意外と知らない!DPT-RP1/CP1 で一気にページ移動する方法


デジタルペーパー にも弱点があった!?

デジタルペーパーにも弱点があります。

それは、

ページを一気にペラペラとめくれない

ということですね。

紙の本だったらパラパラとページをめくるのはたやすいです。

また、iPadなどの液晶タブレットでもページめくりは簡単。表示速度が速いのでスイスイとページ間を移動できます。

 

一方、デジタルペーパーでは、1ページ1ページを順番にゆっくり表示しなければならないので、

ページを一気にめくれないのです。

10ページ移動したいなら10回ページをスライドさせなければなりません。

 

しかしながら、デジタルペーパーDPT-RP1/CP1 ではそんな心配はご無用。

なぜなら、

高速にページをめくる裏技が用意されているからですね。

 

 

DPT-RP1/CP1 で一気にページをめくる方法

ページをぺらぺらとめくりたい時は、次の方法を試してみてください。

 

ツールバーを表示する

DPT-RP1/CP1 のディスプレイの上部を触って、

ツールバーを表示しましょう。

 

「ページ数の上のバー」にペンを当てる

すると、中央に「ページ数」の表示部が出てきますよね?

そのページ数の上に「黒い棒」が見えませんか?

実はこれ、

全ページ数に対しての現在ページの位置

を表しています。

「黒い棒の右の先っちょ」がどこにあるかで、今読んでいる箇所がわかるようになっています。

 

この「黒い棒」の上に、デジタルペーパーのスタイラスペンの先っちょをあてがいましょう。

 

ペンをスライドさせる

ペンを当てたら左右にスライドさせます。

すると、左にスライドさせれば前のページ、右にスライドすれば次のページに移動できます。

しかも、1ページ1ページ移動するのではなく、一気にページをジャンプできちゃいます。

 

Image from Gyazo

 

この方法は、

DPT-RP1/CP1でページ数の多い PDFファイルを閲覧する時に便利です。

僕自身、自炊した電子書籍化したPDFファイルをDPT-RP1/CP1 で読む時に、この技にお世話になっています。

DPT-RP1/CP1でPDFファイルの閲覧がスムーズにいかないで悩んでいる方は試してみてくださいね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる