【決定版】SONY デジタルペーパーのPC用ソフトDigital Paper Appの使い方


SONY デジタルペーパーのパソコン用ソフトがあるって??

どうも、Linです。チキンとライス、です。

 

SONY のデジタルペーパー DPT RP1/CP1を使いこなすためにはどうしても、

パソコン用のソフトDigital Paper Appの使い方をマスターする必要があります。

なぜなら、このパソコン用のソフトDigital Paper Appを使うと、次の4つのことをソニーのデジタルペーパーを使って行うことができるようになるからです。

  1. デジタルペーパーからファイルを出す
  2. デジタルペーパーにファイルを入れる
  3. スクリーンショットを撮る
  4. テンプレートを追加する

これにより、ソニーのデジタルペーパー はただ物を書くだけのデバイスだけでなく、PDFビューワーとして利用できたり、書いたものを実際に使ったりすることができるわけです。

今日はこのソニーのデジタルペーパーでカギを握るパソコン用のソフトDigital Paper Appの使い方をまとめておきましたので良かったら参考にしてください。

 

 

SONY デジタルペーパーのパソコン用ソフトDigital Paper Appの使い方

それでは早速使い方を解説していきましょう。

まずこれらの使い方をするためには、

パソコンとデジタルペーパーを接続している必要があります。

 

 

こちらの「ソニーのデジタルペーパー とPCを接続する方法」を参考にしてパソコンと接続を試みてくださいね。

 

ファイルを出す

パソコン用のソフトを使えば、

ソニーのデジタルペーパーで書いたノートを PDF ファイルで取り出すことができます。

ソフトのトップ画面には SONY のデジタルペーパー内のファイルの階層が出ていますので、そこの

Note

という階層の中に、 デジタルペーパーを使って書いたノートたちが格納されています。

その中から取り出したいノートをそのままデスクトップにドラッグ&ドロップ。
Image from Gyazo
すると、デスクトップに書いたメモがPDFファイルとして保存できるわけですね。

 

取り出した PDF ファイルはもちろん PC 上でチェックすることもできますし、印刷することもできますし、メールで添付して送信することだってできます。

ただし、ペンの色に関しては青と赤しかありませんので、デジタルペーパー 上では黒で見えていた線が青もしくは赤になっている点はご注意ください。

ブログ 音声入力 コツ
青になるよ

 

ファイルを入れる

逆に、デジタルペーパーの中に PDF ファイルをぶち込んで閲覧することだってできます。

SONY のデジタルペーパーのファイル階層の

Received

というフォルダにPDFファイルを外から入れてやると、新規作成したノートと区別して閲覧用のファイルだけを入れることができますよ。

ファイルを取り込む時も取り出す時と同じ操作で、デスクトップからドラッグ&ドロップ。

Image from Gyazo

PDF ファイルはもちろんDPT-RP1/CP1で閲覧することができるので、まるで電子書籍端末の Kindle ペーパーホワイトのように目に優しい状態で PDF ファイルを閲覧できるのがいいですね。

ディスプレイが電子ペーパーなので、それ自体は光を発しておらず紙と同じように外部からの光を反射することで読めるのです。

そのため、この「PDFファイルを取り込む」という使い方をマスターすれば、裁断機で本を裁断してさらにそれをスキャンした自炊した書籍等をこのデジタルペーパー読むことができるわけです。

詳しくは「ソニーのデジタルペーパーが電子書籍の自炊に向いている理由」を読んでみてくださいね。

 

スクリーンショットを撮る

さらに、このソフトを使えばソニーのデジタルペーパーのディスプレイに映し出されている画面をスクリーンキャプチャすることができます。

ソニーのデジタルペーパー上でスクリーンショットが撮れると、このデバイスの使い方を解説する時に役立ちます。

それに加えて、リアルタイムで デジタルペーパーの内容がソフト上に映し出されますので何か書きながら説明できちゃいますね。

>>詳しくは「ソニーのデジタルペーパー でスクリーンショットを撮影する方法」へ

 

テンプレートを追加する

さらに、ソニーのデジタルペーパーのDigital Paper Appを使えばそのデジタルペーパーにテンプレートを追加することもできます。

テンプレートとは、

新規ノートを作成するときの背景に映し出されるノートの種類のこと

です。

デフォルトだと、

  • 大学ノート
  • 方眼紙
  • 無地
  • リーガルパッド

などしかありませんが、テンプレートを追加してやると、

  1. スケジューラー
  2. 原稿用紙
  3. 片対数方眼紙
  4. 両対数方眼紙
  5. 便箋
  6. Todoリスト
  7. 手帳
  8. カレンダー
  9. ドット

など様々な用紙のテンプレートの上に文字や図をかけるようになります。

Image from Gyazo

詳しくはこちらの「ソニーのデジタルペーパーのテンプレートの使い方」を読んでみてくださいね。

 

 

さあ、PC用ソフトDigital Paper Appを使ってみよう!

以上がソニーのデジタルペーパーのPC用ソフト「Digital Paper App」でできることでしたね。

僕自身、最近このソフトを使い始めたのですが、このソフトを使えば

ただ ノートを書いていくのだけではなく、その書いたノートを取り出して活用したり、さらに外部から PDF ファイルを入れてそこに新しいことを書き込んで使っていくことができます。

PC用のソフトを使い始めてから圧倒的に使い道が広がりましたね。

SONY のデジタルペーパーお使いの方はDigital Paper Appをダウンロードして使ってみてください。

ダウンロードはこちらからどうぞ↓

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる