意外に簡単だった!会社の登記簿情報を法務局で閲覧する方法




 

社員が1人の「マイクロ法人」を作る前にはっきりさせたいことがありました。

それは

会社をつくったら、どこまで法人情報がオープンにしてしまうのか?

です。

登記とは『登記手続きと実務ハンドブック』によると、

登記とは「法律に基づく権利関係などを第三者に公示するため、一定の事実を登記所(法務局)に備える登記簿に記載」することです。

松井初男. <完全版>登記手続きと実務ハンドブック (Japanese Edition) (Kindle の位置No.98-99). Kindle 版.

のこと。

 

会社を作ったら、商業登記謄本を通して、世間に会社の情報を公表しなければなりません。

この会社の情報が詰まった商業登記簿謄本は、誰でもお金を払えば閲覧できてしまう代物なのです。

商業登記は会社の重要な情報を登記簿に記載して公開する制度です。これによって、登記された会社と取引をする相手は安心して取引することができること、会社にとっては信用を得ることができます。

松井初男. <完全版>登記手続きと実務ハンドブック (Japanese Edition) (Kindle の位置No.180-182). Kindle 版.

『商業登記簿謄本の一番やさしい読み方』によると、会社の情報が詰まった「商業登記簿謄本」の閲覧方法は次の3通り。

  1. 法務局に行く
  2. オンラインで申し込んで郵送してもらう
  3. オンラインで表示して印刷する

まだ生まれてこの方、商業登記簿謄本を取り寄せたことがなかったので、まず1つ目のを法務局で取得する方法を試してみました。

 

法務局で会社の登記情報を閲覧する方法

なにはともあれ、法務局に行ってみました。

ところでそもそも「法務局」とは何なのでしょうか。

公式ページによると、

法務局は,法務省の地方組織の一つとして,国民の財産や身分関係を保護する,登記,戸籍,国籍,供託の民事行政事務,国の利害に関係のある訴訟活動を行う訟務事務,国民の基本的人権を守る人権擁護事務を行っています。

で、登記以外にも戸籍や国籍などの業務を担当しているですね。

日本全国8箇所に法務局、さらに42カ所の地方法務局が存在しています。

また、法務局だけではなく、法務局の出張所でも商業登記簿謄本を取り寄せることが可能。

僕は近所の法務局の出張所に行ってみました。

 

調べてみると、法務局の出張所は何度も通ったはずの道の片隅にあるようでした。

「まさかこんなところに法務局があるとはあるわけ・・・・・」

と油断していたら、本当にありました。

しかも、大きく看板まで出ていたという。

人は無意識に自分に関係がある情報しか目に入らないように脳内で処理しているためなのでしょう。

人生で法務局に関与してこなかったので、法務局の出張所が目に入らなかったようです。

 

恐る恐る法務局の出張所に踏み入れてみると、そこはどこか、公民館のような、図書館のような、税務署のような、市役所のような、とにかく「公の匂い」がする場所でした。

とりあえず1階の案内を見て、登記簿を閲覧できるフロアに行ってみました。

そのフロアの入口付近にマシーンが数台置いてあり、TOHOシネマズのチケットを発券機「vit」のようなマシーン。

どうやらこのマシーンで手続きを行うようだったので歩み寄ってみました。

 

会社を探す

まずはこのマシーンで、登記簿謄本を取り寄せたい会社を探します。

会社名でも検索できますが、同じ会社名を含む法人が多い場合、見つけにくいかもしれません。

僕がオススメするのは「法人番号」で会社を検索する方法。

ここでいう法人番号とは、「会社法人等番号」のことで12桁の数字ですね。

この番号さえわかれば、どんな複雑な名前の法人でも検索できちゃいます。

なぜなら、この法人番号は1法人につき1つ与えられたユニークな番号なので、被らないからですね。

つまり、世に自分の会社の「会社法人等番号」が知られると、世の全員が自分の会社の情報を知り得るわけです。

 

登記簿謄本の種類を選ぶ

そして困ったことに、閲覧できる商業登記簿謄本は1種類ではありません。

次の中から選ばないといけないんですね。

 

僕のオススメは、「全部事項証明書」の「履歴事項証明書」。

「全部事項証明書」とは、「登記しないといけない情報」を全部記録してくれているもの。

その中の「履歴事項証明書」とは、謄本交付の日付から3年前までの内容変更の経緯が分かるものですね。

 

「現在事項証明書」というものがありますが、これは現在効力を有する直前の情報のみ記載されている書類です。

情報量でいう前者の「履歴事項証明書」のほうが情報量が多いのですね。

僕はろくに調べずに行ってしまい、間違えて「全部事項証明書」の「現在事項証明書」を発行してしまいましたが、今では「履歴事項証明書」を発行すればよかったと後悔しています。なんせ、同じ値段でも「履歴事項証明書」のほうが情報量多いですから。

 

注文が完了すると、整理番号が発行されます。

その番号が窓口で呼ばれるまで待機しましょう。

 

登記印紙を購入

5分ほど待っていたら僕の整理番号が呼ばれ、窓口に入ってみると、

「登記印紙は買いましたか?」

と聞かれます。

「まだですね」

と答えると、フロアの片隅にあった何やら「宝くじ販売所」のような一角を指差され

「あちらで購入してきてくださいね」

と言われました。

 

そうです。

法務局で登記簿謄本を発行してもらうのは無料ではなく、金がかかるんですね。

ただし、言われたのは600円分。

 

登記印紙の販売コーナー600円分の印紙を購入し、再度窓口に戻って、申請書にその印紙を貼り付け、申請完了です。

すると、その場ですぐにマシーンで依頼した商業登記簿謄本を紙で渡してもらえるんですね。

 

いやーすごいです。

こんな簡単に、自分の身分を証明せずに、僅かなマネー(600円)を払うだけで、予約なしで、10分たらずで、会社の情報をが詰まった商業登記簿謄本が取れてしまうとは。

人生初の法務局でしたが、こんな世界があったとはとまた新しい発見がありました。

なんか人生でひと皮むけてしまったかのような、何かを卒業したかのような、不思議な感覚に暫く包まれていましたね。

 

登記簿謄本の世界はまだまだ深そうなので、

  • 商業登記簿謄本には何が書かれているのか
  • 会社を作ったら何が世間に晒されてしまうのか

を勉強し、その他のお取り寄せ方法である

  • オンラインから郵送
  • オンラインで表示して印刷

などを試し、無駄に「登記謄本取り寄せをマスター」になる予定です。

会社の情報を閲覧したい方はお近くの法務局、または出張所に足を運んでみましょう。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。