【最大75%OFF】デリバリーアプリ foodpanda(フードパンダ)の使い方




デリバリーアプリ foodpanda(フードパンダ)とは??

新型コロナウイルスの影響もあり、日に日に需要が増しているフードデリバリーアプリ

この業界では、Uber EatsWoltDiDiフードフードネコをはじめとする海外勢の活躍が目立ちますね。

ぶっちゃけ「黒船だらけ」の業界ですが、その中の1つに

フードパンダ

があります。

ベルリンに本社を置くドイツ系の運営会社「デリバリーヒーロー」が運営するブランドの1つ。

2012年にシンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアで稼働し始め、2014年にはフィリピンでもスタート。

買収戦略が功を奏し、現在は東南アジア圏を中心として、ラオス、パキスタン、インド、ブルネイ、台湾、香港にも進出しています。

 

ちなみに日本はというと、2020年9月17日から神戸、横浜、名古屋の3エリアで稼働し始めました。

そして、10月1日からは札幌、広島でも運用開始されたんですね。

ということで、現在フードパンダが使える日本のエリアは次の5つの地域です。

  • 神戸
  • 横浜
  • 名古屋
  • 札幌
  • 広島

そこで今回、縁もゆかりもない「横浜」に「フードパンダを使うためだけ」に出張してきました。

 

フードパンダの使い方

それでは、デリバリーアプリのフードパンダの使い方を紹介します。

 

アプリをインストール

まずはフードパンダのアプリをスマートフォンにインストールしましょう。

foodpanda-フードデリバリー
foodpanda-フードデリバリー
  posted withアプリーチ
こちらのリンクから登録すると、初回1500円引きのクーポンを取得できます!

 

現在位置を指定

まずは現在位置を指定します。

現在の位置情報を使用

でGPS機能を駆使すると、一発で場所を自分の居場所を伝えられます。

この位置をもとに、周辺で営業中のレストラン紹介してくれるでしょう。

 

アカウントを作成する

まずはアカウントを作りましょう。

左のメニューから「ログイン/アカウント作成」と進みます。

フードパンダには、

  1. Facebook
  2. メール

の2通りの登録方法があり、僕はFacebookが休会中ということもあり「メール登録」を選びました。

  • Eメールアドレス
  • 名前
  • 姓名
  • パスワード

を入力してアカウントを作りましょう。

その後、携帯電話番号の登録があり、認証が完了するとアカウント作成完了!

 

料理を選ぶ

アカウントが作成できたら、料理を選びます。

先程も申しましたように、自分の位置から近いレストランを一覧で紹介してくれますので、その中から

  • お値段
  • 配達時間
  • 配送手数料
  • 口コミ

と相談して、食事を選びましょう。

 

クーポンを適用する

さて、フードを買い物カゴに入れて、チェックアウトへ進むと、決済画面に遷移。

ここでまずやるべきことは、そう、

クーポンの適用

です。

クーポンを適用する

をタップしましょう。

ありがたいことに、フードパンダではすべてのユーザーが使えるクーポンコードが用意されています。

2020年 12月31日までの期間限定ですが、注文を初めての方は「PINKXMAS」が使えます。

こちらは¥1000以上のお買い上げで、75パーセントの割引が得られる超強力なクーポン。

 

また、フードパンダで2回目以降注文する方は「PINK20」というクーポンコードも使えます。

その名の通り、20%割引を受けられるコードで、こちらも1000円以上お買い上げの場合に有効です。

なんとこのクーポン、5回まで使えるので、初回でフードパンダが気に入ればその後5回の注文まで20%引きで食事を楽しめます。

 

注意が必要なのは、

クーポンコードを入力するタイミング。

「注文確定前に」必ず入力しましょう。

クーポンが適用されると、決済画面で割引額が表示されるでしょう。

 

支払い方法を決める

フードパンダで対応している支払い方法は次の3つ。

  • クレジットカード
  • デビッドカード
  • 代引き(現金支払い)

 

 

現金も対応していますが、僕のオススメはキャッシュレスの「クレジットカード」か「デビットカード」。

 

現金のやり取りが発生せず「ただ料理を受け取るだけ」で取引が完了します。

もちろん、クレジットカードやデビットカードを経由してこっそりと注文料金は引かれてしまいますけどね。

デリバリーアプリの便利さを味わいたいならば、オンライン決済を選ぶべきです。

 

待つ

注文が確定したら、あとは待つだけ。

注文が確定すると、瞬時に「予想配達時間」がアプリ上に表示されるでしょう。

ぼくの場合「今から20〜30分後に料理が届く」という驚異のスピード感!!

この画面が表示されている間は、お店側が料理を準備している段階ですね。

 

配達員を待つ

しばらくすると、配達員がアサインされ、食事をレストランで受け取ってもらえます。

この時点でアプリ画面ががらっと切り替わり、マップが表示されるでしょう。

いくつかアイコンが表示されていますので、そちらをそれぞれ解説していきます。

 

まずこちらのピンクのパンダは配達員の方。

このアイコンが店、

そしてこれが自分の位置。

パンダがこのマークに近づいてくることになるんです。

 

地図を見ながら、

「そろそろ来そうだな」

と思ったタイミングで受け取りの準備をしましょう。

 

ただ、注意フードパンダの場合、配達員の名前や写真などは分かりません。

あくまでも「パンダ」として認識せざるを得ません。

ただ、配達員にチャットは可能なので、細かい要望を伝えやすいです。

 

料理を受け取る

先ほど申し上げたように、配達員の情報はわからず、ぶっちゃけ誰が食事を運んでくれるかわかりません。

待っている間、少し不安になる方もいるでしょう。

 

マップをみると、配達員の方が自分の現在地についているはずだったので、周囲を見渡してみると、Uber Eatsのバッグを持った方を1人発見!

ただ、傍から見ただけではパンダの配達員か判然としませんので、近づいて

「パンダの方ですか?」

とストレートに聞いてみました。

すると相手がうなずきましたので、ここでマッチング成立です。

おそらく、Uber Eatsとパンダを掛け持ちで仕事をされている方なのでしょう。

 

食べる

食事が手元に届いたら後は食べるだけです。

今回僕が注文した料理は白い袋に包まれていて、

野菜サラダとデトックスドリンクが同じ袋に入ってましたね。

サラダのほうはすぐにいただけました。

一方、ドリンクは冷凍状態で届きましたので、注文した日の晩においしくいただきました。

 

フードパンダを使ってみた感想

最後に、フードパンダを使った感想を書いておきます。

 

評価しづらかった

フードパンダでは評価、つまり、配達や料理に対するフィードバックが少ししづらい構造でした。

合計3回、フードパンダにお世話になりましたが、評価の画面が出てきたのは1度だけ。

  • 星5段階
  • お気づきの点

で評価できましたが、すべての配達で評価はできなかったのです。

そのため口コミしたい料理があったとしても、できずに終わる悔しさは残りました。

 

配達員を探しにくい

フードパンダでは配達員の情報が一切わかりません。

そして、配達員の方が「パンダ専業」ではない可能性もあるため、それらしき人物がいたら、

「パンダの方ですか?」

と聞かなければ料理を受け取れません。

 

チャットで連絡が取れる

ただし、助かるのが配達員の方とチャットできること。

こちらからメッセージを送れますし、メッセージを受け取ることも可能です。

スマホさえあれば料理を受け取れない悲劇は起こり得ないでしょうね。

 

良質なデリバリーアプリである

やはりフードパンダ最高です。

Uber Eatsなどのデリバリーアプリ と同じく、

  • オンライン決済なら料理を受け取るだけで完結
  • リアルタイムで配達員の位置がわかる
  • クーポンも豊富でお得に食事を楽しめる

という特徴があります。

フードデリバリーサービスの利便性を味わいたいならば、フードパンダがオススメですね。

 

ただ対応エリアはまだまだ狭く、

  • 神戸
  • 横浜
  • 名古屋
  • 札幌
  • 広島

のみですので、偶然上記の地域にお住まいの方は、ぜひフードパンダをアプリを起動し、デリバリーアプリの利便性を味わってみてください。

foodpanda-フードデリバリー
foodpanda-フードデリバリー
posted withアプリーチ
こちらのリンクから登録すると、初回1500円引きのクーポンを取得できます!

 

 

それでは!

Lin

 

【参考記事】




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。