ドトールのコワーキングスペースで2日間作業してきた




 

先日、衝撃的なニュースが目に飛び込んできました。

それは、

ドトール」が「コワーキングスペース」を導入した

という一報です。

記事によると、コワーキングスペースを導入したのは「ドトールコーヒーショップ 大須万松寺通店」というただの1店舗。

 

これまでドトールを作業場所として活用してきたわたしにとって、2021年最大の衝撃ニュースだったのです。

あまりにも気になって仕方がありませんので出張してきました。

 

お得な料金体系

まず特筆すべき点は料金のお得さ。

つまり、安いのです。

  • 基本料金(330円)
  • ワンドリンク代

のみで利用できます。

しかも当時は「体験キャンペーン」実施中で(2021年5月11日まで)、400円以上のお買い上げならばコワーキングスペースを利用できるではありませんか。

と、いうことで。

わたしは、紅茶ティー2杯(448円)で使わせてもらいました。

 

長時間利用できる

朝から晩までガッツリ営業中です。

朝の部「7時半〜17時(土日は8時〜)」、夜の部「17時〜20時」という2部構成で、先程紹介した

  • 基本料金(330円)
  • ワンドリンク代

というお代は「朝の部」の料金です。

したがって、

「330円プラスワンドリンク」で7時半〜17時まで使い放題というわけ。

 

一方、17〜20時の「夜の部」では、基本料金が安くなり「110円プラスワンドリンク」。

仕事、学校帰りにコワーキングスペースを利用する道も残されているのです。

 

仕切りがある

1人向けの席が多数。

「誰かと話しながら作業や勉強」する場所ではありません。その理由は、

向かい合う席がひとつも存在しないからです。

ただ、己と(壁と)向きあえる者のみが集う場所です。

それぞれの席には奥深く仕切りが設置されています。

まるで隣人の動向が気になりません。

これは最もわたしが好む「1人用作業スペース」の塊ではありませんか。最高です。

 

通話は禁止

ルールの上では通話は禁止。

いきなり喋り始める者?

そんな輩はございません。

静かで集中しやすい環境が整っています。

 

椅子がリッチ

椅子のクオリティは高いです。

回転はもちろん、アームレスト、良質なクッションつき。

中には以下の「ベーシック椅子」もございましたが、目算、およそ6〜7割は「リッチ椅子」で埋め尽くされておりました。

 

Wi-Fiが飛んでいる

Wi-Fiが飛んでいます。

コワーキングスペース専用ではありませんが、全国のドトールで飛んでいる電波と同じものを使えます。

念のために速度を測定しましたが、すいすい。

 

電源もある

そして一席一電源。

ドトールで作業すると、電源がなくて困ることが多いのですが、コワーキングスペースならば電源を堂々と利用できます。

電源切れとはくそ無縁です。

 

荷物入れも完備

荷物置きが多数用意されていました。

床に直で置かなくていいのです。

 

「ビジネス」と「スタディ」が分離

驚くべきことに「仕事」と「勉強」のスペースが分かれています。

入口の手前はビジネス用、中央の円形がスタディ用、奥のパブリックスペースはどちらでも構わない空間です。

この特性がゆえ、

ビジネスとスタディがかち合いません。

学習者がいすぎてビジネスマンがあぶれませんし、その逆もしかりです。

 

はい、以上がドトールのコワーキングスペース概要です。

ドトールのコワーキングスペース設置は勇気ある実験であり、まだまだ序章に過ぎません。

取材してみて「驚くほど集中しやすい良環境」と判明したので、このシステムを全国に広めてほしいですね。

 

それでは!

Lin




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。