freeeにて手動で銀行口座明細をアップロードする方法




 

クラウド会計ソフトfreeeに常日頃からお世話になっていますが、突如トラブル発生。

なんと、

freeeに読み込んだはずの銀行口座の明細が自動で読み込まれていません。

一時期間だけすっぽりと取引明細が取り込まれていないのですね。これは売上を発生主義で付け直している時に気が付きました。

 

さあ、困りました。

この状況を打開するためにfreeeのヘルプセンターに泣きつく手段も考えられましたが、ちょっと待て、と。

自動で読み込まれた明細が取り込まれないなら、

手動で」取引明細をアップロードすればいいのではないか、という考えに至ったのです。

 

freeeにて手動で銀行口座明細をアップロードする方法

その方法を調べてみたところ、ありがたいことにその道がしっかりと整備されていました。

 

ネットバンキングで明細をダウンロードする

まずはfreeeに登録している銀行口座のオンラインバンキングサービスから明細をダウンロード。

期間を指定してCSV形式でダウンロードします。

わたしがお世話になっている三菱UFJ銀行の場合、オンラインバンキングの明細の左下に「明細ダウンロード」のコマンドが用意されていました。

 

freeeに明細をアップロード

お次はfreee側で設定します。

銀行口座から「登録済みの口座」を選択して「明細をアップロード」を選びます。

すると、CSVファイルをアップロードできる画面になるでしょう。

ここで先程ダウンロードしておいた銀行口座の明細ファイル(CSV)をドラッグアンドドロップしてアップロード。

すると、新たにアップロードした期間の取引がfreeeに読み込まれます。

あとはいつも通り、freee側が勘定科目を自動で推測してくれますので、それが正しいかどうかの最終ジャッチメントを事業主側が下すだけ。

 

はい、これで大丈夫ですね。

もし、freeeが何らかの理由で銀行口座から明細を取得できていなかったとしても問題ありません。

ネットバンキングシステムから明細をCSV形式でダウンロードし、freeeに手動アップロードしましょう。

 

それでは!

Lin




音生入力で楽にブログを書く技が満載!
ブログ音声入力術

音声入力の使い方から文章を書くコツまで完全網羅。ブログを書きたいすべての人向けの電子書籍




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。