確定申告前にスッキリ!e-Tax向けのICカードリーダーの選び方


e-TaxにはICカードリーダーが必要!

さて、今年もいよいよきましたね、確定申告シーズン。

確定申告には

  1. 税務署で手渡し
  2. 郵送
  3. e-Tax(電子申告)

という方法がありますが、なんと、2020年度分の確定申告(2021年にやる確定申告)から、

e-Taxで確定申告すると10万円の控除がゲットできる

と、税制改正がありましたね。

 

 

昨年度、僕自身もe-Taxで確定申告してみましたが、

  • どこでも確定申告できる
  • 税務署に行く手間が省ける
  • 所得税の支払い・還付が簡単
  • 印刷代を節約できる
  • 添付書類を提出しなくていい
  • 提出した書類をいつでも確認できる

などのメリットがあり、確定申告する必要がある人は今年からe-Taxにチャレンジしてもいいんじゃないですかね。

 

 

しかし、です。こうなってくると、

ICカードリーダーどれ買おうか問題

が浮上してきます。

じつはe-Taxするためには

  1. ICカードリーダー
  2. マイナンバーカード

の2つが必要。

 

2つ目のマイナンバーカードはいいとして、困るのがICカードリーダー。

まず、一般人は持っていない代物ですし、困った世の中には多種多様なICカードリーダーが溢れていますからね。

どれにしようか迷うかもしれません。

 

 

e-Tax向けのICカードリーダーの選び方

そこで今日はe-Tax経験者の僕が、e-Tax向けのICカードリーダーの選び方をまとめてみました。

 

その1. どうやってカードを読み取る?

まず選び方で重要なのが、

どうやってICカードを読み取るのか?

という読み取り方法による違いですね。

 

じつは、ICカードリーダーには次の2通りの読み取り方が存在しています。

  1. 接触型
  2. 非接触型

 

 

これらの違いはすこぶるシンプル。ずばり、

ICカードを差し込むかの違いです。

 

接触型は文字通り、ICカードとリーダーが接触することで読み取るタイプ。

溝に沿ってICカードリーダーを「シュッ」と差し込んでカード情報を読み取ります。お店でクレジットカード支払いする時と同じイメージですね。カードを機械にさして読み込んでもらいます。

 

一方、非接触型はICカードと接触しなくても情報を読み取れるタイプです。

Suica・PASMOなどのFeliCaのように、リーダーにカードをタッチするだけ、いや、むしろ近づけるだけでカード情報を読み取ってくれます。

 

「えっ、じゃあ便利そうな非接触型にしようかなあ〜」

と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。

より便利な「非接触型」の方が値段的に高くなっていますからね。ここはタイプの違いというよりは実は値段の相談の話だったのです。

 

そのため、安さを追い求めるならば接触型で我慢。

いや、便利さを求めるなら非接触型のICカードリーダーを選んで、快適にカードを読み取っていきましょう。

 

僕自身、接触型ではなく非接触型のタッチ式に興味を惹かれましたので非接触型を使ってみました。

ICカードリーダーの上に「ぽんっ」とカードを置くだけで読み取ってくれたので、差し込む手間が省けて良かったですね。

 

その2. 対応OS

ICカードリーダー選びでもう一つ重要なのがICカードリーダーが対応しているOS。

じつは、全てのICカードリーダーがWindows・Macの両OSに対応しているわけではありません。

カードリーダーごとに対応OSが存在しているのです。

 

 

Windowsは普及率が高いので、ほぼ全てのカードリーダーで使えるので心配は無用です。

しかしながら、心配すべくはMacユーザー。

Mac OSにも対応しているカードリーダーは少ないので注意が必要です。

 

Macユーザーの方はずばり、

NTT系のICカードリーダーを使うといいでしょう。

僕自身もMacでe-Taxする身だったので、NTT系のカードリーダーを選ぶことになりました。

 

 

具体的にどのICカードリーダーを選べばいいの??

以上、この2つの基準でe-Tax用のICカードリーダーを選べばだいたい十分。

ここまでくると、具体的にどのICカードリーダーを選べばいいのか気になりますよね。

フローチャートっぽい図を作ってみました。

 

 

 

接触型はNTT ACR39

まず接触型・非接触型のどっちでICカードリーダーを選ぶかを選択します。

カードを挿し込んででも安いリーダーを買いたい方は接触型。

非接触型のICカードリーダーでクールに確定申告を決めたい方は非接触型を選びましょう。

接触型ならばNTTの「ACR39」がおすすめです。こちらはありがたいことにWindowsにもMacにも対応していますよ。

 

非接触型は対応OSで選ぶ

さて、非接触型のICカードリーダーを選んだ場合はちょっと話が混み合ってきます。

その場合、

  1. NTT製
  2. ソニー製

の2通りがありますが、ここで問題になってくるのは対応OSです。

 

ソニー製のカードリーダーはWindowsしか対応していないので、Macユーザーならば迷わずNTT製の非接触型「ACR1251CL」です。

 

Windowsの方はソニーの「PaSoRi」でもNTTでも問題ありません。

どちらを選べばいいかというと、Windowsユーザーの方は、

  1. 値段
  2. デザイン

の2軸で選べばいいでしょう。

Amazonで値段を比較してみるとPaSoRiの方が若干安いですね(2020年2月の時点で比較)。

PaSoRi RC-S380 ¥2,527
ACR1251CL ¥3,100

デザインをみると、僕的には黒でシックに決まっている、ソニーのPaSoRiがいかしている気がします。

うーん、まあどっちでも確定申告できるようなので、好きな方を選んじゃってください。

 

接触型と非接触も両方→NTT「ACR1251DI」

また、例外的にどちらも接触型と非接触の両方を味わいたいという欲張りな方もいるかもしれませんね。

そういう方はNTTの「ACR1251DI」というICカードリーダーで確定申告しましょう。

 

これはいわゆるケンタウロスみたいなI Cカードリーダーで、

  • 接触型
  • 非接触型

どちらでもカードを読み取れます。

自分が確定申告する環境によってe-Tax用のICカードリーダーを選んでみてくださいね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる