フリーランスなら使い分けたい2種類の現金


フリーランスは2種類の現金を意識すべし?

先日、「フリーランスのための超簡単!青色申告」という本を読んでいた新たに発見したことがありました。

それは、

フリーランスが使う現金には2種類ある

ということです。

ずばり言ってしまうと、フリーランスが現金で事業用の経費を出費する場合、

  1. 事業用の現金
  2. 生活費用の現金

の2種類の出所があるのです。

 

 

事業の現金

まずは事業用の現金ですね。

こちらは事業に使うために現金を事業用の銀行口座から引き出して、それを事業用に使う時の現金。

 

 

複式簿記ではこのように書きますね。

摘要 借方 貸方
普通預金から現金を引き出し(事業用) 現金 普通預金
事務用品を購入(現金) 消耗品費 現金

まず事業用現金を引き出す時には、借方に「現金」、貸方に「普通預金」。

そして、その事業用現金を使って事業用品を購入する際には、借方に「消耗品費」、貸方に「現金」と記載することになります。

 

個人のお金(生活費)を使う時

今度は生活費として引き出していた現金で事業用のものを購入するケースです。

例えば、3万円の生活費でおろした中で、臨時に必要になった事業用の消しゴム150円で購入した場合とかですね。

この場合の複式簿記での仕分けは次のようになります。

摘要 借方 貸方
普通預金から現金を引き出し(生活費) 事業主借 普通預金
事務用品を購入(現金) 消耗品費 事業主借

つまり、先ほどの事業用現金との違いは、現金が「事業主借」になっていることです。

事業主借とは、事業に関係のない入金などの勘定科目ですね。

うん、自分が使った現金が事業用か生活費かでこんなにも簿記の中身が違ってくるとは・・・・!

 

 

フリーランスなら現金は引き出した時の動機で分ける

さて、ここまでフリーランスにとっての現金の使い道を2パターン紹介してきました。

ただ、

  1. 事業用の現金
  2. 生活費用の現金

と言われてちょっと違いがよくわからんという方もいるかもしれませんね。

 

 

実はその最大の違いは、

現金を引き出した時の動機

にあります。事業用口座から現金を引き出す時にはただ漫然と金を下ろすのではなく、

事業用の現金なのか?はたまたプライベート用なのか?

で分けないといけないのです。

 

 

そして、この2種類の現金を別々に分けて保存するべきなんでしょうね。

封筒に入れて分けちゃうのが妥当かと思われます。

 

 

ぼくはまずいことに、この本を読むまで現金の使い分けをしておらず、

事業用口座から現金を下ろす時は全て事業主借りで仕分けしていました。

そして、ちょっとマズイのが、現金を使った時の仕分けを全て「事業用の現金」へと仕分けしてしまっていたのです。

 

クラウド会計ソフトで仕分けする時に、現金を使った取引は全て「現金」で仕分けしていました。

このようにフリーランスが使う2種類の現金を把握していないければ、現金といえば現金一種類ですから何も疑う余地はありませんでした。

 

僕が使っているクラウド会計ソフトfreeeでは、現金の取引を登録する際に、「引き出し元の口座」を選択できるようになっています。

 

僕はあろうことか、現金の種類を1つだと思っていたので、全て「現金」で登録していました。

つまり、1つ目の「事業用の現金」として登録です。

 

自分ではプライベート資金用途であっても、クラウド会計ソフトでは事業用の現金として処理されてしまっていたのです。

こ、これはやばい・・・・・

確定申告前に修正しないとです。。。

 

クラウド会計ソフトfreeeでは「プライベート資金」という引き出し元の口座をデフォルトで用意してくれています。

したがって、2つ目の個人のお金で事業用のものを購入した場合、これからは「プライベート資金」で登録していくことを誓いました。

 

いやあ、ほんとまずい。

これまで何も知識がない状態でクラウド会計ソフトを使い始めてここまできちゃいましたが、やっぱりなんだかんだ言って会計の基礎知識は必須。

簿記3級ぐらいとって会計の基礎を武装しておかないと今後厳しいと思わされたハプニングでした。

ぼくと同じように、フリーランスにとっての2種類の現金の違いを認識していない方はこれまでの経理のやり方を見直してみてくださいね。

 

それでは!

Lin

Pocket
LINEで送る

コメントはこちらからお願いします!



もう1本読んでみる