【徹底検証】デジタルペーパー DPT-RP1の公式カバーは本当に必要だったのか?


デジタルペーパー DPT-RP1の公式カバーは必要??

どうも、Linです。挟まれました、ね。

 

SONY のデジタルペーパーのDPT-RP1は正直値段は高いです。

しかも、追い討ちをかけるように、デジタルペーパーは本体だけではなく、

カバーも高いのです笑

ソニーの公式のデジタルペーパー用のカバーの「DPTA-RC1」という製品はオープン価格で、

8800円(税抜き)

もします。

これは税抜き価格ですので、税込だと軽く9000円を超えてきていて1万円弱ぐらいするカバーになってしまいますね。

 

ソニーのデジタルペーパーを購入してしまった僕としては、このケースを買わないで本体が壊れて使えなくなってしまうのはもっと嫌なので、本体と一緒にカバーも購入することにしました。

DPT-RP1 カバー

今日はこのソニーのデジタルペーパー DPT-RP1のカバー(DPTA-RC1)を2ヶ月実際に使ってみて、

デジタルペーパー の公式カバーは必要だったのか??

ということを基本スペックや使い方などをまとめながら冷静に振り返ってみようと思います。

 

 

SONY のカバーの基本スペック

まずカバーの基本から見ていきましょう。

寸法は、

243.6 mm ×306mm

で、質量を測ってみたところ、

197.1g

の重さがありましたね。

DPT-RP1 カバー

寸法は縦がデジタルペーパーとちょうど同じぐらいで、横はだいたい1cmぐらい右に余裕があるような感じで、ほぼはデジタルペーパー本体と同じ大きさと思っていいでしょうね。

 

 

SONY のデジタルペーパーのカバーの使い方

SONY デジタルペーパー DPT-RP1の カバーの使い方はいたって簡単。

カバーの内部にテープが貼ってありますので、そちらをデジタルペーパー 本体をのせるだけです。

DPT-RP1 カバー

セロファンをはがしてやって、テープに貼り付けられる状態にしておいて、 DPT-RP1の本体をペタッとくっつけば OK です。

DPT-RP1 カバー

「くっつける時にずれるのが心配・・・・」

という方にも安心で、カバーの右側に基準線が入っていて、この線に沿ってDPT-RP1の本体の右側を揃えてあげれば誰でも簡単にぴったり貼ることができます。

DPT-RP1 カバー

縦方向はカバーと本体が大体同じ大きさなので、上なら上、したら下で揃えてあげればいいでしょう。

ただし、注意点としては、

粘着方式で取り付けることになるので、一度貼ってしまったら取れなくなる

ということでしょうね。

本体をカバーに取り付ける時は慎重に取り掛かることにしましょう

 

 

ソニーのデジタルペーパーカバーで気に入っている点

ここまでが SONY のデジタルペーパーの公式カバーの基本スペックでしたね。

あとは2ヶ月間、公式のカバーを使い続けてみて気に入っている点を紹介していきましょう。

 

右側にペンがつけられる

やはり一番大きいのが、右側にカバーの右側にペンを刺すところがあるというところでしょう。

DPT-RP1 カバー

カバーの右側にソニーのデジタルペーパー用のスタイラスペンがちょうど入るような輪っかが設置されていて、そこにペンを刺すことができます。

カバーがなくてもデジタルペーパーの本体の右上に溝が掘ってあり、ペンをつけられます。

DPT-RP1 カバー

が、これだと、ペンを固定できないので、ペンをなくしてしまうケースが多いようです(これはソニーストアの店員さんの話による)。

そういった点で、このカバーはならばペンを完全に固定できるので、ペンをなくしにくいです。

ぼく自身、結構ものを紛失するタイプなんですが、いまだにペンをなくしたことがありません。

SONY のスタイラスペンは安いペンではなく1万円を普通に超えてきますので、いかに無くさないかということが重要になってきます。

 

軽い

基本スペックのところでも触れましたが、やはりこのカバーは軽い。

必要最低限の機能に絞っていて、かつ、カバーの厚みも薄く設計されているので軽量なんでしょうね。

このカバーならばSONY のデジタルペーパーの魅力の一つの「軽量性」が損なわれないと同時に、外部からの衝撃に衝撃をから守ってくれます。

 

表面の肌触りも良い

個人的に気に入っているのは、カバーの表面の肌触りですね。

こちらの公式ページによると、このカバーは

マイクロファイバーグラス

という素材でできているらしいです。

DPT-RP1 カバー

すべすべしていて何時間でも触っていられそうな肌触りになっていますね。

「どっかでこの肌触りを感じたことがあるなあ」

と思って目をつぶりながら触ってみたのですが、おそらく、これは、

指輪ケースの肌触り。

僕自身、あまり指輪ケースに触れたことないのですが、なにかそんな感じのイメージはあります。

 

かさばらない

このカバーは軽量であると同時に、厚みが薄いのでカバーをつけても SONY のデジタルペーパーとしてかさばらないように設計されているのが嬉しいですね。

DPT-RP1 カバー

カバーをつけた状態でも1cmの厚みに収まっているので、鞄に入れても全く邪魔にならんですね。

 

そして丈夫である

そして何よりもソニーのデジタルペーパーの DPT-RP1を守ってくれるのがいいですよね。

ここ2ヶ月間ぐらい毎日カバンに入れて持ち歩いていますが、SONY のデジタルペーパー本体に傷1つついておらず、いわゆる無傷の状態を保っています。

なんとかこの調子で守り抜いてほしいですね。

 

 

SONY のデジタルデータの公式カバーはなんだかんだいい

SONY のデジタルデータの公式カバーは、

値段が高い

という以外のデメリットは見当たりません笑

税込だと1万円弱してしまうので、決して安い買い物ではありませんが、

  1. ペンをなくしにくい
  2. 軽い
  3. 肌触り良い
  4. かさばらん
  5. 丈夫

のようなメリットもあり、僕個人としてはこのカバーを導入して SONY のデジタルペーパーを使い始めたことに何の後悔もありません。

 

ただ、世界にはもっと安いカバーも存在していて、

とか、

とか、Amazon でいくつか売られているようでした。

機能よりも安さを重視するという方はAmazonでいくつかカバーを探してみるといいかもしれませんね。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる