コワーキングスペースを初めて利用する前にやっておきたい1つのこと




作業する共有スペースを貸してもらえるコワーキングスペースというサービス。

昨今、新型コロナウイルスの影響で、テレワーク需要が増え、会社ではない「第3の場所」で仕事スペースを探す方が増えてきましたね。

その流れで人生初めてコワーキングスペースデビューする方もいるかと思います。

 

ぼく自身、仕事場所を失ってから全国津々浦々のコワーキングスペースをめぐってきて、数えていませんがおそらく合計100か所以上で作業させてもらいました。

もはやコワーキングスペースオタクというか、コワーキングスペースの酸いも甘いも噛み分けできた自信だけはあります。

そんな経験から、これから初めてコワーキングスペースを使う方に伝えておきたい注意点が1つあるのです。

 

それは、

利用前にやってるか電話で確認するべし

ということ。

じつは、コワーキングスペース業界は移り変わりが激しいためなのか、かつて栄えていたスペースがいつの間にか閉鎖、という次元が多々起こります。

「多々」というか本当に「多々多々」あり、油断していると、

行ったらやってなかった

という悲劇が起こるのです。

普通の業界ではなかなかそんな奇跡は起こりませんが、コワーキングスペース業界ではよくあることなので気をつけたいところですね。

 

ぼく自身、コーキングスペースのドアの前に行ったら、中は真っ暗、張り紙を読んだら3ヶ月前に閉店していた・・・・なんていうことが数回ありました。

いやあ、あの「行ったら閉まってた」と判明したときはほんとショックですよね。

 

おそらく、コワーキングスペースというビジネスは「何かを仕入れて売る」わけではなく、スペースを貸すだけなのでビジネスなので、撤退も容易なのかもしれません。

ほんと、移り変わりが激しいです。

 

ただ、利用者側としては撤退した後のスペースに行くのは避けたいところ。

真っ黒なスペースのドアの前に立った時の絶望感は形容しづらいですね。自分の時間への喪失感かもしれませんし、交通費などのマネーをドブに捨ててしまった感覚とでもいいのでしょうか。

うん、コワーキングスペースを使う中で起きる唯一の悲劇だと思います。

 

そこで、利用前にコワーキングスペースに電話をかけることを習慣化しておけばこっちのもの。

営業時間内に誰かが電話に出てくれれば、営業している可能性が高いです。

ただ、コワーキングスペースの中にはビジター利用を受け付けていない場所もあるので、若干注意が必要ですけどね。

その電話をかけた際についでに、

「一時利用もできますか?」

と聞いておくことをおすすめします。

スペースによっては月額会員のみに解放しているところもあるので、そこは注意しておかなければなりません。

まぁとにかく、コワーキングスペースに行ったら閉まっていたという悲劇を避けるために、利用前にワンコールを入れるのは大事。

営業のステータスを確かめておけば、骨折り損を避けられるのでコワーキングスペース利用前にやっておきましょう。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。