【SONY】デジタルペーパーの替え芯は紛失に注意しよう




 

日頃からお世話になっているソニーデジタルペーパーのスタイラスペン『DPTA-RS1』。

お世話になりすぎて芯が削れすぎ、もはや文字を書けなくなってきました。

ありがたいことに、スタイラスペンのピンセットで芯はかえることが可能です。

「さてと、芯を新しくするかな」

と、デフォルトで入っていた替え芯を取り出そうとしたところ、

あれ?!替え芯がない!?

という事態に。

 

ご存知の通り、デジタルペーパーのスタイラスペンの替え芯はとても小さいです。

全長3 mm ほどで、厚みは1 mm。

とても小さく無くしやすいにもかかわらず、ケースに入れず「袋のまま」保存していました。

このようにお粗末な保存状態だったためか、数ヶ月に及ぶ放浪生活の末、どこかに紛れてなくなってしまったのでしょう。

 

「くっそ、まだ新しい芯が2本ぐらいあったはずなのに・・・・!」

と悔しさをにじませながら、新しい替え芯をAmazonで注文。

なんせ、ペンがないと文字をかけず仕事になりなりませんから仕方ありません。

 

ご存知の通り、ソニーのデジタルペーパーの替え芯は2種類あります。

  1. フェルト(DPTA-RTF1)
  2.  POM(DPTA-RTP1)

 

どちらも使ってみたところ、滑らかにかける「POM」が気に入っていたので、POMの「PPTA-RTP1」注文してみました。

すると数日後、このような箱に入って届きました。

中には説明書と替え芯が10セット。

そして、ありがたいことにピンセットまでついていました。

替え芯が10本ありゃ、当分安泰でしょう。

 

スタイラスペンの心をどうやって保存するのか

ただ、やはりと言っていいのか、新しく届いた芯も小さいです。

このまま前回と同じく紛失する恐れがありました。

そこで、なくしにくい保存方法を考えてみたところ、第一候補に上がってきたのが

SIMカードケース

こちらのSIMカードケースの空きスペースに芯を入れてみたんですが、案外良さそうです。

ケースを揺らすと、芯がジャラジャラ鳴りますが、ケースから芯が漏れ逃げる恐れはありません。

 

しかしながら、芯の取り外しに使うピンセットがデカすぎてケースには入らず。。

 

そこで代替案を探してみたところ、「大きめのジップ付きケースに入れる」案が浮上してきました。

ジップがついているので、袋の内部から芯が漏れません。

加えて、ピンセットもあり、袋が割と大きいので紛失しにくいこともありますね。

 

うん。

これならスタイラスペンの芯をうまく保存できそうです。

しばらくこれでやっていこうと思います。

ソニーのデジタルペーパーをお使いの方、くれぐれも替え芯を無くさぬようご注意下さいませ。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。