スマホとマイナンバーカードでe-Taxできるって本当?


e-Taxならスマホで確定申告できるようになった??

オンラインで確定申告できるe-Tax。2017年度の確定申告までe-Taxをするためには、

  1. ICカードリーダー
  2. マイナンバーカード
  3. パソコン

の3つが必要でした。

 

 

まずマイナンバーカードを手に入れる必要ありましたし、ICカードリーダーとか滅多に使わないであろう電化製品まで必須。

そしてもちろん、いろいろ申請するのにパソコンで操作していきますからPCも欠かせません。

 

しかし、その翌年の2018年度の確定申告から

ID・パスワード方式

という臨時ではありますが新しいe-Taxの確定申告方法が誕生。

これならば、マイナンバーカードを取得する必要もなく、

スマホでも確定申告できるようになりました。

 

しかしながら、この確定申告方法はあまり浸透せず。

IDとパスワードを税務署に発行しにいく手間があったためなのかもしれませんね。「スマホで確定申告する」という方法が浸透せずに終わってしまった感がありました。

僕自身、昨年度の確定申告ではIDパスワード方式でe-Taxデビューするつもりでしたが、使っていたクラウド会計ソフトfreeeがIDパスワード方式に対応しておらず断念した思い出があります。

そんな不発に終わったスマホでの確定申告も、じつは今年の2019年度の確定申告から新たな方法が登場したのです。

それは

「スマホ」と「マイナンバーカード」でe-Taxをする

という方法です。

 

つまり、ICカードリーダーの代わりにスマホが使えるようになったのですね。

これならば、

  1. ICカードリーダー
  2. マイナンバーカード
  3. パソコン

と3つ道具が必要だったe-Taxが、

  1. スマホ
  2. マイナンバーカード

の3つでe-Taxできるようになったのです。

 

 

この取り組みはつい最近の2020年の1月31日から始まったもので超最新式。

これならば新たにICカードリーダーを買う必要がなく、マイナンバーカードが手元にさえあればスマホでe-Taxできますね。

パソコンを持ってなくてもいいのですいいですし、IDとパスワードを税務署に発行しに行かなくてもe-Tax可能。

 

 

スマホでe-Taxするために必要なもの

しかしながら、この新しいスマホとマイナンバーカードによるe-Taxの方法は、すべてのスマホで対応しているわけでありません。

ズバリ、

マイナンバーカードに対応したNFCスマホ

が必要になってきます。

 

 

なぜなら、スマホでマイナンバーカードに内蔵された電子証明書を読み取らねばならないからです。

 

「えっ、マイナンバー対応のNFCスマホとか知らねえ」

と、そんなこと言われても自分のスマホがマイナンバーカードに対応しているかは分からないと思います。

そういうときはこちらの国税庁の公式の資料をご覧ください。

 

うん、なるほどね。

 

こちらの表によると、日本のマジョリティーを占めるiPhoneでいうと、

iPhone 7 から iPhone Pro Max

までの11機種がマイナンバーカードに対応しているようです。

 

ちなみに、僕のスマホはGalaxy S7 edgeという3年前のモデルで圧倒的なAndroid。

試しにあの表でGalaxyシリーズをチェックしてみると、

Galaxy S9から対応していることが判明。

いやあ、楽勝で対応してませんでしたね笑

 

このようにAndroidの場合は、割と対応していない機種が多いので事前に確認することをオススメしますね。

もし、愛用しているスマートフォンがマイナンバーカードに対応していないと、e-Tax用のアプリをスマホにダウンロードしようとした時に

お使いのデバイスはこのバージョンに対応していません

と警告が出てしまいます。

スマホとマイナンバーカードを利用したe-Taxの方法は今年からスタートした新しい取り組みなので、対応しているスマホを持ってる方は是非試してみてください。

詳しい方法はこちらからどうぞ。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる