カードリーダー不要!電子確定申告 e-Tax に必要な ID とパスワードを発行する方法


今年から電子確定申告e-Taxにはカードリーダーが不要・・・!?

どうも、Linです。歯、かゆいです。

 

かれこれフリーランスになって3回目の会計年度が終わり3回目の確定申告が迫られてる昨今。

昨年の2017年度の確定申告ではインターネットで確定申告ができる e-Tax を利用しようと思っていました。

これなら税務署に行って並んで書類を出さなくてもいいですし、大量の書類を印刷しなくてもいいし、添付書類を提出しなくてもいいのです。

文章を書いているだけでもe-Taxの利便性が伝わってきますね。

 

しかしながら、2017年度の確定申告ではe-Taxに必要なアイテムを持っていなかった。。

じつは電子申告するためには、

  1. マイナンバーカード
  2. カードリーダー

という2つのアイテムが必要だったのです。

 

確定申告 e-Tax ID パスワード 発行

 

昨年度はぼくはマイナンバーカードを作っておら当然通知カードしか持っていませんでしたし、カードリーダーなんて余計に保持していませんでした。

そのため、電子申告したかった想いは山々だったのですが e-Tax を利用できなかったのです。

 

この悔しい経験から、

「2018年度こそ電子申告の e-Tax を絶対に使ってやる」

と気合を入れてマイナンバーカードを作成。1ヶ月かかりましたね。

万全の準備を整えて2018年度の確定申告を首を長くして待っていたのですが、なんと、2018年の11月に衝撃のニュースを知ることになりました。

国税庁は、マイナンバーカードが必要だった従来方式に加え、新たにID・パスワード方式を導入。スマホやパソコンでもマイナンバーカードなしで申告できる。ID・パスワードは運転免許証などの本人確認書類を税務署に持参すれば、無料で即日発行される。翌年以降の申告でも、同じものを使える。

えっ!

2018年度の確定申告からはマイナンバーカードとカードリーダーが電子申告に不要!?

新しく、

ID とパスワード方式

が導入されただと・・・!?

 

確定申告 e-Tax ID パスワード 発行

 

この ID とパスワードは税務署に行って対面で即日発行してもらえるみたいですね。

これならカードリーダーやマイナンバーカードがなくても電子申告の e-Tax を使うことができますのでこれは利用しない手はない・・・!

ぼく自身、まだカードリーダーを購入していなかったので、2018年度の確定申告はこの ID とパスワード方式を利用することにしました。

早速、確定申告前に e-Tax に必要な ID とパスワードを税務署に取りに行ってみたのでその発行方法を忘れないうちにメモしておきますね。

 

 

e-Taxに必要なID とパスワードの発行 とパスワードの発行方法

電子申告に必要なIDとパスワードを発行するためには次の7ステップを踏むといいですよ。

持ち物は身分を証明できる身分証明書(運転免許証やマイナンバーカード)があれば大丈夫です。

 

Step1. 税務署に行く

ID とパスワードを発行する為にお近くの税務署に行きましょう。

お住まいの市区町村の税務署で大丈夫ですね。

確定申告する時に書類を提出していた方はそこと同じ税務署に行ってみましょう。

 

Step2. 書類を記入

税務署に着くと、入口付近に ID とパスワードと書かれた書類が山積みになっていることに気づくでしょう?

書類とバインダーがセットになっていて、すぐに何か書き込める体制が整っていましたね。

この書類には、

  • 名前
  • 住所

などの個人情報を記入して、更に

ID とパスワードの発行

という欄にチェックを入れて記入終了です。

記入時間は1〜2分ぐらいで完了することができると思いますよ。

 

Step3. 列に並ぶ

先ほど記入した書類を税務署の職員の方に提出しなければならないのですが、 確定申告書類の提出のシーズンは注意が必要です。

なぜなら、確定申告書類の提出と同じ列に並ばなければ ID とパスワードを発行できないからです笑

少なくともぼくが行った税務署は同じレーンにカテゴライズされてましたね。

 

僕は確定申告が始まってしまった2月21日に税務署に行ってしまったので、ちょっと並んでる人がいて待つことになってしまいました。

ID とパスワードを発行するなら確定申告シーズン前が望ましいですね。

 

Step4. 書類を出す

列に並んでいよいよ自分の番になりましたら、先ほど記入した書類を税務署の職員の方に提出しましょう。

すると、番号札を渡されます。

ID・PW登録

というタイトルに番号が書かれている代物でしたね。

確定申告 e-Tax ID パスワード 発行

その番号札を握りしめ近くの椅子に座ることになりますよ。

 

Step5. 待機する

大体書類提出から5分ぐらい待つと、自分の番号がいよいよ呼ばれます。

いくら税務署が混んでいようが書類を提出してからの時間は短いと思うので気楽に待ちましょう。

 

Step6. パスワードを設定する

パスワードの設定を行っていくのですが、この作業は税務署の職員と一対一で行っていくことになります。

まずは

「電子申告は初めてですか」

と聞かれますので、

「はい」

と答えると、税務署のパソコンで個人情報を打ち込んでいきます。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • 個人事業主の屋号

などを打ち込んでいったと思います。

最後に今回発行するパスワードを設定していきますね。

確かパスワードは

半角英数字の8文字以上

だったと思います。

何食わぬ顔で某ソーシャルメディアと同じパスワードを入力したのですが、この税務署のパソコンはパソコンの画面ではパスワードを隠してくれなかったのでパスワードが表示されてしまって恥ずかしいというか、ちょっとセキュリティに危うい感じになってしまいました笑

電子申告のパスワードは全オープンされる可能性があるので、全く使ったことがない新しいパスワードを事前に考えておくといいでしょう。

パスワードの設定が終わると、本人確認書類の提示が求められますので、そこで運転免許証やマイナンバーカードを見せて登録情報と一致すれば完了です。

 

Step7. 紙を印刷

ID とパスワードが記載された書類を印刷してもらいます。

この紙には暗証番号がありありと書かれてしまっているので、やはり確定申告用に新しくパスワードを考えておくといいと思います。

確定申告 e-Tax ID パスワード 発行

僕は急いでこのパスワードを使っていたアカウントのパスワードを変更せざる得なかったですからね笑

 

パスワードが記入された用紙を印刷して、後はもう一枚は ID のみ記載されたもので、パスワードは隠された書類を印刷してもらって手続き終了です。

確定申告 e-Tax ID パスワード 発行

この ID とパスワードを使って電子申告をして行くみたいなんですが、まだ完了していませんので確定申告が終わったらそのやり方なども随時更新していきたいと思います。

 

 

マイナンバーとカードリーダーがないならIDとパスワード発行してみよう

このIDとパスワード発行の手続き自体は全体で15分ぐらいで終了して、あっという間だった印象です。

しかしながら、僕は確定申告シーズンに ID とパスワードを発行してしまったので、ちょっと列に並ぶ時間があったので繁忙期でなければもっと短い時間で発行できたと思います。

僕と同じように電子確定申告に興味があるけれども、マイナンバーカードとカードリーダーを持っていないという方は、是非、今年度の確定申告から採用された ID とパスワード方式を利用するために発行の手続きを行ってみてください。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる