デジタルペーパー DPT-RP1 / CP1 が自炊した電子書籍の読書におすすめな8つの理由


デジタルペーパー DPT-RP1 / CP1 が自炊した電子書籍を読める??

どうも、Linです。サングラス、ばれましたね。

 

紙の書籍を裁断してスキャンして電子書籍にする「自炊」という行為。

僕自身、本が好きで紙の本に埋もれて生活していたのですが、人を家に招いた時に、

「ものでいっぱいだね」

と言われて以来、本を減らすことを決意。

裁断機とスキャナーを購入し、定期的に自炊して紙の本を減らすようにしています。

 

しかしながら、自炊後は電子書籍をついつい放置してしまいがち。

もはや、本をスキャンすることが目的になっていて、その後になかなか本を読み返したりすることがなかったので、電子書籍になっても本は死んでしまっている、という状態でした。

 

そこに、救世主が現れました。

その名も SONY のデジタルペーパー のDPT RP 1です。

 

このデジタルペーパーを使い出してから、自炊した電子書籍をそのままにするのではなく、読書していかせるようになったのです。

 

 

DPT-RP1 / CP1 が自炊した電子書籍の読書におすすめな8つの理由

そこで今日は、

なぜ、ソニーのデジタルペーパー DPT RP 1が電子書籍の自炊に最適なのか??

を書いておこうと思います。

 

1. 書き込める

まずすごいのが電子書籍の中に、文字やマークなどを自由に書き加えることができるということです。
Image from Gyazo
例えば、電子書籍の中に線を引いたり、矢印をつけり注釈を加えたり、自分なりに理解したものを図に表したり・・・などなどが可能になっています。

問題集を自炊してやれば、デジタルペーパー 場で書き込んで問題を解いても痛くも痒くもありません。消そうと思えば書き込みを一瞬で消せますからね。

Image from Gyazo

紙の書籍では書いたものが消しづらいので書き込むことを躊躇していた方もいると思うんですけど、デジタルペーパーでは書き込み放題。

データを消去してもう一度 PDF ファイルを読み込めば綺麗さっぱりした電子書籍をもう一度読むことができるからですね。書き込むハードルも下がっています。

 

ただし、書き込む色に関しては、

の2色しかないのが難点。

 

DPT-RP1 自炊 電子書籍

 

書き込んでいる時はデジタルペーパー場で黒で書き込んでるように見えますが、実際は青かもしくは赤で書き込んでいることになりますよ。

これは PDF ファイルを実際にデジタルペーパーから出して閲覧する時に色がわかることになります。

 

2. 出し入れが簡単

またデジタルペーパーは PDF ファイルの出し入れがめちゃめちゃ簡単。

自炊した電子書籍を出したり入れたりすることは可能です。

Image from Gyazo

出し入れの方法としてはパソコンやスマホにアプリをダウンロードし、デジタルペーパーの本体と連携させるだけ。

詳しくは「PC用ソフトDigital Paper Appの使い方」と「デジタルペーパー のスマホアプリの使い方」を読んでみてくださいね。

 

3. 目が疲れない

自炊した電子書籍はこれまで iPad で読んでいました。

iPad は液晶ディスプレイなので、ディスプレイ自体が発光していて長時間見つめていると目が疲れてしまいます。

表示速度は早いのですが、目が疲れてしまうという性質からタブレット端末で電子書籍を読むことはなるべく避けていました。

 

しかしながら、このソニーのデジタルペーパーはディスプレイが電子ペーパー。

ディスプレイ自体は光を発しておらず、紙のように外部からの光を反射して文字を読めるのです。

圧倒的に目に優しいですね、はい。

本を裁断する前とほぼ同じ状態で読書できるというのがメリットです。

 

4. たくさんの電子書籍を収納できる

ソニーの ペーパーデジタルペーパーのストレージは11 GB(使用可能領域)。

一冊の電子書籍が50 MB とすると 220冊ぐらいの電子書籍を収納できることになりますね。

とはいえ、ファイルの出し入れも簡単なので内容量云々かんぬんというより、もはや無限に電子書籍をたくさん読めることができるでしょう。

 

