カードリーダー不要!電子確定申告 e-Tax に必要な ID とパスワードを発行する方法


今年から電子確定申告e-Taxにはカードリーダーが不要・・・!?

どうも、Linです。歯、かゆいです。

 

かれこれフリーランスになって3回目の会計年度が終わり3回目の確定申告が迫られています。

昨年2017年度の確定申告では電子申告 e-Tax を利用しようと思っていました。

税務署に行って書類を出さなくてもいいですし、大量の書類を印刷しなくてもいいし、添付書類を提出しなくてもいいのです。

文章を書いているだけでもe-Taxの利便性が伝わってきますね。

 

しかしながら、2017年度の確定申告ではe-Taxに必要なアイテムを持っていなかった。。

じつは電子申告するためには、

  1. マイナンバーカード
  2. カードリーダー

の2つが必要だったのです。

 

確定申告 e-Tax ID パスワード 発行

 

昨年度のぼくは、マイナンバーカードを作っておらず、カードリーダーなんて余計に保持していませんでした。

電子申告したかったのは山々だったんですが e-Tax できなかったのです。

 

この悔しい経験から、

「2018年度こそ電子申告の e-Tax を絶対に使ってやる」

と気合を入れてマイナンバーカードを作成。1ヶ月かかりましたね。

あとはカードリーダーを買うだけの万全の体制を整えていたのですが、

2018年の11月に衝撃のニュースを知ることになりました。

国税庁は、マイナンバーカードが必要だった従来方式に加え、新たにID・パスワード方式を導入。スマホやパソコンでもマイナンバーカードなしで申告できる。ID・パスワードは運転免許証などの本人確認書類を税務署に持参すれば、無料で即日発行される。翌年以降の申告でも、同じものを使える。

 

えっ!

2018年度の確定申告からはマイナンバーカードとカードリーダーが電子申告に不要!?

新しく、

ID とパスワード方式

が導入されただと・・・!?

 

確定申告 e-Tax ID パスワード 発行

 

この ID とパスワードは、税務署に行けば対面で発行してもらえるみたいですね。

ぼく自身、まだカードリーダーを購入していなかったので、2018年度の確定申告はこの ID とパスワード方式を利用することにしました。

早速、ID とパスワードを税務署に取りに行ってみたので、その発行方法を忘れないうちにメモしておきますね。

 

 

e-Taxに必要なID とパスワードの発行 とパスワードの発行方法

持ち物は身分を証明できる身分証明書(運転免許証やマイナンバーカード)があれば大丈夫です。

 

Step1. 税務署に行く

ID とパスワードを発行する為にお近くの税務署に行きましょう。

お住まいの市区町村にある税務署で大丈夫ですね。

 

Step2. 書類を記入

税務署に着くと、「ID・パスワード発行」と書かれた書類が山積みになっていることに気づきました。

書類とバインダーがセットになっていて、すぐに何か書き込める体制が整っていましたね。

この書類には、

  • 名前
  • 住所

を記入して、

ID とパスワードの発行

にチェックを入れて終了です。

記入時間は1〜2分ぐらいです。

 

Step3. 列に並ぶ

記入した書類を税務署職員に提出します。

僕は確定申告シーズン中の2月21日に税務署に行ってしまったので、並んでる人がいて待つことになってしまいました。

ID とパスワードを発行するなら確定申告シーズン前が望ましいですね。

 

Step4. 書類を出す

自分の番になりましたら、職員の方に書類を提出しましょう。

すると、番号札を渡されます。

ID・PW登録

が書かれている代物でしたね。

確定申告 e-Tax ID パスワード 発行

番号札を握りしめ、近くの椅子に座ります。

 

Step5. 待機する

大体書類提出から5分ぐらい待つと、自分の番号が呼ばれます。

 

Step6. パスワードを設定する

パスワードの設定を行っていくのですが、この作業は税務署の職員と一対一で行っていくことになります。

まずは

「電子申告は初めてですか」

と聞かれますので、

「はい」

と答えると、税務署のパソコンで個人情報を打ち込んでいきます(自分で)。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • 個人事業主の屋号

などを入力したと思います。

 

最後に今回発行するパスワードを設定していきますね。

確かパスワードは

半角英数字の8文字以上

だったと思います。

 

この税務署のパソコンはパスワードを隠さずに表示される仕組みになっていて、ちょっとセキュリティ的に危うかったですね笑

電子申告のパスワードは全オープンされる可能性があるので、

使ったことがない新しいパスワードを事前に考えておくといいでしょう。

パスワードの設定が終わると、本人確認書類の提示が求められます。

運転免許証やマイナンバーカードを見せて登録情報と一致すれば完了です。

 

Step7. 紙を印刷

ID とパスワードが記載された書類を印刷してもらいます。

この紙には暗証番号がありありと書かれてしまっているので、やはり確定申告用に新しくパスワードを考えておくといいと思います。

確定申告 e-Tax ID パスワード 発行

 

もう1枚、 ID のみ記載されたものも印刷してもらって手続き終了です。

確定申告 e-Tax ID パスワード 発行

 

 

マイナンバーとカードリーダーがないならIDとパスワード発行してみよう

このIDとパスワード発行の手続き自体は全体で15分ぐらいで終了して、あっという間だった印象です。

僕と同じように

「電子確定申告に興味があるけれど、マイナンバーカードとカードリーダーを持っていない!」

という方は、是非、ID とパスワード方式を利用するための手続きをしてみてください。

 

追記

僕が使っているクラウド会計ソフトfreeeがこの新方式に対応しておらず、結局カードリーダーを購入してe-Taxすることになりました笑

利用中の会計ソフトが新方式に対応しているか確認してからID・パスワードを発行するといいと思います。

 

それでは!

Lin

 


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる