【あれから3年】ぼくが会社を辞めようと思った瞬間は不意にやってきた


時の流れは早いもので、かれこれ会社を辞めてフリーランスになってまる3年が経とうとしていて4年目に入ろうとしています。

今日はフリーランス3周年を記念して、

僕が会社を辞めようと思ったきっかけ

を書いておこうと思います。

 

 

ぼくが会社員時代にやっていた仕事

僕はインターネット広告の会社で「運用コンサル」という仕事をしていました。

インターネットの広告には「運用型広告」というものが存在していて、これは、

中の人が頑張って入札金額を調整し、安い広告費で最大の効果を上げることを目的とした広告

になります。

つまり、「運用コンサル」は「着ぐるみの中の人みたいな仕事」でしたね。

 

運用コンサルとして主にやることは、

  • ターゲティングを決める
  • 入札額の調整
  • 予算死守
  • CPA死守
  • 広告効果の検証
  • 結果のレポーティング

などなど。

そして、与えられたミッションは、

クライアントの予算内に広告費用をおさめ、かつ、お安く件数を獲得する

ということでした。

 

 

魔のレビュー資料

そんな運用コンサルはおもに社内で働くスタッフだったんですが、月に一度ぐらい、

定例会

というものが存在していました。

これはクライアントに運用広告の成果を報告する会のことです。

結果が良ければ喜んで報告するのですが、悪い時は尋問されにいくようなもんでしたね笑

 

この「定例会」のために、

レビュー資料

というパワーポイントを印刷したものを作らされていました。

この資料には、

  1. 運用広告の結果
  2. 結果をもたらした要因
  3. 今後の施策

という3要素を盛り込み、見やすいように作ることが求められます。

 

この定例会はクライアントによりけりだったんですが、中にはクソモンスター級のお客さんがいて、

毎週クソ丁寧なレポートを作らされる案件

を担当していたこともありました。

あまりにも大変だったので先輩と2人体制にしてもらって対応していたのですが、残業は当たり前。

「なんでこんな資料を作らなければならないだろう・・・」

と思う日々を続きました。

 

不満が抑えきれなくなり、残業中、先輩に

「僕らが作っているこのレビュー資料はどうなるんですかね」

と聞いてみたところ

「シュレッター行きに決まってんだろ」

「えっ」

「クライアントを満足させるために作ってんだよ。資料がどこへ行こうか同じだ」

「そうなんですね・・・・」

 

僕はこの瞬間、気づいてしまったんです。

僕の仕事は会社のもの。

いや、もはや、このビジネスでは自社のものでもなく、取引先のクライアントの会社に所有権があるのだ、と。

僕の仕事の所有権は自分にはない

という決定的な事実に気がついてしまったのです。

 

しかも、命を削って作り出したレビュー資料は、定例会が終わるとシュレッダー行きになるという。。。。。

アウシュビッツの収容所では、収容者が「穴を掘って穴をまた埋める」という仕事をやらされていたみたいですが、それと同じ。

ゴミを作り出すために働いていたのでした。これほど惨めになる仕事はありません。

 

その点、副業でやっていたブログは違いました。

ブログ記事はクオリティにかかわらず、

100%自分に所有権があります。

記事を削除したり、サイトを畳まない限り、記事たちはアーカイブされ続け、いつだって読まれる可能性があります。

読む人によっては当然ゴミになることがありますが、そんなの知ったこっちゃないです。

少なくとも、

他人の手によってシュレッダーに送られる

という悲劇は避けられます。

 

この「自分の仕事の所有権」ということに気がついてから、

自分の命をシュレッター行き資料のために費やすのはやめにしました。

自分の仕事は自分の物。

なるべく下請けの仕事はせず、主体的に自分がしたい仕事をしていこうと誓ったのでした。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる