フリーランスの経理が楽になる!クラウド会計ソフト freeeの取引テンプレートの使い方


フリーランスの経理めんどくさいじゃん!

どうも、Linです。滲み、出てます。

 

フリーランスになるとめんどくさくなるのが、

帳簿をつける作業が発生する

ということです。

帳簿とはつまり、事業で発生する経費を登録・保存しておき、年に一度の確定申告に備えるという作業になりますね。

この作業は何も会計の知識が必要というわけではなく、クラウド会計ソフトを使えば初心者でも一発で取引を登録して帳簿をつけることができます。

 

僕はフリーランスになり始めてから、クラウド会計ソフトfreeeを使っていて、これまで3年ぐらいお世話になってきました。

このfreeeを使っていれば、取引を登録するだけで帳簿が作られるので楽。

日々取引を登録しておけば、質問に答えるだけで確定申告書ができてしまうという優れものですね。

 

ただ、正直に言いますと、

クラウド会計ソフト freee でも帳簿をつけるのは面倒くさいのです。

取引が登録では

  • 日付
  • 勘定科目
  • 金額

を取引ごとに逐次登録しなければならず、特に同じような取引を何回も登録する時には面倒くさくて嫌になることもあるでしょう。

 

そんな時に便利なのが

取引テンプレートを使う

という技です。

この取引テンプレートを使うと、

何回も同じ取引を登録しなおせなくてよくなるのです。

  • 勘定科目
  • 金額

の2つの項目をテンプレートで登録しておけば、2回目以降は再入力の必要がなくなるのです。

 

例えば、めちゃくちゃ業務で108円の消しゴムを購入する個人事業主の方がいるとしましょう。

こういう場合、「消しゴム」という取引テンプレートを作成します。

そのテンプレートには

  1. 勘定科目:消耗品費
  2. 値段:108円

の2項目を登録しておきますよ。

すると、2回目以降に同じ取引を登録するときに「消しゴム」という点取引テンプレートを使うと、自動で金額・勘定科目が登録されます。

あとは「消しゴム」という取引発生した日付をだけを登録するだけでいいので、かなり登録取引登録の手間が省けますね。

 

 

クラウド会計ソフト freeeの取引テンプレートの設定方法

ということで、クラウド会計ソフト freee で便利な取引テンプレートの設定方法をまとめておきますね。

 

取引テンプレート作成画面に移行する

まずfreeeのメニューから

設定>その他の設定

と進んで「取引テンプレート」を選びましょう。

freee 取引テンプレート

 

 

新規作成

すると、

  1. 検索
  2. 新規作成

というメニューが出てきますので、今回は「新規作成」で取引テンプレートを新しく作っていきましょう。

freee 取引テンプレート

 

テンプレート名を決める

まず最初にテンプレート名を決めます。

例えば、先ほど出てきた「消しゴム」の例だと、「消しゴム」というテンプレート名を決めてみましょう。

freee 取引テンプレート

このテンプレート名は結構大事。

後々テンプレートを選ぶときに、名前で選ぶことになるので、内容がわかりやすいものを設定しておくといいでしょう。

 

勘定科目を設定する

続いて、そのテンプレートの取引が当てはまる勘定科目を設定します。

freeeには色々な勘定科目が用意されていますので、どれか適切なものを一つ用意してあげましょう。

消しゴムは「消耗品費」という勘定科目で仕分けしますので、消耗品費を選んでみました。

勘定科目を設定してあると、税区分が自動的に記入されることになるなると思います。

 

値段を設定

値段は必須ではないのですが、一度を記入しておくとテンプレート上に保存できます。

同じ値段の取引を再登録する場合に便利ですね。

例えば、いつも買う消しゴムが108円の場合、取引テンプレートで108円という料金設定しておけば、値段を再入力する手間が省けますよ。

freee 取引テンプレート

 

保存する

取引テンプレートの

  1. 勘定科目
  2. 値段

を設定し終わりましたら、最後に「保存」をおして取引テンプレートを保存しましょう。

 

 

取引テンプレートを使う

せっかくなので、保存した取引テンプレートをつかっていきましょう。

メニューからいつも通り、

取引>取引の一覧登録

と進んで、取引を登録していきますよ。

freee 取引テンプレート

ここで使うのが、右上にある「取引テンプレート」というところです。

ここで先ほど登録したテンプレート名を検索し、今回使う取引テンプレートを探してやりましょう。

取引テンプレートを選ぶと、テンプレートに登録した

  • 勘定科目
  • 値段

が既に記入されています。

freee 取引テンプレート

 

後は取引があった日付だけを選べば良いので、取引を簡単にできることになります。

freee 取引テンプレート

 

 

クラウド会計ソフト freeeの取引テンプレートを駆使しよう

という感じで、取引テンプレートを使えば面倒くさかった取引登録の手間が少し省けることになります。

取引テンプレートなら、

  • 勘定科目
  • 値段

の2つの登録項目が省け、取引を登録するときは日付を設定するだけでいいので、フリーランスの助けになることは間違いありません。

確定申告が恐怖で仕方がないフリーランスの方はよかったらクラウド会計ソフトfreeeを使ってみてくださいね。

 

それでは!

Lin


コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる