【徹底検証】デジタルペーパー DPT-RP1の充電はどれくらいもつのか?


デジタルペーパー DPT-RP1の充電はどれくらいもつの?

どうも、Linです。今日、ピーマンです。

 

SONY のデジタルペーパーの DPT-RP1この商品を購入する時に気になってくるのが、

どれくらい充電が持つのか?

ということですよね。

実はこの DPT-RP1はデジタルペーパーのディスプレイなので、電池を消耗する動作は次の3つの場合に限られます。

  1. ページをめくる時
  2. ペンで文字を書くとき
  3. Wi-Fi・ Bluetooth などの通信を使った時

つまり、

主にディスプレイの表示内容を変化させる時だけ 電池が消費されるというわけです。(プラスアルファ通信機能を使うとき)

 

そのため、同じ内容をずっと表示させているだけなら、電力を消費することがないので、 iPad などのタブレット端末に比べると充電が長く持つんですね。

実際に、ソニー公式のパンフレットには次の2つの充電長さが書かれています。

 

3週間充電が持つ場合

  • PDF ファイルを1日120分30ページ閲覧
  • ペンの書き込みは1分
  •  Wi-Fi ・Bluetooth はオフ
  • 使用時以外はスリープモード

 

1週間充電持つ場合

  • PDFファイルを1日60ページを閲覧
  • ペンの書き込みを10分
  •  Wi-Fi によるドキュメント取り出しが2回(5 MBのPDFファイル)
  • 使用時以外はスリープモード

 

これを見る限り、

だいたい1〜3週間ぐらい充電がもちそうな気がしてきますね。

ただ、条件がバラバラで、ペンで文字を書く場合の書き込み時間が短すぎるのが残念。

僕のようにペンで文字を書くのが主な用途の方は、DTP-RP1がどれくらい充電がもつのか心配になりますよね。

 

 

DPT-RP1の充電がどれくらいもつのか検証してみた

そこで、実際にデジタルペーパーを使って充電が必要になった期間を記録し続けたので、その検証結果をまとめてみました。

 

ぼくのDPT-RP1の利用環境

  • 書き込みを主な用途として使い、 Wi-Fi・ Bluetooth は常時オフ
  • 1日あたり30分ぐらい書き込み
  •  PDFファイルを 10ページぐらい閲覧

これが週2〜3回これがあるような頻度です(仕事をサボると頻度は少なくなるのでちょっとそこら辺は難しいですね笑)。

 

検証結果

その結果、

  • 2月26日
  • 3月4日
  • 3月11日
  • 3月28日
  • 4月11日

のタイミングでDPT-RP 1の充電が必要になったのです。

カレンダーに書いてみると次のような感じですね↓

だいたい2週間ぐらいで充電が必要になっていて、仕事をちょっとサボり気味になると2週間に1回ぐらいになっていました。

やはりペンでの書き込みはPDF閲覧より充電を食うみたいで、どう頑張っても3週間は持ちませんでしたね。

 

 

デジタルペーパー のペンの充電はどうなの?

またソニーのデジタルペーパーで充電が必要なのは本体だけでなく、文字を書き込むためのペン自体にも充電が必要になってきます。

公式のパンフレットでは、

約1か月充電が持つ

と書いてあって、使用条件は

  • 1日60分書き込み
  • それ以外はスリープ状態に本体をしておく

でした。

 

実際に僕が検証してみた結果、

  • 2月22日
  • 3月19日
  • 4月11日

の3回充電が必要になりました。

まあだいたい

1か月弱ぐらいペンの充電は持っていましたね。

そのため、ソニーの公式のデータと同じくらい電池が持つことは検証できてよかったです。

 

 

まとめ:デジタルペーパー DPT-RP1の充電は1~2週間もつ

こんな感じで、DPT-RP1の本体は1〜2週間に1回充電しなければなりません。

いきなりデジタルペーパーの充電が必要になると、書きたい時に困っちゃうんじゃないか?

と思うかもしれませんが、安心してください。

このDPT-RP1本体は

Android の充電器でも充電できます。ペンも同様ですね。

 

いざとなったら周囲の方に Android のスマホの充電器を借りるなどすれば、すぐに充電できますよ。

これらの充電が持つ期間も考慮した上で、デジタルデータの DPT-RP 1の購入を検討してみてくださいね。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる