フリーランスは事業用の銀行口座を作っておこう【会社を辞める前にやると◎】


会社を辞めてフリーランスになる前にやるべきこと・・・・?

どうも、Linです。そばが、きてますね。

 

会社員からフリーランスになる前にやっておきたいことの1つに、

事業用の銀行口座を作る

があります。

別にどこの銀行でも構いません。

会社の給料が振り込まれて、生活費を引き出していたプライベートの口座とは別に、新しく口座を作っておくといいですね。

フリーランス 銀行口座

フリーランスになると、社会的信用が失われてしまい、銀行口座を作りにくくなってしまいます。

是非とも会社員のうちに「フリーランス・個人事業用の口座」を作っておきたいところです。

口座の種類は普通の銀行口座でいいと思います

 

 

フリーランスの事業用の銀行口座とは??

それでは、ここでいう「事業用の銀行口座」とは何ものなのでしょうか??

ズバリ言ってしまうと、

事業収入・支出の出し入れでしか行われないビジネス専用の銀行口座

です。

クライアントから報酬を振り込んでもらう時はこの口座を指定します。

フリーランス 銀行口座

もちろん、経費として誰かに振り込む時もこの事業用口座を指定します。

 

 

フリーランスが事業用の銀行口座を持つことのメリット

がしかし、です。

「わざわざ事業の銀行口座を作るなんて面倒くさい・・・・」

と思う方もいるかもしれませんね。

実は「フリーランスの事業用口座」を作ることには次の3つのメリットもあります。

 

その1. 帳簿をつけやすい

事業用の銀行口座を作って、そこに収入を集めたり、そこを起点にして支出を出すことにより、

帳簿がつけやすくなります。

なぜなら、銀行口座に入出金があると通帳に記録されるからですね。

 

フリーランス 銀行口座

 

記帳されることで、支払い・受け取りの証拠を残せるようになります。

レシートや領収書がもらえない取引でも、事業用の銀行口座経由で受け取れば証拠を残せるのです。

また、クラウド会計ソフトと連携すれば、

銀行口座を同期させて、自動で仕訳できるメリットもあります。

 

フリーランス 銀行口座

 

僕自身、クラウド会計ソフトfreeeを使っていて、事業用の銀行口座と連携させています。

わざわざ銀行口座の明細を調べずとも、取引を自動で登録できるので経理の手間が省けています。

 

その2. 税務調査対策になる

後は、事業用の銀行口座を持つことで、

きたる税務調査対策にもなります。

なぜなら、事業用の銀行口座を設けていることで、

「プライベートと事業の線引きがしっかりしていて、金勘定しているんだな」

と、税務調査官に印象を与えられるからですね。

 

フリーランス 銀行口座

 

公私混同していないアピールできて、経理の正当性を主張しやすくなるのです。

 

プライベートの引き出しも大丈夫

フリーランスの事業用口座と聞くと、

「気軽にプライベートのお金をおろしづらくなる、入金しづらくなる」

と心配になるかもしれませんね。

実はこの事業用の銀行口座からも、

プライベートで現金をおろしても問題ありません。

なぜなら、経理で仕訳をするときに、

  1. 事業主貸
  2. 事業主借

という勘定科目が用意されているからです。

フリーランス 銀行口座

プライベート用途で現金をおろした時は「事業主貸」、プライベートの入金は「事業主借」と仕訳すればいいのです。

この「事業主貸・事業主借」という勘定科目で仕訳することにより、

事業には関係ない現金出し入れが可能になります。

事業用の銀行口座だからと言って、完全に流動性が失われたわけではありません。

事業用口座からプライベートの引き出し、入金もできるのでご安心ください。

 

 

さあ、フリーランスになる前に事業用の銀行口座を作ろう!

というわけで、フリーランスになる前には、

全く新しい事業用の銀行口座を作っておくこと

をおすすめします。

僕自身、フリーランスになる前に、

  • 学生の頃の銀行口座
  • 会社員の時に給料振込用に作らされた銀行口座

など、色々な銀行口座を持っていました。

 

今はフリーランスになる直前に作った「フリーランスの個人事業用の銀行口座」一本で生活しています。

これならプライベートの引き出しも「事業主貸・事業主借」で対応でき、クラウド会計ソフトfreeeと連携させれば仕分けもほぼ自動で行なってくれるので楽です。

「フリーランスになる予定です・・・・」

という会社員の方は、まずは会社を辞める前に事業用の銀行口座を作ってみてくださいね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる