【徹底検証】freeeでe-Taxの「ID・パスワード方式」は使えるのか?


どうも、Linです。パリパリに、なってます。

 

2018年度の確定申告から電子申告 e-Tax の利用者を増やすための「新たな策」が施されました。

それは、

ID パスワード方式

です。

これまでは電子申告するためには、

  1. マイナンバーカード
  2. ICカードリーダライタ

が必要があり、それなりの参入障壁がありました。

確定申告 e-Tax ID パスワード 発行

マイナンバーカードを持たずに通知カードで粘っている方も多いですし、カードリーダーライターなんて「そもそも持ってる人いる?」っていうレベルです。

 

そこで導入されたこの「 ID パスワード方式」では、

事前に税務署に ID とパスワードを取りに行くだけ

で電子申告できるようになりました。

つまり、カードリーダライタやマイナンバーは電子申告に不要になったわけです。

 

確定申告 e-Tax ID パスワード 発行

 

僕自身、ICカードリーダーライター持っていなかったので、早速この 「ID パスワード方式」で e-Tax を使うために税務署に行って発行してもらいました。

 

e-Taxの準備はできたので後は クラウド会計ソフトfreeeで年間の収支をまとめ、数値を確定させて電子申告をするだけになりました。

一体、この新しい「ID パスワード方式」はクラウド会計ソフトfreeeでも使えるんでしょうか??

今日はこいつを徹底検証していこうではありませんか。

 

 

freeeでe-Taxの「ID・パスワード方式」は使えるのか??

実際に作業を進めてみると、freeeには次の2つの電子申告の方法があることがわかりました。

  • freeeで電子申告
  • e-Taxで電子申告

 

前者は電子申告用のfreeeのソフトで電子申告する方法。

後者はfreeeで 「txt という拡張子のデータ」を出力し、それを e-Tax のソフトからアップロードする方法になりますね。

どちらの方法でもいいので、なんとか「 ID パスワード方式」で e-Tax できるかどうか徹底的に検証していました。

 

パターン1. freeeで電子申告する

まず1つ目の「freeeの電子申告のソフトで電子申告する方法」ですね。

 

freeeの電子申告のソフトをインストールします。

僕はMacだったのでこちらのソフトをインストールしましたよ。

 

ソフトの準備が終わると、今度はfreeeのメニューから「確定申告書類の作成>提出」と進み、複数の項目から

電子証明書を登録しましょう

のところに注目します。この中から「登録(電子申告アプリを起動)」をクリック。

 

 

すると、先ほどパソコンにインストールしておいた電子申告用のfreeeのソフトが立ち上がるでしょう。

ここでfreeeのアカウントでログインすると次のような画面が出てきます。

しかしながら、ここで黄色信号が灯り始めます。

 

なんと、

カードが挿入されているか、正しいカードを使っているか、ご確認ください。

というメッセージが出てきたのです。

ここから先は、カードリーダライタでマイナンバーカードを読み取って認証しないと通してもらえませんでした。

 

 

くっ・・・・!

 

パターン2. e-Tax のサイトから電子申告

続いて、 e-Tax のサイトから電子申告する方法ですね。

先ほどと同様にfreeeのメニューから「確定申告書類の作成>提出」と進み、一番下の

e-Taxのサイトから申告しましょう

という欄に注目。

ここの「e-Taxのページはこちら」をクリックしてみます。

 

 

すると、e-Tax のトップページのサイトが立ち上がりますので、

作成開始、

作成開始と進むと、

右側に「 ID パスワード方式」という項目が出てきます。

まさしく、これこそ僕が待ち望んでいたID パスワード方式での e-Tax の電子申告。

この文字を認識した瞬間は感激しましたが、この喜びは長く続きませんでした。

 

実は、この手順で ID パスワード方式を選ぶと、

0レベルから数値やデータを入力し直さなければならないのです。

クラウド会計ソフトfreeeで積み上げてきた確定申告書類のデータが全く役に立たない状態になってしまったのです笑

つまりこのルートでは、

クラウド会計ソフトfreeeでダウンロードした「 txt というファイル拡張子のファイル」をアップロードできなかったのですね。

 

この方法ではどうあがいてもアップロードできなかったので、 txt ファイルを活用できる方法を探してみたところ、e-Tax の Web 版のソフトウェアから使えるようでした。

しかしながら、 この Web 版のソフトウェアでも、

マイナンバーカードの認証

がどうしても必要になってしまいました。

ここでもカードリーダーライターの壁に阻まれ、結局、僕が取得した ID パスワード方式は全く役に立ちませんでした笑

うえええええ!?

 

 

結論:freeeでは「ID パスワード方式」非対応だった

ということで、クラウド会計ソフトfreeeで「ID パスワード方式」を試してみたのですが、やはり無理。

 

ムシャクシャしてきたので

freee etax ID パスワード方式

とググってみたところ次のページを発見。

このfreeeの公式ページに次のように書いてありましたね↓

e-tax利用の簡便化に伴い、マイナンバーカードおよびカードリーダーをお持ちでない「ID・パスワード方式」の方は会計freeeからe-taxソフトでのご提出はできません。この場合、会計freee上で提出方法を「税務署で提出」または「郵送」に変更しご提出いただくか、国税庁のe-taxサイト「確定申告書等作成コーナー」にて会計freeeで作成した決算書を元に金額等を入力してご申告ください。

おいおいおい!普通にできないって書いてあるやん笑

 

ということで、確定申告の締め切りが近づいてきていたので、

急いで近所の家電量販店でIC カードリーダーライターを調達してきました汗

 

ということで、クラウド会計ソフトfreeeは新しい 「ID・パスワード方式」には対応していませんので、

  • ICカードリーダーライタ
  • マイナンバーカード

をそろえてe-Taxするようにしましょう。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる