EPUBにちゃんと画像を挿入する方法〜サイズ変更も対応可能〜




EPUBでは画像の表示が難しい

Pagesで電子書籍を作っていて苦戦したのが「画像の表示」。

 

 

画像挿入は「イメージギャラリー」からやるか、

Image from Gyazo

画像ファイルをドラッグ&ドロップする方法があります。

Image from Gyazo

 

一見、簡単そうに見えますが、油断してはなりません。

Pagesで問題なくても、EPUBに書き出してから異常発生するケースがあるのです。

画像が小さすぎたり、スマホで表示したら切れていたり、沈んでしまったり・・・・などなど。

これでは「運任せ」で画像を挿入することになります。

現状では、PagesはEPUB専用ソフトではないので、細かく設定できないのです。

そこで今回、EPUBに画像を挿入する方法を掘り下げてみました。

 

 

EPUBにちゃんと画像を挿入する方法

その方法はずばり、EPUBのコードを直接編集することです。

EPUBで書き出した後、コードを自分で編集するしかありません。

 

前回、縦書き対応のところで、EPUBの「中身を編集する方法」を学びました。

その方法では、一旦EPUBファイルを解凍し、中に入っているファイルを編集。

 

中身を編集後、zip圧縮してEPUBへ戻す作業をしていました。

 

 

今回、画像挿入でも同じようにEPUB内部を編集しますよ。

 

 

EPUBの中身をみると、

OPS

というフォルダ中に、「XHMLファイル」がいくつか入っています。

これは、書籍本文の内容が記載されている重要なファイルたち。

Pagesでは、chapter-1.xhtmlなどのようにchapterごとに分かれていますね。

 

それ以外にもtoc.xhmlというXHMLファイルもあります。

これはテーブルオブコンテンツ(Table of Contents)の略で、つまり「目次のファイル」です。

toc.xhml以外のXHTMLを編集して、画像を文中に挿入していきましょう。

 

 

ズバリ、XHTMLファイルで、画像を挿入するためには次のコード。

これをXTMLファイル中に記述すると、画像が書籍内で表示されるのですね。

 

幸運なことに、 HTMLの記述とだいたい一緒。

唯一の違いは、タグの終了の記述。

XHTMLの場合は /> で終わっていて、スラッシュが必須なのです。

 

それもそのはず。

XHTMLとは、

XHTMLとは、Webページの記述などに用いられるマークアップ言語であるHTML(HyperText Markup Language)をXMLの仕様に従って定義しなおした言語。

 

IT用語辞典より

のことなので、基本ルールはHTML。

記述方法だけがXMLになっているわけです。

HTMLとXHTMLは親戚なので、記述方法が似ていることにも納得です。

 

さて、ここで重要なのが画像のファイルパスです。

img要素のsrc属性に何を指定するのでしょうか?

 

EPUBの画像はファイル階層の、

OPSのimages

に入っています。

 

したがって、OPSフォルダ内のXHTMLファイルからの相対パスは

images

になります。

ゆえに、src属性は “images/ 画像ファイル名” でオッケーです。

 

 

残りの代替属性altはなんでも構いません。

適当に画像ファイル名でいいでしょう。

 

例えば、apple.jpgをEPUBファイルで表示したい場合、

です。

 

するとどうでしょうか?

画像が適切に表示されるではありませんか。

しかも、デバイス幅を変えても、ちゃんと表示されます。

タブレットでもスマホでも、電子書籍リーダーでしっかり画像を表示できそうですね。

 

画像サイズを変更したいときは?

以上、EPUBに画像を表示する方法でした。

 

ただ、時によっては画像の大きさを指定したい時がありますよね?

そういう時も、HTMLの記述とだいたい同じ。

 

ズバリ、width属性・height属性を指定すればいいのです。

例えば、

とすれば、

幅300ピクセル 高さが200ピクセル

のサイズへ変更できます。

 

もし、画面いっぱいに表示したい場合、

width = “100%”

とすればいいですね。

 

いやーEPUBは深い。

画像を挿入するなら、書き出した後にEPUBの中身を分解して編集しましょう。

EPUBで画像表示がうまくいかないときに試しみてください。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。