法人の登記簿謄本をインターネット経由で取得する方法【登記・供託オンライン申請システム活用法】




法人の登記簿謄本をインターネット経由で取得する方法

会社の情報が詰まった商業登記簿謄本を取得するためには、何も法務局に行く必要はありません。

 

 

なんと、

オンラインで申請して商業登記簿謄本の原本を郵送してもらえるサービス

があるんです。

その名も

登記・供託オンライン申請システム

です。

 

今日はこちらのサービスを用いて、オンラインで申請し、郵送で登記簿謄本を送ってもらうことに成功したので、そのやり方を後世のためにメモしておきます。

 

会員登録する

まずは会員登録ですね。

オンラインで申請して郵送で送ってもらうので、住所まで登録する必要があります。

「申請情報登録」から進んでみてください。

 

ログインする

そしたら「かんたん証明書請求」を押して、

登録した会員情報でログインしちゃいましょう。

その中から「登記事項証明書(商業・法人)」を選びます。

 

会社を検索

さて、お次は謄本を取り寄せたい会社を検索。

「オンライン会社 法人検索」を押すと、会社を検索できるでしょう。

ただし、営業時間があり、 24時間365日検索できるわけではありません。

なんと、

平日8:30~21:00

しか使えないのです。土日祝はご注意くださいませ。

 

おすすめは「法人番号」で検索する方法。

12桁の番号を入力すれば、必ずやお探しの法人が見つかるはず。

法人番号がわからない時は、名前で検索しても構いませんが、ありきたりな法人名だと探し出すのに苦労するかもしれませんが。

それから検索範囲は「全国から検索」にしておくと、法人がどこにあるかによらず法人をあぶり出せると思います。

お探しの法人が見つかりましたら、追加しましょう。

 

請求物を決定

さて、次は何をどれくらい請求するのかを決めます。

よほどの事情がない限り、

全部事項の履歴事項証明書

でいいでしょう。

最後に何通送ってもらうかという「通数」を入力して確定。

 

料金を支払う

これで申し込みは完了です。

あとは料金は支払うだけ。

手数料は

1通につき500円

です。

 

法務局で取得するよりも、1通あたり100円安くなってるんですね。

そして、支払いには「オンラインバンキング」を使います。

残念ながら、クレジットカード決済はできませんのでご注意くださいませ。

お早めにオンラインバンキングを開通させておくことをおすすめしますよ。

僕は「三菱UFJダイレクト」というオンラインバンキングシステムを活用しました。

普段から税金・保険料の支払いをオンラインバンキングにしておいて正解でしたね。

 

ただ、支払いができるようになるためには、申し込みから数日かかります。

申し込みの後瞬時に請求ができないのでご注意ください。

僕は請求の翌日に処理状況照会にログインし、

ステータスを確認したところ、「納付コマンド」が現れて支払えるようになりました。

ただし、支払いが可能になったことはメールでも知らされませんので、自分で逐次へログインして確かめねばなりませんね。

 

登記簿の到着を待つ

あとは待つだけです。

指定した住所に登記簿が送られてくるのを待ちましょう。

僕は納付から2日後に登記簿謄本が届きました。

茶色の封筒に注文した登記簿が数枚入っていて、法務局で直接取得する登記簿と同じ原本が同封されていたんです。

 

うん。以上ですね。

この方法のメリットは、

自宅にいながら法人の登記簿の原本を取得できること。

法務局に出張しなくてもいいですし、しかも法務局よりも手数料が100円安いというおまけ付き。

印紙を買う手間も省けますし、オンラインバンキングで支払えて、現金をジャラジャラ用意する必要もありません。

ただし、逆にいうと、日頃からオンラインバンキングを活用していないと、この方法は利用できないのがデメリットですね。

オンラインバンキンをグまだ開通していない方は、今のうちから使えるようにしておきましょう。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。