindle の位置No.538-543). Kindle 版.

ズバリ、毎日服を着るものを決めておいて、だいたい同じ服を着る戦略です。

服を選ぶ意思決定数を節約できるので、より有益なことに意思決定を温存できるのです。

スティーブ・ジョブズ、夜マックザッカーバーグがほぼ同じ服を着て生活しているのは意思決定数の節約の効果があったのですね。

 

これは僕も本能的におこなっていたことで、数年前からファッションを固定するようにしています。

  • 下は黒ズボン
  • 靴は黒

と、下半身のコーディネートを断固として固定するスタイルを、かれこれ3年ぐらい継続してしまっています。

 

このように下半身を固めておけば、後は上半身に羽織るものを選ぶだけですから、服選びの意思決定数を毎日半分節約できるわけです。

今後はファッションの意思決定だけではなく、生活する場所を選ぶ際にも、

いかに意思決定数を少なくするのか?

も1つの判断基準としたいと思った次第です。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。