電子書籍のEPUBを最終編集するならSigilがおすすめ




 

電子書籍制作で面倒くさかったのがEPUBファイルの編集。

Macの文書作成ソフト「Pages」で出力したEPUBは完璧ではなく、EPUBのソースコードをいじって最終調整する必要がありました。

たとえば、

などです。

 

これらは文書作成ソフトではいじれない領域だったので、EPUBのソースファイルをいじらねばなりませんでした。

そしてEPUBのソースコードをいじるのはすこぶるめんどく、次の手順を踏む必要があったのです。

  • EPUBファイルをzipに変換
  • 解凍して中のファイルを編集
  • 再びZIPに戻して最後にEPUBに変換

という流れです。

これを編集するごとにおこなっていましたので、EPUBの最終調整の手間がとんでもなく大きかったんです。

 

そんな窮地を救ってくれたのが「Sigil」という神ソフト。

こちらはWindows・Macに対応しているEPUBファイル編集できる無料、かつ、オープンソースのソフトウェアなのです。

EPUBの中でも

  • EPUB2
  • EPUB3

の編集に対応していますので、ほぼ全てのEPUBファイルを編集できるでしょう。

 

それではSigilというソフトの何が凄いのでしょうか?

ズバリ言ってしまうと、

EPUBの中身をSigil上で直接いじれるところ

です。

これにより、画像を挿入したり、CSSファイルを編集してスタイルを適用したり、などでクソ役に立ちます。

 

Sigilの基本画面をお見せしましょう。

左にEPUBファイル階層、中央にはソースコード、右サイドにはプレビュー画面が表示されています。

まるでXcodeでiPhoneアプリを作っているかのようなインターフェースでEPUBを編集できるんです。

 

ただし、です。

Sigilはあくまでも、EPUB最終編集で力を発揮するソフトです。

ゼロベースの白紙の状態からガツガツと文字を書くようにはできていないんですね。

なぜなら、SigilでイジれるのはEPUBのソースコードのみだからに他なりません。

プレビュー画面を直接いじって文字を打ったりすることは不可能なんです。

 

したがって、Sigilを使った理想的な電子書籍制作のワークフローは次のような流れになるでしょう。

  1. 文書作成ソフトで文字を書く(例えばWord、Pages)
  2. EPUBで出力
  3. Sigilで最終調整

 

今回新しい電子書籍を作った際、終盤でSigilを使わせてもらったんですが、

電子書籍のワークフローが短縮されて作業が楽になりました。

今までクソ面倒くさかった画像の挿入が簡単にできるようになりましたので、電子書籍での表現の幅が広がりそうです。

僕と同じように、電子書籍EPUBのファイルを分解して直接コードをいじっている方は、Sigilもあわせて活用してみてください。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。