ページ移動もラクラク

また電子書籍のページ移動も楽ですね。

ページ移動方法としては右上のメニューから「ページ移動」と進んであげると、ページ番号を入力する画面になります。

DPT-RP1 自炊 電子書籍

そこにお望みのページ数を入れてやると、一瞬でページを遷移することができますよ。

Image from Gyazo

ただし、 iPad などのタブレットのように読み込み速度は速くないので、シュンシュンパンパンとページを送ることができないので注意です。

 

5. 拡大も簡単

自炊した電子書籍を読んでいると、

あるところを拡大したい

という衝動にかられることがあるでしょう。

そんな時も安心で、 SONY のデジタルペーパーならば、

ペンで指定した範囲をいとも簡単に拡大表示することができます。

 

右上の「選択範囲マーク」をタップして範囲を選択してやると、

DPT-RP1 自炊 電子書籍

その選択した範囲がディスプレイ上に拡大されて表示されることになります。Image from Gyazo

しかも、この拡大した状態で書き込めたり画面をスライドできちゃったりするからすごいですよね。

 

6. マークを検索できる

また、特定のマークを書いた箇所を検索できるのも強い。ソニーのデジタルペーパー では、

  • 星マーク(⭐︎)
  • アスタリスク(*)

を検索できるようになっています。

電子書籍を読んでいて重要だと思ったところに、これらのマークを書いておけば、後で復習できるようになるのです。

右上の検索マークをタップして、

あとはお好きなマークを選んで「検索」を選べばいいですよ。

ただし、 Kindle 端末のように「しおり機能」がありませんので、重要だと思うところが出てきたらこのように逐次マークをつけるしかないですね。

 

7. サイドノートがすごい

自炊した電子書籍を読みながらノートをとることも可能。

右上のメニューから「この文書のサイドノートを新規作成」と進むと、

左側に電子書籍、右側には 新規作成したノートが表示されます。

DPT-RP1 自炊 電子書籍

この機能を使えば、

左で書籍を読んで右でメモを取るといったことが可能になります。

 

8. 見開き表示も可能

また電子書籍によっては見開きでページを見たいという時があるでしょう。

特に漫画なんかでは見開きの1ページを使って壮大に表現すると言ったことがありますよね。

漫画スラムダンクの名シーンで瑠川と桜木がハイタッチを交わすシーンがありますが、これは片側表示だとその凄さが分からずきょとんとしてしまいます。

しかし、このソニーのデジタルペーパー ならば「見開き表示」を選べばこの名シーンも電子書籍で完全に再現できちゃいます。

右メニューの「見開き表示」を選んでやるとこんな感じで表示されますよ↓

DPT-RP1 自炊 電子書籍

 

 

さあ、デジタルペーパー DPT-RP1 / CP1で自炊した電子書籍を読んでみよう

以上がソニーのデジタルペーパー DPT-RP 1/ CP 1が自炊した電子書籍の読書に向いている理由でした。

唯一、デメリットを挙げるとすれば、

モノクロになってしまう

という点ですかね。

 

例えば、電子書籍の中でも色で何かを説明する図が多い書籍もありますよね。僕も試しに中学の歴史の教科書を読んでみたのですが、ラスコーの壁画白黒になってしました。

残念ながら、デジタルペーパー では色まで識別できないのです。

 

そう言った書籍では、このソニーのデジタルペーパーでは色使いを生かしきれず、ちょっと読みにくくなってしまいます。

そのため、このソニーのデジタルペーパー ではモノクロ表示でも楽しめる書籍を読むのをおすすめします。漫画とか文字情報主体の書籍とかになるんですかね。

僕と同じように、

「本の自炊はするんだけど裁断して満足しちゃって読んでいない」

という方は良かったらソニーのデジタルペーパーを使ってみてください。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる