コスパ最強!1000円台の激安ロボット掃除機を導入してみた




掃除をロボットに任せてみよう

どうも、Linです。ハム、2連続です。

 

僕は掃除が大の苦手というか、嫌いです。

衛生基準は低く、気づいたらゴミに埋もれている性質を持っています。

ただこれだと、健康に良くないですしモテませんので、Casyなどの家事代行サービスを使って危機を乗り切ってきました。

 

しかしながら、家事代行サービスは値段がしますのでそんなに気軽に頼めない。。。

代替案を考えてみたところ、

ロボット掃除機

が浮上してきました。

 

前の部屋ではロボットが動き回るほどスペースがありませんでした。

が、中国に移住したタイミングでちょっと部屋が広くなったので導入してみました。

 

僕が購入したロボット掃除機はこちら↓

「IGRLACE」というメーカーの掃除機で「ES28」という型番みたいですね。

僕はタオバオで購入したのですが、なんとそのお値段78元!!

1元16円で日本円換算しても、

1,248円

だったのです。

安すぎて危険な香りしかせず、まがい物を掴まされる可能性もありました。

が、もう、思い切って、超安いロボット掃除機を導入してみることにしたのです。

 

 

僕が購入した安いロボット掃除機のスペック

僕が購入したタオバオの掃除機はこんな感じのスペックでした。

直径28センチ×高さ6.8センチ

で説明書によると、質量は580グラム。

 

ケーブルによって充電するタイプ。3時間の充電で90分稼働できるようです。

パーツがバラバラに入っていたのですが、

組み立てるとこんな感じになりました。

前方に2つホウキがついていて、こいつが回転してゴミを集めてくれるのです。

さらに後方の車輪がモーターで動き、前方の一輪がぐるぐると回って方向を転換。

 

中央の雑巾で拭き掃除、雑巾前方の吸入口からゴミを回収してくれます。

つまり、雑巾と吸入口の2段階でゴミを掃除してくるのです。

 

 

激安ロボット掃除機の使い方

充電が終わったら、前方のスイッチで稼働させます。

こんな感じでの動きでした↓

前方に進みながら緩やかに円を描く進み方で、人が地面を拭いている様子を想起させます。

安すぎて心配していたのですが、これで十分ですね。

 

物にぶつかったら方向転換するので、障害物があっても問題ありません。

しかも、ずっと同じところをぐるぐるするのではなく、微妙に動きながら拭き掃除をしてくれるではありませんか。

 

掃除が終わったらゴミを回収するだけ。

雑巾についた埃を取って、前面のカバーを外して取り出してゴミ箱に捨てましょう。

実際に使ってみたところ、案外ゴミが多くてびっくりしました。

いやあ、安かろうがロボット掃除機はぜんぜん機能するじゃないっすか!

 

 

ロボット掃除機デビューしてみた感想

最後に感想も書いておきますね。

 

隙間の掃除に強い

実際に使ってみて思ったのが、

ロボット掃除機は「家具の隙間(下)」に強い

ということ。

 

ソファとベッドの間がちょっと空いていて、そこの隙間の掃除がちょっと難しいことになっていました。

もし掃除するなら家具をどかすか、かがみ込んでホウキを駆使するしかありません。

 

しかしながら、ロボット掃除機ならばちょっとした隙間にスーッと入っていきます。

掃除ロボットの高さは「6.8センチ」だったので、ソファだろうがベッドだろうが隙間に入って掃除してもらえました。

 

角には弱い

とはいえ、ロボット掃除機の弱点もありますね。

それは壁際・コーナー際の掃除です。

 

掃除ロボットは障害物にぶつかると、方向転換します。

その性質がゆえに、壁際、コーナー際の細かい掃除は苦手なのです。

ロボット掃除機1台で完璧に掃除はできませんね。

掃除ロボットだけでなく、ホウキやスティック型の掃除機を持っておいたほうがいいでしょう。

 

いない間にも掃除OK

掃除ロボットの稼働時は、自分が部屋にいなくてもいいんです。

外出直前にロボットを動かしてから留守にできますね。

そのため、

帰ってきたら部屋が光っている

という奇跡も起こり得るわけです。

 

ちょっと可愛い

また、ロボット掃除機は少し可愛い。

なぜか知りませんが、ペットと同じように愛が生まれる気がします。

シモベ、というか、相棒が増えてちょっと生活が楽しくなりましたね。

たまにドジな動きをしても叱らず、

「しゃあないやつやな」

と許したくなるのは僕だけではないはずです。

 

音もそんなにうるさくない

あと、気になっていたのが音ですね。

もちろん、モーター音はしますが、そんなに気になりません。

ウィン、ウィン、ウィン、ウィン・・・

という音が定期的にする程度です。

実はこの記事も、ロボット掃除機が稼働している傍で書いています。

そんなに集中力は削がれていないことは明らかですね。

 

もし、ロボット掃除機の音が気になるようなら、外出する時にロボットを動かしておけばいいです。

これならロボット音を聞かずに掃除してもらえますね。

 

自分で掃除しなくても良い

あと、これは当たり前なんですが、

自分で掃除しなくてよくなったのがいいですよね。

スイッチを押すだけなので、動かしたらあとは掃除をお任せできます。

自分は何もする必要がありません。

 

ロボットが動いてる間に外出してもいいですし、仕事や勉強しても構いません。

「掃除」という労働から人間が解放されたのは掃除ロボットの功績だと思います。

 

 

ロボット掃除機はなかなか面白いが万人にオススメではない

いやー面白いじゃないっすか、掃除ロボット。

ちょっと今更感はありますが、安い掃除ロボットを購入して「良さ」を知れたのが思わぬ収穫でした。

 

ただ、使ってみて思ったのが、

ロボットが動くスペースが必要だということ。

前に住んでいたくっそ狭いアパートだとちょっと使えなかったかなと思います。

 

掃除ロボットが活躍するのは、

掃除しなきゃいけないスペースが多くて大変で困っている

というちょっと特殊なケースです。

もし、狭い部屋に住んでいて、ロボットが動けないようなら導入は見送った方がいいかもしれませんね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。