なぜe-Taxで確定申告すると10万円控除が増えるのか?




e-Taxに関する税制改正が・・・!

先日、「フリーランスのための超簡単!青色申告」を読んでいたところ、

度々、しつこく、

平成30年度の税制改正の話

が登場しました。それはズバリ、

e-Taxで確定申告すると節税効果があるよ

というすこぶるお得な情報だったのです。以下引用です。

平成30年度の税制改正により、2020年分の確定申告から特別控除額が55万円へ減額され、その分所得控除の基礎控除が10万円増額されます。ただし、電子申告を行うと65万円をキープできます。e-Taxを選択すると節税になります。

 

フリーランスのための超簡単!青色申告(2019-2020年度版)54ページより

 

「えっ、e-Taxに節税効果があるってマジか!?」

と思ってググってみたらマジでした。

こちらの国税庁の資料によると、

平成30年度税制改正での主な変更点は、次のとおりです。

 

◆改正1

個人の方の所得税について・青色申告特別控除額が変わります!(現行65万円⇒改正後55万円)・基礎控除額が変わります!(現行38万円⇒改正後48万円)

 

◆改正2

「(改正後)55万円の青色申告特別控除」の適用要件に加えて・e-Taxによる申告(電子申告)又は電子帳簿保存を行うと、引き続き65万円の青色申告特別控除が受けられます!

と書いてありましたからね。

「うっわ、e-Taxすげえな!真実かよ!」

と、去年度の確定申告でe-Taxデビューしていた僕は大喜び。

e-Taxだけでなく、電子帳簿保存でも節税効果があるようです

 

 

e-Taxで確定申告すると10万円控除が増える理由

さて、ここでいったん冷静になり「e-Taxに節税効果がある」ってどういうことでしょうか?

一旦整理してみます。

 

いつから節税できる?

じつはすぐすぐの話ではなく、

2020年度分の確定申告から適用される「新ルール」なのです。

ということは、

2021年2月15日〜3月15日

におこなわれる確定申告からe-Taxに節税効果が出てきます。

今は2020年なので、来年以降の話になりますね。

 

青色特別控除は65万円から55万円にダウン

これはe-Taxtしようがしまいが、関係ないことなのですが、

青色確定申告で受けられる「青色控除額」は減額になります。

65万円から55万円への「10万円ダウン」。

 

 

こっ、これはいてえ!

 

基礎控除10万円増える

万人に適応できる魔法の控除の「基礎控除」。

なんと増額です。

38万円から48万円の「10万円アップ」になりますね。

 

 

ってことで、青色控除が10万円減っても基礎控除が10万円増えるのでプラスマイナスゼロ。

税金控除の内訳は変わりますが、控除額全体は微動だにせず同じというわけ。

 

 

e-Taxなら青色控除の減額を阻止

さて、ここでe-Taxの登場です。

なんと、e-Taxで確定申告すると、

青色控除の減額を阻止できるのです。

具体的にいうと、

青色控除額はこれまで通り「65万円」受けられることになります。

 

 

e-Taxという確定申告の方法を選ぶだけで55万円に減額されないのですよ。

これはe-Taxっするしかないっすね!

 

e-Taxなら10万円控除が増える

ということで、結果的にe-Taxなら青色控除額分の10万円がついてきます。

 

 

 

このような控除増額策を使ってまでも、国側としてはe-Taxしてもらった方が安上がり。データ管理の手間が省けるんじゃないですかね。

今まで「ただ便利」だったe-Taxが、税制改正によって「お得な確定申告方法」に変貌したのです。

 

「え〜でもわたしデジタル弱いし〜〜」

というアナログ派の方もご安心ください。

昨年、物は試しとe-Taxデビューしてみましたが、案外ラク。

  • マイナンバーカード
  • ICカードリーダー

さえあればできるので、是非チャレンジしてみてくださいね。

e-Taxが気になってきた方は「e-Taxのメリット・デメリット」へどうぞ。

 

それでは!よい確定申告を

Lin

Pocket
LINEで送る




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。